話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

出入境管理&税関

出入境管理&税関

香港での出入境管理や税関手続きは明確で効率的です。ここでは、スムーズな入境のために必要な情報をすべてご紹介しています。


出入境管理

一般的に、香港を訪れるすべての旅行者は、少なくとも香港での滞在日数+1カ月間の有効なパスポートを所持していなければなりません。ただし、無国籍者に発行された書類は、滞在日数+最低2ヶ月間有効なものでなければなりません。詳細は入境事務局にお問い合わせください。

 

ほとんどの国の国民は、観光目的で香港に入国する際にビザを必要とせず、国籍に応じて7日から180日の間で滞在することができます。日本のパスポート保持者は90日以内の観光滞在の場合は、ビザは不要。ご自身の国籍の条件が不明な場合は、中国大使館または領事館にご確認ください。

 

香港には100以上の国と地域に代表所があります。各代表所の連絡先はこちらに記載されています。また、ビザの詳細については、入境事務局のウェブサイトをご覧ください。

 

香港特別行政区トラベルパス

トラベルパスは、有効なパスポートをお持ちのビジネス渡航者が頻繁に香港を訪れる際に、ビザや入境許可証なしで香港に入境するための入境手続きを簡略化したものです。

 

申請条件:

  • 香港を頻繁に訪れる必要がある場合。
  • 申請前の12ヶ月間に3回以上香港を訪問したことがある方(中国本土やマカオへの副次的な訪問は含まれません)。
  • 入境事務局局長は、あなたの訪問が香港に大きな利益をもたらす可能性があることを認めた場合。

 

トラベルパスをお持ちの方は、香港居民のカウンターを利用して、入境審査の手続きを簡略化することができます。

このトラベルパスの詳細とダウンロード可能な申請書については、移民局のウェブサイトをご覧ください。

 

フリークエント・ビジターEチャネル

香港に頻繁に訪れる方は、自動化ゲートeチャネルを利用して、迅速かつ簡単に入境審査を受けることができます。

 

申請条件:

  1. 18歳以上の方 
  2. 有効なパスポートと必要に応じて有効な数次ビザを所持していること
  3. 以下のいずれかの書類を所持していること。 HKSARトラベルパス; 裏面に「HKG」と印刷されたAPECビジネストラベルカード。 このスキームに参加している航空会社が発行したマイレージプログラムの会員カード(詳細はご利用の航空会社にお問い合わせください。) 
  4. 上記3.のいずれかの書類をお持ちでない場合。 香港特別行政区に入境するための入境ビザ/許可証が不要な有効なパスポートをお持ちの方。 e-Channelサービスに登録する直前の12ヶ月間に、香港国際空港を経由して香港特別行政区を3回以上訪問したことがあること。 
  5. 香港特別行政区での不利な記録がないこと。 登録ができた訪問者は、すべての出入境ポイントでフリークエント・ビジターのeチャネルを利用することができます。

 

こちらをクリックして、フリークエント・ビジターEチャネルの利用手順にアクセスしてください。


出入境管理&税関

税関

香港に入境するすべての旅行者は、通関手続きを行い、免税枠を超えた課税対象となる商品を申告しなければなりません。課税対象商品と最新の免税措置についてはこちらをご覧ください。

注意点:

  • 危険ドラッグ、武器、動物、植物、絶滅危惧種、肉類、家禽類など、一般的に見かける禁止・管理されている品目の輸出入は香港の法律が適用されます。これらの品目の輸出入には、法律で免除されている場合を除き、関連当局が事前に発行した有効なライセンス、許可証、証明書を添付しなければなりません。
  • 一部の国では合法であるが、香港では催涙スプレーやスタンガンなどの様々な護身具は禁止されています。香港に出入りする者は、合計12万香港ドル以上の通貨または無記名の譲渡性商品を所持していることを税関に申告または開示しなければならなりません。

詳細については、税関のウェブサイトをご覧ください。不必要な遅延を避けるために、香港国際空港が定めたガイドラインに従ってください。

 

ビジター用お役立ち情報

多くの観光客が香港でトランジットしたり、他国を訪問した後に香港に到着したりしています。各国の法律の違いにより、他の出入国地では合法とされていても、香港では違法とされる場合があります。

香港で違法とされる物品の種類や、空港での安全とセキュリティに関する詳細は、こちらをご覧ください。

 

空港セキュリティ

香港国際空港からご出発のお客様は、出境審査ホールにて搭乗券とパスポートを空港保安係員にご提示ください。詳細はこちらをご覧ください。

 

電子タバコ持ち込み規制に関して
Hong Kong Drug Office of the Department of Healthによりますと、成分にニコチンが含まれている電子タバコは医薬品に分類されます。
そのため香港への持ち込みには医薬品輸入免許が必要になります。
持病の治療目的として個人で持ち込む必要がある場合は、医師の診断書(英文)があれば持ち込みが可能です。
診断書には、病名の他に電子タバコの銘柄や必要量(滞在中の服用スケジュールなど)が明記されている必要があります。
また、成分にニコチンが含まれていない電子タバコに関しては、輸入免許や医師の診断書は必要ありません。(2017年11月現在)

詳細は下記までお問い合わせください。

Drug Office, Department of Health
電話番号:(852)2319-8460
email:pharmgeneral@dh.gov.hk
ホームページ:http://www.drugoffice.gov.hk/

Customs & Excise Department
電話番号:(852)2815-7711
email:customesenquiry@customes.gov.hk
ホームページ:http://www.customs.gov.hk/en/home/index.html

 

機内持ち込み

香港国際空港では現在、セキュリティ対策が強化されています。ご出発のお客様やお乗り継ぎのお客様はご注意ください。ナイフ、カッター、ハサミ、カミソリの刃、家庭用刃物など、先の尖ったものや刃のあるものを機内持ち込み手荷物に入れないようにご注意ください。このようなものは、チェックイン時にお預けになる荷物に入れてください。

 

液体、ジェル、エアゾールの機内持ち込みにも制限があり、100ml以下の容器に入れ、容量が1リットル以下の透明な再封可能な袋に入れなければなりません(お一人様1袋まで)。

 

詳細はこちらをご覧ください。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.