話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

Rain Hazeと伝統的な手工芸品の精神を巡る旅

Localiiz
  • Written by Localiiz
Rain Haze、利和秤號(Lee Wo Steelyard) にて

Image credit: Leo Cheng

イラストレーターであり作家でもあるRain Hazeは、幼い頃から「ものづくり」が好きでした。彼女は布絵やレジンアート、人形などの手芸品を作っていましたが、この街に存在する豊かな伝統工芸品に出会いました。ネオン管を成形する老師を訪ねたり、麻雀牌を手で彫ったり、精巧な刺繍の靴を作ったり。西九龍(ウエストカオルーン)の職人たちは、多くの場合、銀髪で鋼の意志を持っており、無形ではあるが明白な街の精神の拠り所となっています。

Rain Haze、油麻地(Yau Ma Tei/ヤウマアテイ)上海街(Shanghai Street/シャンハイストリート)にて

Image credit: Leo Cheng

「佐敦(Jordan/ジョーダン)や 油麻地(Yau Ma Tei/ヤウマアテイ)には、古いお店がたくさんあります。上の世代の人たちは、いろいろな工芸品に興味を持っていたようで、この地域にお店やスタジオを持っていました。だから、この地区には古い職人が多いんです」とRainさんは説明します。「このような伝統が守られることを願っていますし、誰かがこれらの文化を促進したり発展させたりすることができればと思っています」。Rainは、この地域の職人たちの決意に敬意を表して、彼らの物語を語ることで自分の役割を果たしています。「職人たちは、人生のすべてをひとつの技術に捧げ、その技術を極めることに集中しています。彼らはベストを尽くし、技術を磨き続けることを決意しています。これこそがクラフトマンシップの精神なのです」と説明します。

Diligence stainless steel worksで鉄トレイを確認するRain

Image credit: Leo Cheng

その道の達人である職人たちは、その作業を簡単そうに見せています。しかし、一つ一つの作業は、それを完成させるための苦労や費やした時間を感じさせません。Rainはこれまで、彼らが主催するワークショップに何度も参加し、彼らの遺産の重さを手のひらに感じてきました。「簡単なことのように言われますが、そうではありません。私だと銅板を作るのに数分で疲れてしまうのに、職人は1枚の銅板を作るのに何時間もかけて叩いたり熱したりします。お店の前を通りかかり、金属と金属がぶつかり合う音を聞くたびに、彼らの強さと粘り強さを実感します」。

Rainは、油麻地果欄(Yau Ma Tei Fruit Market/ヤウマテイ・フルーツ・マーケット)の近くにある利和秤號(Lee Wo Steelyard) のように、この地域にある古い店が残っているうちに訪れることを勧めています。また、佐敦(Jordan/ジョーダン)の宝霊商業中心(Bowring Commercial Centre)には、2つの伝統的な工芸品店があります。ハンドメイドの刺繍入りの靴やアクセサリーを販売する先達(Sindart)と、20世紀半ばから熟練のQipao(チャイナドレス)の仕立て屋が作業台で縫い続けている上海寶星時裝祺袍(Shanghai Baoxing Qipao)です。

先達(Sindart)のスリッパを持つRain

Image credit: Leo Cheng

これらの伝統的な芸術の多くが頼りにしている人の手による作業は、自動化が至上命題となっている現代社会に欠けているものだとRainは考えています。しかし、進歩の名の下に、これらの物語の多くは最後のページを迎えています。Rainが目の当たりにしたように、「彼らの多くは、定年を迎えて自分の運命を受け入れていますが、それでも続けています。彼らがビジネスを続けるのは、お金を稼ぐためではありません。私が銅器作りを習いに行ったときも、近所の人がたくさん挨拶に来てくれました。親方たちは、近所の皆さんと強い関係を築いています。しかし、最終的には時間の経過とともに失われてしまうものもあるのです。」

美都餐室(Mido Café)の壁画の前で自身の著書をもつRain

Image credit: Leo Cheng

佐敦(Jordan/ジョーダン)や油麻地(Yau Ma Tei/ヤウマアテイ)の古い店の中を歩くと、穏やかな気持ちになります。鉄板の揺れ、正確に縫い目をプレスし、銅を叩くハンマーの安定した音に同期して、一刻一刻と時間が流れていきます。幸いなことに、これらの古い職人たちの物語は終わりではなく、新しい章の始まりに近づいているようです。「多くの社会的企業やアーティストが、さまざまな方法で伝統工芸の普及に努めています。例えば、ある企業は老舗の職人が作った製品を販売するためのオンラインショップを開設しました。アーティストの中には、老舗の職人とコラボして展覧会を開く人もいます。また、「Eldage」や「Life Workshop」などの社会事業では、伝統工芸品を普及させるためのワークショップを開催しています」とレインは熱く語ります。手作りの製品に対する評価は高まっており、若いアーティストと老舗の職人の間には意図的な相乗効果が生まれています。手を取り合って、芸術と芸術性の精神に基づいた新しい章が作られていくことでしょう。

この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。

香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.