話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

都市の進化:東と西の出会う場所

西区(Western District)は近年、人気が急速に高まっています。2014年後半には、MTR南港島線(South Island line)が上環(Sheung Wan)から西営盤(Sai Ying Pun)、香港大学(HKU)、堅尼地城(Kennedy Town)まで伸延されました。アクセスが便利になったことで、街の高級化が進み、外国人居住者も増え、クールなレストランやバーの出店、新たな不動産開発、家賃の上昇が起きています。また、中環至半山自動扶梯(Mid-Levels Escalator)のミニ版が、西営盤(Sai Ying Pun)にある急な坂道「正街(Centre Street)」に作られました。

しかし、この街も昔は、決して良いところではありませんでした。19世紀の英国統治時代、中環(Central)が行政とビジネスの中心地であったのに対して、西区(Western District)はゴミの埋め立て地で、食肉処理場や遺体安置所、精神病院、売春宿が作られていました。市の境界から外に追いやられた中国からの移住者が西区(Western District)に住み着き、やがて、港に近い商業地域として繁栄するようになりました。

中環(Central)の高層ビル街が徐々に迫っている今でも、西区(Western District)の街を歩けば、昔の名残がすぐに見つかります。人と路面電車と車が年中行き交い、賑わいを見せる干諾道西(Connaught Road West)でも、昔ながらの干物屋がしっかり商売を続けています。こうしたお店は、魚市場や青果市場とともに、シェフや食通のお気に入りの場所です。ここで提供される様々な食材に、香港の息吹が感じられるからです。

西へ進むほど街は静けさを増していきます。住宅とそれを囲む緑がふもとの海へと伸び、堅尼地城(Kennedy Town)や西環(Sai Wan)に続いています。昼間は今も年配の人たちが港で泳ぎを楽しみ、日が暮れると、ミレニアル世代の若者が来て、SNSにアップするために写真を撮っています。

西区(Western District)は、中環(Central)の間近にある別世界です。わざわざ遠出しなくても、都市の進化を目の当たりにしつつ、古いものと新しいもの、伝統的なものと流行のものを同時に楽しみ、地元の人たちと同じように、香港を体験することができるのです。

HIGHLIGHTS
  • 西営盤街市(Sai Ying Pun Market)を見学。新鮮な海産物や野菜を目で味わいましょう。

  • 高街(High Street)の地元食料品店で、中華料理のソースと材料を調達。

  • 魯班先師廟(Lo Pan Temple)を参拝。建築業者や大工の守護聖人を祭る、香港では唯一の廟です。

  • 西区(Western District)では新しいタイプのレストランを選んで食事。魚介類から、タコスやイタリアの屋台料理まであります。

  • 夕日を見ながら堅尼地城(Kennedy Town)のウォーターフロントを散策。

西区(Western District)の観光スポット

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.