話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

古代の遺物

香港仔港(アバディーンハーバー/Aberdeen Harbour):漁村の水郷めぐりでタイムスリップ

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

香港島の南岸と鴨脷洲(Ap Lei Chau)の間に位置する香港仔港(アバディーンハーバー/Aberdeen Harbour)の「水上の村(floating villages)」の古い写真は、1900年代半ばに中国の伝統的なジャンクハウスボートに住む何千もの漁師の家族を写したもので、香港の最も象徴的で永続的なイメージのひとつとなっています。

ツアー会社によっては、1時間のボートツアー、または90分のランチ付きツアーを提供しており、この地域が賑やかな都市へと発展していく過程の歴史的な瞬間を見ることができます。このツアーは、ウォーターフロントにある地元のランドマークを見ながら、海を見下ろす壮大な景色を楽しむことができる、時間的に効率の良い方法です。

  • 鴨脷洲洪聖古廟(Ap Lei Chau Hung Shing Temple)

    鴨脷洲(Ap Lei Chau)のウォーターフロントには、1773年に建てられた洪聖古廟(Hung Shing Temple)があります。「南海の神(God of the South Sea)」と呼ばれる洪聖を祀り、漁師たちを守るために建てられました。香港で最も古く、最も保存状態の良い寺院のひとつであるこの公式記念碑は、サンパンツアーの発着点でもあります。この寺院は、埋め立ての影響をほとんど受けていない数少ない洪聖古廟(Hung Shing temple)の一つで、海に面した風水的に穏やかな環境を保っています。内部には、建立された年に鋳造されたオリジナルの鐘や、清朝(1644-1911)時代の貴重な石湾陶器(Shiwan pottery)が展示されています。旧暦2月13日の洪聖節(Shing Festival)には、この寺院を訪れてお供え物をする人が後を絶ちません。寺院のすぐ近くには、鴨脷洲市政大廈 (Ap Lei Chau Municipal Services Building)にある鴨脷洲熟食中心(Ap Lei Chau Market Cooked Food Centre)があり、地元の料理を味わうことができます。

    行き方
  • 香港仔海濱公園(Aberdeen Promenade)

    香港仔海濱公園(Aberdeen Promenade)は、ア香港仔港(アバディーンハーバー/Aberdeen Harbour)に沿って走る並木道で、観光客が船と一緒に写真を撮ったり、くつろいだりできる人気のスポットです。早起きした人は、係留されているボートが獲れたての魚を売っているのを見て、掘り出し物を探している地元のお年寄りと肩を並べることができます。

    挽きたてで新鮮なプレイスパウダー(粉末出汁/スープによく使われる天然の魚の出汁)の瓶は、ランチツアーの最適なお土産になります。プロムナードに停泊している漁船の漁師から購入することができます。

    行き方
  • 香港仔魚類卸売市場(Aberdeen Wholesale Fish Market)

    香港で活きた魚介類を買うなら、香港仔魚類卸売市場(Aberdeen Wholesale Fish Market)から仕入れたものである可能性が高いでしょう。1950年に建設された香港で最も古くて大きな魚の卸売市場で、長洲や南の島々、さらにはマカオの漁師たちがアバディーンに集まり、地元の生きた魚介類の70%以上を供給していました。緑色の瓦屋根を持つクリーム色の建物を遠くから見ると、市場の桟橋に並ぶ様々な大型漁船をみることができます。マーケット内の漁師食堂では、毎日午前4時から獲れたての魚介類を提供しています。また、魚にまつわる商品やお土産を販売するお土産屋さんもあります。

    行き方
  • 鴨脷洲風之塔公園(Ap Lei Chau Wind Tower Park)

    サンパンで港を進んで鴨脷洲(Ap Lei Chau)に向かうと、前方に鴨脷洲風之塔公園(Ap Lei Chau Wind Tower Park)が見えてきます。漁船の形をした高さ10メートルの展望台に登って、景色を楽しむことができます。太陽電池パネルで発電されたLEDライトは、センサーが感知した風速に応じて、穏やかなときは緑、風が強くなるとオレンジ、強風やハリケーンのときは赤に変化します。パーク内には、香港の伝統的な漁師の習慣や漁師の生き方に関する展示ギャラリーもあります。

    行き方
  • 香港オーシャンパーク(Hong Kong Ocean Park)

    1977年にオープンしたこのテーマパークは、香港島の南岸の起伏に富んだ丘の上に建設されており、スリル満点の乗り物や、自然界や自然保護についての教育を目的としたアトラクションを備えています。サンパンから見ると、床のない空飛ぶビンテージ飛行機の乗り物「ウィーリーバード」や、高さ72メートルのオーシャンパークタワーの回転式展望台、高さ22メートルの空中で逆さまに回転するブランコ「フラッシュ(Flash)」などを見ることができます。

    行き方
  • 鴨脷洲造船廠(Ap Lei Chau Shipyards)

    このサンパンツアーでは、深湾(Sham Wan)近くの香港仔避風塘(Aberdeen Typhoon Shelter)に係留されているヨットやその他のボートを整備している鴨脷洲造船廠(Ap Lei Chau Shipyards)を見ることができます。通常、陸地では木や丘の陰に隠れて見ることができません。巨大な鉄骨を波板で覆って作られた造船所では、様々なボートやヨットが海から引き上げられ、岸辺では数人の作業員が木を削っており、サンパンに乗った観光客が興味津々に作業場をのぞき込むと作業員が目が合う事もあります。

    行き方
  • 香港仔住家艇(Aberdeen Houseboat)

    香港仔住家艇(Aberdeen Houseboat)は、香港の家族が伝統的なハウスボートでどのように生活していたかを説明する、港に停泊している小さな遺産博物館です。本物のハウスボートを模した博物館には、香港仔Aberdeen )のボートコミュニティの歴史を示す数々の工芸品、ビデオ、写真が展示されています。ランチ・サンパン・ツアー(lunch sampan tour )に申し込んだ方は、魚のつみれ、アヒルの腎臓、ローストした肉、野菜、春雨などの具材をスープに入れて漁師が伝統的に作っていたボートヌードルをお楽しみいただけます。

    行き方

交通

鴨脷洲(Ap Lei Chau)への行き方

香港仔漁村ツアー(Aberdeen Fishing Village Tour (Aberdeen 1773))の集合場所に行くには、MTR南港島線(South Island Line)で利東(Lei Tung)駅まで行きます。A1出口を出て、華庭街(Wah Ting Street)を経由してハーバーサイドに向かいます。プロムナードを右折し、右手に洪聖古廟(Hung Shing Temple)が見えるまで歩きます。桟橋は左手にあります。

鴨脷洲(Ap Lei Chau)からの帰り方

ツアー終了後は、鴨脷洲(Ap Lei Chau)の洪聖古廟(Hung Shing Temple)の横に戻ります。

現地ツアー

香港仔漁村ツアー(Aberdeen Fishing Village Tour (Aberdeen 1773))

この1時間のツアーでは、鴨脷洲(Ap Lei Chau)でボートに乗り、港の歴史を深く知ることができます。沿道の13のランドマークを眺め、オーディオガイドの解説に耳を傾け、屋形船に乗船し、香港の漁師の日常生活を体験します。ランチツアーでは、地元の飲み物、スナック、伝統的なボートヌードルが用意されています。1時間のツアーの料金は、お一人様約HK$200です。

ツアー所要時間:1-1.5時間(ボートツアー)

Seayou HK
Tel no: +852 2368 7000
Website: https://www.seayou.hk/en/packages/aberdeen-tour

免責事項:
現地ツアーの詳細は、各オペレーターの条件に従います。香港政府観光局および現地オペレーターは、事前に通知することなく、いつでもツアーに関する詳細を修正、変更、中止する権利を有します。ご不明な点がございましたら、現地オペレーターにお問い合わせください。

他のルート

古代の遺物

香港仔港(アバディーンハーバー/Aberdeen Harbour):漁村の水郷めぐりでタイムスリップ

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

香港島の南岸と鴨脷洲(Ap Lei Chau)の間に位置する香港仔港(アバディーンハーバー/Aberdeen Harbour)の「水上の村(floating villages)」の古い写真は、1900年代半ばに中国の伝統的なジャンクハウスボートに住む何千もの漁師の家族を写したもので、香港の最も象徴的で永続的なイメージのひとつとなっています。

ツアー会社によっては、1時間のボートツアー、または90分のランチ付きツアーを提供しており、この地域が賑やかな都市へと発展していく過程の歴史的な瞬間を見ることができます。このツアーは、ウォーターフロントにある地元のランドマークを見ながら、海を見下ろす壮大な景色を楽しむことができる、時間的に効率の良い方法です。

鴨脷洲洪聖古廟(Ap Lei Chau Hung Shing Temple)

鴨脷洲(Ap Lei Chau)のウォーターフロントには、1773年に建てられた洪聖古廟(Hung Shing Temple)があります。「南海の神(God of the South Sea)」と呼ばれる洪聖を祀り、漁師たちを守るために建てられました。香港で最も古く、最も保存状態の良い寺院のひとつであるこの公式記念碑は、サンパンツアーの発着点でもあります。この寺院は、埋め立ての影響をほとんど受けていない数少ない洪聖古廟(Hung Shing temple)の一つで、海に面した風水的に穏やかな環境を保っています。内部には、建立された年に鋳造されたオリジナルの鐘や、清朝(1644-1911)時代の貴重な石湾陶器(Shiwan pottery)が展示されています。旧暦2月13日の洪聖節(Shing Festival)には、この寺院を訪れてお供え物をする人が後を絶ちません。寺院のすぐ近くには、鴨脷洲市政大廈 (Ap Lei Chau Municipal Services Building)にある鴨脷洲熟食中心(Ap Lei Chau Market Cooked Food Centre)があり、地元の料理を味わうことができます。

もっと見る...
行き方
香港仔海濱公園(Aberdeen Promenade)

香港仔海濱公園(Aberdeen Promenade)は、ア香港仔港(アバディーンハーバー/Aberdeen Harbour)に沿って走る並木道で、観光客が船と一緒に写真を撮ったり、くつろいだりできる人気のスポットです。早起きした人は、係留されているボートが獲れたての魚を売っているのを見て、掘り出し物を探している地元のお年寄りと肩を並べることができます。

もっと見る...

挽きたてで新鮮なプレイスパウダー(粉末出汁/スープによく使われる天然の魚の出汁)の瓶は、ランチツアーの最適なお土産になります。プロムナードに停泊している漁船の漁師から購入することができます。

行き方
香港仔魚類卸売市場(Aberdeen Wholesale Fish Market)

香港で活きた魚介類を買うなら、香港仔魚類卸売市場(Aberdeen Wholesale Fish Market)から仕入れたものである可能性が高いでしょう。1950年に建設された香港で最も古くて大きな魚の卸売市場で、長洲や南の島々、さらにはマカオの漁師たちがアバディーンに集まり、地元の生きた魚介類の70%以上を供給していました。緑色の瓦屋根を持つクリーム色の建物を遠くから見ると、市場の桟橋に並ぶ様々な大型漁船をみることができます。マーケット内の漁師食堂では、毎日午前4時から獲れたての魚介類を提供しています。また、魚にまつわる商品やお土産を販売するお土産屋さんもあります。

もっと見る...
行き方
鴨脷洲風之塔公園(Ap Lei Chau Wind Tower Park)

サンパンで港を進んで鴨脷洲(Ap Lei Chau)に向かうと、前方に鴨脷洲風之塔公園(Ap Lei Chau Wind Tower Park)が見えてきます。漁船の形をした高さ10メートルの展望台に登って、景色を楽しむことができます。太陽電池パネルで発電されたLEDライトは、センサーが感知した風速に応じて、穏やかなときは緑、風が強くなるとオレンジ、強風やハリケーンのときは赤に変化します。パーク内には、香港の伝統的な漁師の習慣や漁師の生き方に関する展示ギャラリーもあります。

もっと見る...
行き方
香港オーシャンパーク(Hong Kong Ocean Park)

1977年にオープンしたこのテーマパークは、香港島の南岸の起伏に富んだ丘の上に建設されており、スリル満点の乗り物や、自然界や自然保護についての教育を目的としたアトラクションを備えています。サンパンから見ると、床のない空飛ぶビンテージ飛行機の乗り物「ウィーリーバード」や、高さ72メートルのオーシャンパークタワーの回転式展望台、高さ22メートルの空中で逆さまに回転するブランコ「フラッシュ(Flash)」などを見ることができます。

もっと見る...
行き方
鴨脷洲造船廠(Ap Lei Chau Shipyards)

このサンパンツアーでは、深湾(Sham Wan)近くの香港仔避風塘(Aberdeen Typhoon Shelter)に係留されているヨットやその他のボートを整備している鴨脷洲造船廠(Ap Lei Chau Shipyards)を見ることができます。通常、陸地では木や丘の陰に隠れて見ることができません。巨大な鉄骨を波板で覆って作られた造船所では、様々なボートやヨットが海から引き上げられ、岸辺では数人の作業員が木を削っており、サンパンに乗った観光客が興味津々に作業場をのぞき込むと作業員が目が合う事もあります。

もっと見る...
行き方
香港仔住家艇(Aberdeen Houseboat)

香港仔住家艇(Aberdeen Houseboat)は、香港の家族が伝統的なハウスボートでどのように生活していたかを説明する、港に停泊している小さな遺産博物館です。本物のハウスボートを模した博物館には、香港仔Aberdeen )のボートコミュニティの歴史を示す数々の工芸品、ビデオ、写真が展示されています。ランチ・サンパン・ツアー(lunch sampan tour )に申し込んだ方は、魚のつみれ、アヒルの腎臓、ローストした肉、野菜、春雨などの具材をスープに入れて漁師が伝統的に作っていたボートヌードルをお楽しみいただけます。

もっと見る...
行き方

交通

鴨脷洲(Ap Lei Chau)への行き方

香港仔漁村ツアー(Aberdeen Fishing Village Tour (Aberdeen 1773))の集合場所に行くには、MTR南港島線(South Island Line)で利東(Lei Tung)駅まで行きます。A1出口を出て、華庭街(Wah Ting Street)を経由してハーバーサイドに向かいます。プロムナードを右折し、右手に洪聖古廟(Hung Shing Temple)が見えるまで歩きます。桟橋は左手にあります。

鴨脷洲(Ap Lei Chau)からの帰り方

ツアー終了後は、鴨脷洲(Ap Lei Chau)の洪聖古廟(Hung Shing Temple)の横に戻ります。

現地ツアー

香港仔漁村ツアー(Aberdeen Fishing Village Tour (Aberdeen 1773))

この1時間のツアーでは、鴨脷洲(Ap Lei Chau)でボートに乗り、港の歴史を深く知ることができます。沿道の13のランドマークを眺め、オーディオガイドの解説に耳を傾け、屋形船に乗船し、香港の漁師の日常生活を体験します。ランチツアーでは、地元の飲み物、スナック、伝統的なボートヌードルが用意されています。1時間のツアーの料金は、お一人様約HK$200です。

ツアー所要時間:1-1.5時間(ボートツアー)

Seayou HK
Tel no: +852 2368 7000
Website: https://www.seayou.hk/en/packages/aberdeen-tour

免責事項:
現地ツアーの詳細は、各オペレーターの条件に従います。香港政府観光局および現地オペレーターは、事前に通知することなく、いつでもツアーに関する詳細を修正、変更、中止する権利を有します。ご不明な点がございましたら、現地オペレーターにお問い合わせください。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.