話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

シンギングボウル・アーティストのTsang Man Tungと一緒に、香港で自然のメロディーを見つけよう

South China Morning Post
  • Written by South China Morning Post

香港を連想させる音は、クラクションを鳴らす音とにぎやかな通りのざわめきです。しかし、ここに住んでいる人たちは、この街の別の側面を知っています。ヒマラヤのシンギングボウルアーティスト、Tsang Man-tung氏のインタビューをご覧になるか、下にスクロールすると、長い白い砂を撫でる波に癒されたり、岩を背にして波が打ち寄せる人里離れた入り江にスリルを感じることができる丘を越えて行く2つのルートをご覧いただけます。

音セラピーは健康増進のトレンドで、最も効果的なオーケストラの一つは屋外そのものです。香港のアーティスト、Tsang Man-tung氏は、自然をシンギングボウルのパフォーマンスに取り入れています。香港の田舎に足を踏み入れることは、デトックスサウンドのお風呂に入るようなものだと話します。

ヒマラヤのシンギングボウルアーティスト、Tsang Man-tung氏は香港の田舎と特別な関係性を持っています。南丫島(Lamma Island)で母方の祖父母に育てられたTsang氏は、雑踏からかけ離れた生活と自然とに強い親近感を持って育ちました。

6月には、家族やハイカーが1日をのんびり過ごす海沿いの石澳(Shek O)へ特別な旅行をしました。Tsang氏は当時熱心なハイカーで、香港の新界(New Territories)地区を横断する100kmの壮大なマクリホース・トレイル(MacLehose Trail)など、香港の多くのトレイルを歩いてきました。ナショナルジオグラフィックによって、世界の夢のトレイルトップ20の1つに選ばれており、西貢(Sai Kung)の東地区から屯門(Tuen Mun)の西まで広がっています。今、香港を全く違った形で経験することができるだろうかと尋ねられると、彼は、より深いレベルで落ち着く水、動物、風の音を楽しむことができるだろうと話します。

石澳(Shek O)は水と風の音の組み合わせが絶妙です。

Tsang氏は石澳(Shek O)村の隣の岩場に立ち、波は滑らかで赤い色をした巨石にぶつかります。南丫島(Lamma Island)での彼の幼少時代を思い出させます。「音の層はとても素晴らしく癒されます」と彼は付け加えます。

自然の音を演奏の一部として使えると、彼は信じています。「屋外で演奏するときは、人のためだけでなく、身近な環境のためにも演奏します」とTsang氏は話します。木からカエルまであらゆるものを網羅し、彼らが応えてくれると示しました。「その瞬間、自然はあなたと一緒にパフォーマンスをしています。」

勢いのある滝の音を聞くと、[精神の]クレンジングをしているような気がします。

水はTsang氏にとって最も重要な音の要素の一つです。彼は新界(New Territories)の大埔(Tai Po)の山岳地帯にある自宅近くの滝によく行きますが、彼を「音のシンフォニー」で奮い立たせてくれます。「勢いのある滝の音を聞くと、[精神の]クレンジングをしているような気がします。岩に水が当たると、打楽器の音を連想させます。さらに高速から非常に遅い流れまで、私にとっては心拍音に似ています。」

Ham Tin Wan

「香港では都市部よりも緑が多いですが、都心に住む人々はしばしば風がどう通るのかを忘れています」と彼は言います。「しかし、多くのことをする必要はありません...自然の中に入って世話をしてもらいましょう。」 彼はこの体験を、心身を清めるためにデトックス風呂に入ることに例えています。

Tsang氏は時々、水の流れを真似するために自分のシンギングボウルを使います。「ボウルは常に振動しています」と彼は言います。水のように流れ道を下っていくのです。しかし、ボウルは温度変化の影響を受けやすく、音質が変化します。銅と錫で作られたシンギングボウルは、鉱物で作られ、高熱で形作られています。多くの周波数と「倍音」のバリエーションを生み出すのに役立っています。

もしTsang氏が石澳(Shek O)で演奏するとしたら、何も付け加えることはありません。その代わり、オーディエンスにそこにあるものを聴くようガイドするでしょう。「空間と環境を尊重し、物を「そのまま」に保つ必要があります」と彼は話します。

おすすめ探索

小西湾(Siu Sai Wan)から石澳(Shek O)へ

小西湾(Siu Sai Wan)から石澳(Shek O)へ

南シナ海の広大な海に面した香港島の岩だらけの海岸をたどってみましょう。風のない日でさえ、うねりが入り込み、母なる自然のオーケストラの中で最も壮観なシンバルである岸にぶつかります。

マクリホース・トレイル(MacLehose Trail Sections 1 & 2)

マクリホース・トレイル(MacLehose Trail Sections 1 & 2) :静寂を堪能できるハイキングに挑戦

壮大なビーチはもちろんのこと、山や海の素晴らしい景色を眺めながらのハイキングは大変ですが、やりがいのあるものです。

この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。

香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.