話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

古代の遺物

鴨洲(Ap Chau)と吉澳(Kat O):数十年前からほとんど変わっていない島の客家と漁師の文化を探る

Written by South China Morning Post ( Morning Studio )

印洲塘(Double Haven/ダブルヘブン)に位置する小さな島、鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)とその隣の大きな島、吉澳(Kat O/カッオー)は、数十年前からほとんど変化していません。この島は、香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)の一部です。ここでは、島の歴史や文化、漁師たちの生活について学びながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。鴨洲は、アヒルの頭に海食アーチが「眼」の形をしている、インスタ映えする黄土色の岩の造形で知られています。また、吉澳のハイキングでは、香港で最も美しい海のひとつである印洲塘を丘の上から眺めることができます。

休憩地点

鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)には、軽食や飲み物を提供する簡易的な売店がいくつかありますが、常設ではないため開店の確認ができません。吉澳(Kat /カッオー)にはいくつかの町の商店がありますが、その多くは週末と祝日にしか営業していません。

  • 鴨洲故事館(Ap Chau Story Room)

    鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)の見学は、鴨洲故事館(Ap Chau Story Room)から始めましょう。ここでは、広さ0.04平方キロメートルの特徴的な地質や、香港で最も小さな有人島であるこの島に今も住むボートピープルの文化や遺産について詳しく説明されています。1920年代後半、吉澳(Kat O/カッオー)や近隣の島の村の漁師たちが、この地に船を停めて家を建て始めました。最盛期には1,000人以上が住んでいましたが、1970年代にはほとんどが離れてしまいました。湾曲した岩石の形が、海や雨に浸食されたアヒルの胴体や頭に似ていることから、この島は広東語で「アプチャウ(鴨島)」と呼ばれています。

    行き方
  • 鴨頸(断裂帶): Duck’s Neck -断裂帯

    島の海岸線を少しのんびり歩いてみると、黄土色の堆積岩である角礫岩の特徴を見ることができます。「アヒルの首と頭」と呼ばれる岩の横にある、海食によってできた丘の隙間は、黄土色の岩の特徴的な質感や層をじっくり観察するのに最適な場所です。

    行き方
  • 角礫岩(Breccia)

    鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)の岩層には、砂利のような粗い粒の岩片が含まれており、鉄分が酸化してできた独特の茶褐色の色をしています。この島では、人目を引くような自然の岩場が海岸に点在しており、それらの露頭が露出しているため、観光客は簡単にアクセスすることができます。

    行き方
  • 鴨眼(海蝕拱):Duck’s Eye - 海食アーチ

    アヒルの頭の「鴨眼」とは、海の容赦ない浸食によって形成された頭の高さほどの広い岩石の海食アーチのことで、島の北西端にあります。島の北西部に位置し、観光客に最も人気のあるスポットで、インスタ映えする写真がたくさん撮れる場所でもあります。左の「眼」は、海の向こうに大鹏湾(Mirs Bay/ミルス湾)を、さらに北には高層ビルが建ち並ぶ深センを見ています。

    行き方
  • 吉澳天后宮(Kat O Tin Hau Temple)

    曲がりくねった形をしており、理想的な湾を形成していることから「曲がった島」として知られる吉澳(Kat O/カッオー)は、昔から漁船を係留する場所として人気があり、「幸運の入り江」を意味する広東語の名前が付けられています。1763年に島の北西の海岸線近くに建てられた天后宮(Tin Hau Temple/ティンハウ廟)は、船乗りや漁師を守る「海の女神」、天后(Tin Hau/ティンハウ)を祀っており、その保存状態も良く、漁業との歴史的なつながりを物語っています。外壁と屋根の部分には、色鮮やかなセラミックタイルと複雑なデザインの置物が多く見られます。

    行き方
  • 吉澳故事館(Kat O Story Room)

    吉澳故事館(Kat O Story Room)では、吉澳(Kat O/カッオー)に住む客家人や漁民の歴史、遺産、習慣などを紹介しています。大鹏湾(Mirs Bay/ミルス湾)の西、沙頭角邨(Sha Tau Kok/シャタウコック)の東に位置するこの島には、かつて漁師や農民、地元企業の経営者など、約6,000人が暮らしていました。しかし、1950年代から多くの人が海外に移住してしまいました。現在、島には約50人が住んでいますが、そのほとんどがこの島で生まれ育った人たちです。

    行き方
  • 吉澳大街(Kat O Main Street)

    吉澳大街(Kat O Main Street)には、小さなショップやレストランが軒を連ね、シンプルで美味しい地元の料理を提供しています。口の中でとろけるような客家風の豚の角煮、伝統的な手巻きのイカ玉、ニンニクと春雨を添えた殻付きの蒸しホタテなど、地元の人気料理を楽しむことができます。人気のデザートは、小豆のプリンと客家風の茶果(Cha kwo)と呼ばれる蒸しパンです。食事の後は、お土産に最適な海産物の干物やソースを販売しているお店を探して、ゆっくりと散策してみてください。

    行き方
  • 吉澳文化徑(Kat O Heritage Trail)

    吉澳文化徑(Kat O Heritage Trail/カッオーヘリテージトレイル)は、吉澳大街(Kat O Main Street)を中心に、島内の様々な遺産を巡るトレイルです。トレイルはおおむね水平です。この道は2つの分岐があり、1つは高地頂(Ko Tei Teng)の展望台へ、もう1つは高棚頂 (Ko Pang Teng/コパンテン)へと続いています。前者は北側の塩田や深圳などの遠景を、後者は南側の叙情的な印洲塘(Double Haven/ダブルヘブン)を見渡すことができます。吉澳文化徑には27の解説パネルがあります。パネルに記載されたQRコードを読み取ると、村人やジオパークガイドが語る物語を聞くことができます。

    行き方

交通

鴨洲(Ap Chau)への行き方

MTR大学駅(University Station)B出口から272Kのバスに乗り、1つ目の停留所である馬陸水公営埠頭( Ma Liu Shui Public Pier/マリウシュイパブリックピア)で下車した後、100メートルほど歩くと馬料水公衆碼頭3号(Ma Liu Shui Landing No. 3/マリウシュイランディング3号)に到着し、吉澳(Kat O/カッオー)と鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)行きのフェリーに乗ることができます。または、駅から馬料水公衆碼頭3号まで約15分歩くこともできます。フェリーは、土・日・祝日のみ運航しています。フェリーの所要時間は約1.5時間です。

吉澳(Kat O)からの帰り方

15:30発のフェリーで馬料水(Ma Liu Shui/マリウシュイ)へ。バス272KまたはタクシーでMTR大学駅(University Station)に戻ります。

ヒント

鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)と吉澳(Kat O/カッオー)を結ぶフェリーは、土・日・祝日の午前9時から1日1便のみ運航しています。鴨洲に行く前に、吉澳での15分間の停泊中はフェリーに乗っていてください。鴨洲から吉澳へは12時30分発のフェリーをお見逃しなく。

他のルート

古代の遺物

鴨洲(Ap Chau)と吉澳(Kat O):数十年前からほとんど変わっていない島の客家と漁師の文化を探る

Written by South China Morning Post ( Morning Studio )

印洲塘(Double Haven/ダブルヘブン)に位置する小さな島、鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)とその隣の大きな島、吉澳(Kat O/カッオー)は、数十年前からほとんど変化していません。この島は、香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)の一部です。ここでは、島の歴史や文化、漁師たちの生活について学びながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。鴨洲は、アヒルの頭に海食アーチが「眼」の形をしている、インスタ映えする黄土色の岩の造形で知られています。また、吉澳のハイキングでは、香港で最も美しい海のひとつである印洲塘を丘の上から眺めることができます。

休憩地点

鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)には、軽食や飲み物を提供する簡易的な売店がいくつかありますが、常設ではないため開店の確認ができません。吉澳(Kat /カッオー)にはいくつかの町の商店がありますが、その多くは週末と祝日にしか営業していません。

鴨洲故事館(Ap Chau Story Room)

鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)の見学は、鴨洲故事館(Ap Chau Story Room)から始めましょう。ここでは、広さ0.04平方キロメートルの特徴的な地質や、香港で最も小さな有人島であるこの島に今も住むボートピープルの文化や遺産について詳しく説明されています。1920年代後半、吉澳(Kat O/カッオー)や近隣の島の村の漁師たちが、この地に船を停めて家を建て始めました。最盛期には1,000人以上が住んでいましたが、1970年代にはほとんどが離れてしまいました。湾曲した岩石の形が、海や雨に浸食されたアヒルの胴体や頭に似ていることから、この島は広東語で「アプチャウ(鴨島)」と呼ばれています。

もっと見る...
行き方
鴨頸(断裂帶): Duck’s Neck -断裂帯

島の海岸線を少しのんびり歩いてみると、黄土色の堆積岩である角礫岩の特徴を見ることができます。「アヒルの首と頭」と呼ばれる岩の横にある、海食によってできた丘の隙間は、黄土色の岩の特徴的な質感や層をじっくり観察するのに最適な場所です。

もっと見る...
行き方
角礫岩(Breccia)

鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)の岩層には、砂利のような粗い粒の岩片が含まれており、鉄分が酸化してできた独特の茶褐色の色をしています。この島では、人目を引くような自然の岩場が海岸に点在しており、それらの露頭が露出しているため、観光客は簡単にアクセスすることができます。

もっと見る...
行き方
鴨眼(海蝕拱):Duck’s Eye - 海食アーチ

アヒルの頭の「鴨眼」とは、海の容赦ない浸食によって形成された頭の高さほどの広い岩石の海食アーチのことで、島の北西端にあります。島の北西部に位置し、観光客に最も人気のあるスポットで、インスタ映えする写真がたくさん撮れる場所でもあります。左の「眼」は、海の向こうに大鹏湾(Mirs Bay/ミルス湾)を、さらに北には高層ビルが建ち並ぶ深センを見ています。

もっと見る...
行き方
吉澳天后宮(Kat O Tin Hau Temple)

曲がりくねった形をしており、理想的な湾を形成していることから「曲がった島」として知られる吉澳(Kat O/カッオー)は、昔から漁船を係留する場所として人気があり、「幸運の入り江」を意味する広東語の名前が付けられています。1763年に島の北西の海岸線近くに建てられた天后宮(Tin Hau Temple/ティンハウ廟)は、船乗りや漁師を守る「海の女神」、天后(Tin Hau/ティンハウ)を祀っており、その保存状態も良く、漁業との歴史的なつながりを物語っています。外壁と屋根の部分には、色鮮やかなセラミックタイルと複雑なデザインの置物が多く見られます。

もっと見る...
行き方
吉澳故事館(Kat O Story Room)

吉澳故事館(Kat O Story Room)では、吉澳(Kat O/カッオー)に住む客家人や漁民の歴史、遺産、習慣などを紹介しています。大鹏湾(Mirs Bay/ミルス湾)の西、沙頭角邨(Sha Tau Kok/シャタウコック)の東に位置するこの島には、かつて漁師や農民、地元企業の経営者など、約6,000人が暮らしていました。しかし、1950年代から多くの人が海外に移住してしまいました。現在、島には約50人が住んでいますが、そのほとんどがこの島で生まれ育った人たちです。

もっと見る...
行き方
吉澳大街(Kat O Main Street)

吉澳大街(Kat O Main Street)には、小さなショップやレストランが軒を連ね、シンプルで美味しい地元の料理を提供しています。口の中でとろけるような客家風の豚の角煮、伝統的な手巻きのイカ玉、ニンニクと春雨を添えた殻付きの蒸しホタテなど、地元の人気料理を楽しむことができます。人気のデザートは、小豆のプリンと客家風の茶果(Cha kwo)と呼ばれる蒸しパンです。食事の後は、お土産に最適な海産物の干物やソースを販売しているお店を探して、ゆっくりと散策してみてください。

もっと見る...
行き方
吉澳文化徑(Kat O Heritage Trail)

吉澳文化徑(Kat O Heritage Trail/カッオーヘリテージトレイル)は、吉澳大街(Kat O Main Street)を中心に、島内の様々な遺産を巡るトレイルです。トレイルはおおむね水平です。この道は2つの分岐があり、1つは高地頂(Ko Tei Teng)の展望台へ、もう1つは高棚頂 (Ko Pang Teng/コパンテン)へと続いています。前者は北側の塩田や深圳などの遠景を、後者は南側の叙情的な印洲塘(Double Haven/ダブルヘブン)を見渡すことができます。吉澳文化徑には27の解説パネルがあります。パネルに記載されたQRコードを読み取ると、村人やジオパークガイドが語る物語を聞くことができます。

もっと見る...
行き方

交通

鴨洲(Ap Chau)への行き方

MTR大学駅(University Station)B出口から272Kのバスに乗り、1つ目の停留所である馬陸水公営埠頭( Ma Liu Shui Public Pier/マリウシュイパブリックピア)で下車した後、100メートルほど歩くと馬料水公衆碼頭3号(Ma Liu Shui Landing No. 3/マリウシュイランディング3号)に到着し、吉澳(Kat O/カッオー)と鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)行きのフェリーに乗ることができます。または、駅から馬料水公衆碼頭3号まで約15分歩くこともできます。フェリーは、土・日・祝日のみ運航しています。フェリーの所要時間は約1.5時間です。

吉澳(Kat O)からの帰り方

15:30発のフェリーで馬料水(Ma Liu Shui/マリウシュイ)へ。バス272KまたはタクシーでMTR大学駅(University Station)に戻ります。

ヒント

鴨洲(Ap Chau/アプチャウ)と吉澳(Kat O/カッオー)を結ぶフェリーは、土・日・祝日の午前9時から1日1便のみ運航しています。鴨洲に行く前に、吉澳での15分間の停泊中はフェリーに乗っていてください。鴨洲から吉澳へは12時30分発のフェリーをお見逃しなく。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.