話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

Qipao(チャイナドレス)の技術と佐敦(Jordan/ジョーダン)の歴史、そしてQipaoの仕立て屋であるMaster Yanとの出会い

Localiiz
  • Written by Localiiz
オーダーメイドのQipao(チャイナドレス)をもつMaster Yan

Image credit: Julian Leung Photography

女性らしさやステータスの象徴として、映画やテレビでもおなじみの中国文化のひとつである「Qipao(チャイナドレス)」。Qipaoの起源は清朝(1644-1912)にさかのぼりますが、上海の上流階級で人気が出始めたのは1920年代、そして香港では1960年代でした。Qipaoの黄金時代として知られるこの時代は、香港に上海人が大量に流入したことがきっかけで始まりました。この象徴的な時代は、1960年代の香港を舞台にしたWong Kar-wai(ウォン・カーウァイ)監督の画期的な映画「恋の予感」で不朽のものとなりました。Maggie Cheung(マギー・チャン)はこの映画で20着以上のQipaoを着用し、すべて熟練した仕立て屋のチームによって作られました。その中の一人であるYan Ka-man(ヤン・カマン)師は、Shanghai Tangなどの高級ブランドや、香港の大手テレビ放送会社(TVB)の衣装部門でも活躍し、Tang Wei,(タン・ウェイ)、Carina Lau(カリーナ・ラウ)、Michelle Yeoh(ミシェル・ヨー)、Lisa Wang(リサ・ワン)やLaw Kar-ying(ロー・カーイン)など、国内外の有名な俳優や女優のためにQipao(チャイナドレス)を作っていました。

作業台で作業をするMaster Yan Ka-man

Image credit: Julian Leung Photography

浙江省の小さな村で生まれた彼は、厳しい幼少期を過ごしました。1951年に都会に出てきた彼は、香港が活気にあふれ、チャンスに満ちていることを知りました。わずかな丘陵で叔父の下で見習いを始めました。当時の佐敦(Jordan/ジョーダン)はまだ発展途上で、大量生産の服を作る工場がなかったため、自分で服を作らなければならなかったのです。裕福な人はQipaoを仕立ててもらい、一般の人は簡単なシャツやパンツを作っていました。その頃、佐敦道(Jordan Road/ジョーダンロード)にはたくさんの仕立て屋があり、その中には売店や雑貨店も混じっていました。これらの店は、彌敦道(Nathan Road/ネイザン・ロード)の繊維店や、今は取り壊されてしまった佐敦道のフェリー乗り場の近くに戦略的に配置されており、フェリーで香港島との間を行き来する人々がQipaoを仕立てに来るようになっていました。また、上海街(Shanghai Street/シャンハイ・ストリート)には質屋や書店など、中国の伝統的な商売が軒を連ねており、この地域がビジネスやショッピングの中心地でした。

Mater Yanの作品

Image credit: Calvin Sit Photography

「以前は1日に3枚のQipao(チャイナドレス)を作らなければなりませんでしたが、今は1週間に3枚で済みます」と説明する。残念ながら、今では仕立て屋もQipao屋もあまり残っていません。「50年代、60年代は、Qipaoがとても流行していました。今は仕立て屋はあまり残っていないと思います」とMaster Yanは言います。常連客は年配の方が多いですが、若い方からの注文も増えています。それも、常連さんからの紹介で、結婚式などのフォーマルなイベントでの使用を希望される方が多いそうです。

自身の作品の古い写真を見るMaster Yan

Image credit: Julian Leung Photography

Master Yanは、この仕事で街の芸術文化シーンに深く入り込んでいますが、作業台に留まることに満足しているようです。彼は一年中、仕事をしている規則正しい人です。毎朝、出勤前に2時間かけて将軍澳(Tseung Kwan O)の鴨仔山)(Ducking Hill)をハイキングしてから、MTRで佐敦道(Jordan Road/ジョーダンロード)に向かいます。彼の店のすぐ隣にはお気に入りのレストランがあり、目玉焼き、トースト、マカロニの日替わりセットを食べます。また、近くのカフェで汁麺を食べることもあります。彼は名声や富を求めているのではなく、ただ日々目標をもって過ごしているのです。

佐敦道の店舗入り口に座るMaster Yan Ka-man

Image credit: Julian Leung Photography

「我々は仕事をするだけだ。有名になることに何の意味があるのか」。昔の職人は、自分が作ったものを一生懸命作って、文句を言わない人が多いのです。この地域の多くの伝統的な工芸品は衰退の危機に瀕していますが、幸いなことに、Master Yanは伝統的なQipao作りを続けようとする新進のテーラーたちに定期的なワークショップを開催しています。師匠の教え子たちは、Qipaoを現代風にアレンジし、古典と現代を融合させた新しい時代のローカルファッションを生み出しており、これは西九龍(ウエストカオルーン)の特徴でもあります。このようにして、貴重な歴史の一部が保存され、現代にシームレスに織り込まれているのです。

この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。

香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.