話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

南区(Southern District)の自然、リラクゼーション施設、文化

香港島のように、これほどコンパクトな立地にもかかわらず、バラエティーにあふれ、地形の変化も豊かな土地は、他にどこを旅しても見つけることは難しいでしょう。わずか半径数キロの中に、賑わう大都会から、緑豊かな山々、きらめく浜辺までがそろっているのです。南区(Southern District)ならばそこだけで、この3つすべてを1日で体験することも可能です。

2016年12月にMTR南港島線(South Island line)が開通し、中環(Central)から南区(Southern District)へのアクセスも容易になりました。最初の海洋公園(Ocean Park)駅までは、金鐘駅(Admiralty Station)からわずか6分です。そこからタクシーかバスですぐのところには、香港でも指折りの美しいビーチがいくつか広がり、南西の深水湾(Deepwater Bay)から南東の大浪湾(Big Wave Bay)まで続いています。

ビーチにはそれぞれ個性があり、住民にも特徴があります。浅水湾(Repulse Bay)には高級住宅地があり、裕福な香港人や外国人の家族が住む地域です。中湾(Middle Bay)には、真っ黒に日焼けした肌もあらわな人々が、にぎやかに歩いています。大浪湾(Big Wave Bay)や石澳(Shek O)の村々には、自由な若者やサーファーが集まっています。

自分も砂浜を歩きたいと思いませんか?南区(Southern District)の黄竹坑(Wong Chuk Hang)地区は、現代美術の中心地として栄えています。この地区にある、多くの改装した倉庫やオフィスビルの中に、一流のギャラリーや独立系アーティストのスタジオが多数潜んでいます。特に注目すべきギャラリーとしては、De Sarthe、Rossi & Rossi、Pekin Fine Arts、Blindspot、Alisan Fine Artsなどがあります。最後に挙げたギャラリーは香港仔(Aberdeen)にあります。この地区では今も、避風塘(台風シェルター)にサンパン船や漁船が停泊し、魚市場が賑わっています。

ハイライト
  • 大浪湾(Big Wave Bay)でボードをレンタルしてサーフィンに。香港島で最も美しいビーチです。

  • 石澳(Shek O)のBen's Barでくつろいだり、石澳泰(Shek O Thai)で軽くタイ料理を楽しむことも。

  • 食事はビーチの目の前にあるThe Pulseで。LimewoodやSip Songなど好きなレストランが選べます。

  • 人ごみを離れて、静かな舂坎角(Chung Hom Kok)でピクニック。

  • 南港島文化地区(South Island Cultural District)のウェブサイトにアクセス。アートイベントをチェックしましょう。

  • 南区(Southern District)の現代美術の中心地、黄竹坑(Wong Chuk Hang)でギャラリー訪問。素晴らしいギャラリーが並んでいます。

南区(Southern District)の観光スポット

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.