話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

素朴な美味しさ

Time Out Hong Kong
  • Written by Time Out Hong Kong

シャムスイポー(深水埗)の店は、安くて元気が出る素朴な美味しさが売り。ここでは昔ながらの麺類から創意あふれるデザートまで、懐を痛めることなくすばらしい食事が楽しめます。小腹が空いたら、通りの屋台にちょっと立ち寄ってもいいし、若い起業家によるお洒落なカフェや気楽なハンバーガーショップの新鮮な新しい味を試してみるのもいいでしょう。


素朴なおいしさ

公和荳品廠(Kung Wo Beancurd Factory)

公和荳品廠(Kung Wo Beancurd Factory)

Kung Wo Beancurd Factory(公和荳品廠) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、1960年からシャムスイポーで営業。この昔気質の店はさまざまな大豆製品を扱っており、長年人気を集めています。名物の豆腐プリンは絹のようになめらかで、芳醇な大豆の味がします。油揚げ、厚揚げ、自家製砂糖抜きの豆乳も試す価値ありです。

添好運(Tim Ho Wan)

添好運(Tim Ho Wan)

添好運 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、香港で最高の飲茶店。それだけでなく、世界最安値のミシュランの星つき ディナーが味わえる、地元の宝とも言える場所です。最も有名な料理?それは思わず涎が出るような、一度食べたらやみつきになる味のベイクド・チャーシュー・パオでしょう。

新香園堅記(Sun Hang Yuen)

新香園堅記(Sun Hang Yuen)

新香園堅記(Sun Hang Yuen) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る のコーンビーフと卵のサンドイッチは、香港一。24時間営業のこの茶餐廳(ちゃさんちょう、香港風カフェ)では、トレードマークのこのサンドイッチの他に、豚足麺とミルクティーも有名。砂糖の有無や、ミルクの量も注文できます。

維記咖啡粉麵(Wai Kee Noodle Cafe)

維記咖啡粉麵(Wai Kee Noodle Cafe) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

この地元の茶餐廳は、豬潤麵(豚レバの麺)が有名。あまりそそられるメニューには聞こえませんが、地元の人も観光客も、この麺を目当てにわざわざシャムスイポーに出向くほど。レバーが苦手という人は、牛肉、ハム、卵、ソーセージも選べます。甘い物が好きなら、ぜひカヤジャムのフレンチトーストを。

劉森記麵家(Lau Sum Kee Noodle)

劉森記麵家(Lau Sum Kee Noodle) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

60年以上前に創業したこの昔気質の店は、香港でも非常に珍しい手打ちの麺を出しています。2代目店主Lau Fat-cheongさんは、より腰のあるのど越しのよい麺にするため、生地を重い竹の綿棒でのすという家伝の方法を受け継いでいます。この店の拌麵(混ぜ麺)は、ぜひお試しを。名物の大量の干しエビが、強烈な旨みを添えています。

圓方餃子粥麺(Yuen Fong Dumpling Store)

圓方餃子粥麺(Yuen Fong Dumpling Store) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

圓方のもちもちした手包みの餃子は、根強いファン層がいます。 ニラと肉の餃子は、ぜひ食べたいもの。スープに浮かべるか、カリカリとしたきつね色の焼き餃子にするか選べます。餃子の他にも、圓方では麺、粥、スイーツなども、すべて50香港ドル以下で食べられます。

十八座狗仔粉(Block 18 Doggie’s Noodle)

十八座狗仔粉(Block 18 Doggie’s Noodle)

ご心配なく。ここの「ドッグ・ヌードル(十八座狗仔粉)」に、犬の肉は入っていません。麺にしては短い、尻尾のような形から、この名前がついたと言われています。1950年代と60年代に屋台で売っていた軽食で、安くてお腹に溜まるということで人気でした。Block 18ではこれに、きのこ類や干しエビ、にんにく、ザーサイなど、お得で美味しい素材を載せて出しています。麺類の他にも、鴨の細切り肉で作ったフカヒレ風スープもおすすめです。

飛鷹餐廳(Flying Eagle)

飛鷹餐廳(Flying Eagle)

飛鷹餐廳 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、香港でももはや数少ない伝統的な中華風ステーキハウス。1977年開業、家族経営のこの店は写真映えするレトロな外観と、ヨーロッパ的なメニューを守っています。ボルシチ、シュバイネハクセ(ローストした豚足)、それにさまざまなステーキが、鉄製の皿の上でジュウジュウいいながらドラマチックに出てきます。

新聯豐粉麵家(Sun Luen Feng Noodles)

新聯豐粉麵家(Sun Luen Feng Noodles) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

開店以来30年以上、地元で愛されてきたこの素朴な店は、ワンタン麺や炸醤麺(ジャージャー麺、肉味噌を乗せた茹で麺)など、飾り気はないけれど美味しい麺類が自慢。座って食べる時間がなくても、有名な魚蛋(ユーダーン、カレー味のつみれ)とタコなら、店の外で買うことができます。

蘇記茶檔(So Kee)

蘇記茶檔(So Kee) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

香港市内に残る数少ない伝統的なオープンエアの屋台、大排檔(ダイパイドン)の一つ。真の香港の食文化体験ができます。飾り気のない店舗では、フレンチトースト、ポークチョップと目玉焼きがのったインスタント麺、香港式ミルクティーなど昔ながらの香港フードを楽しめます。

文記車仔麵(Man Kei Cart Noodles)

文記車仔麵(Man Kei Cart Noodles)

文記車仔麵 は大変な人気店なので、同じブロックに3つも店舗を開いています。しかもすべていつも満員。さまざまな種類の麺やスープの出汁が選べ、ゆでたてで食べられます。なかでも柱侯蘿蔔炆牛腩(牛馬らと大根の煮込み)と瑞士鶏翼(スイスチキンウィング)は、自家製特製チリソースとともにおすすめ 。こうしたメニューは非常に美味しいので、ミシュランのストリートフードガイドにも載っています。

緑林甜品(Luk Lam Dessert)

緑林甜品(Luk Lam Dessert) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

30年以上前にシャムスイポーに開店して以来、Luk Lamは地元の人たちのお気に入りです。ここは、アズキやナッツや黒ゴマの糖水といった、伝統的な中国のデザート専門店。もっと新しいものを試したければ、豆腐プリンやドリアンパンケーキなど、斬新なデザートも出しています。

北河同行(Pei Ho Counterparts)

北河同行(Pei Ho Counterparts) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

Pei Hoの店主 Ming Gorさんは、まさしく地元のヒーロー。自分の店の食事券に始まり、果ては無料のお弁当配布まで、シャムスイポーの困っている人たちをさまざま方法で助けているのです。この店で食べられるのは、茶餐廳(チャーチャーンテーン)では定番の麺やご飯もののセット。素朴だけれど、まさにほっとさせてくれるメニューです。


おやつ

坤記糕品(Kwan Kee Store)

坤記糕品(Kwan Kee Store) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

地元の人たちはここに、自家製デザート目当てでやって来ます。ミシュランのストリートフードガイドにも載っているこの店で1番有名なのは、砵仔糕(プッチャイコー)と呼ばれるボウルに流し込んだプディングケーキ。白砂糖もしくは黒砂糖で作られ、ところどころに小豆が入っています。他にも、倫教糕(もち米蒸しパン)や芝麻卷(香港式胡麻巻き)など、昔ながらのお菓子が食べられます。

合益泰小食(Hop Yik Tai)

合益泰小食(Hop Yik Tai

毎朝作られるこの腸粉(チョンファン、米から作る点心)は信じがたいほどなめらかで、甘いソース、胡麻ソース、大豆ソースによく合います。この素朴なおやつはわずか数ドル、ミシュランガイドもお勧め。いつも行列ができているのも納得です。

生隆餅家(San Lung Cake Shop)

生隆餅家(San Lung Cake Shop) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

この地元の人気店は糍粑(ピンイン、ミャオ族など少数民族が食べる餅)や蓮蓉皮蛋酥皮蛋(ピータンを丸ごとパイ皮で包んだお菓子)といった、伝統的な中国のお菓子を売っています。ここはまた香港でも数少なくなった、焼き立てを注文できる自家製月餅の店。こうしたお菓子は、中秋節前は1日に何百個も 売れるそうです。

椰汁大王(King of Coconut)

椰汁大王(King of Coconut) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

ココナッツドリンクが大人気のこの屋台店は、香港の数か所で出店しています。注文してから作るこの飲み物は、タイまたはマレーシアのココナッツが材料。甘くて爽やか、 シャムスイポーの露店で買えるいろいろな食べ物によく合います。

囍囍美食(Hei Hei Snack Stall)

囍囍美食(Hei Hei Snack Stall) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

桂林街(Kweilin Street)と福榮街(Fuk Wing Street)の交差点にあるこのにぎやかな屋台の店は、香港のストリートフードを試すには最高の場所でしょう。他店とちがうのは、そのメニューの豊富さ。ポピュラーな魚蛋(ユーダーン、カレー味のつみれ)や鶏蛋仔(鶏卵入り球状ワッフル)から、魚の揚げシュウマイ、豚の腸、牛の内臓の煮込みまで何でも注文できます。


新しい味

隱家拉麵工場(Kakurega Ramen Factory)

隱家拉麵工場(Kakurega Ramen Factory)

この隠れた店には、熱心な美食家たちが集まってきます。名高いつけ麺(つけ汁が麺とは別の器で提供されるラーメン)を食べるために、1時間以上も待つ人も。メニューの種類は少なく、選択肢は豚骨ベースのわずか3つ(プレーン、ブラックガーリック、スパイシー)。スープを決めたら、半熟卵やチャーシューなど、トッピングを追加することもできます。

蘇媽·蘇媽(Kedai Kopi Semua Semua)

蘇媽·蘇媽(Kedai Kopi Semua Semua) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

Kedai Kopi Semua Semuaでは、チキンカレーや米篩目(米の粉で作る麺類)や、烏打(オタオタ、バナナの葉にくるんで焼いた魚のすり身)といった、美味しいマレーシア料理が味わえます。ナシレマ(ココナツミルクを加えて炊いた米)のことを「辣死你媽 ( ラト・セイ・ネイ・マー、辛すぎて母さんが死んでしまうの意)」と書くなど、メニューに並ぶユーモラスな料理の名は、この店をますます楽しい場所にしています。

Coffee Matters

Coffee Matters 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

革製品の卸売店を改装して作られた、流行の先をいくカフェ。緑と白の床タイルなど、1950年代の建築当時の面影を多く残しています。テーマはミニマリズム。シンプルな木製家具とすっきりしたデザインのメニューでまとめられています。ここではいろいろなハンドドリップコーヒー、紅茶、軽食がいただけます。また環境問題に対する意識が高く、コールドドリンクはすべてプラスチックストローなしで提供されます。

Café Sausalito

Café Sausalito

シャムスイポーでよく過ごしていたという、 Café Sausalito 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る の創業者は、2014年にこのカフェを開きました。以来、この魅力的なカフェは、町じゅうの珈琲好きが集まる場所となりました。シングルオリジンのハンドドリップなど、すばらしいコーヒーはもちろん、キューカンバラーノ(キュウリ味のアメリカンコーヒーにソーダ水を加えたもの)なども飲むことができます。週末はみごとなジャズセッションなどのライブもあるので、ぜひお立ち寄りを。

Burgerman

Burgerman

アメリカの労働者階級の精神に影響を受けた Burgerman 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る の使命は、質のよい料理を安く提供すること。その約束どおり、ここのハンバーグは最高級のひき肉を100%使い、ミルクシェイクの素材まで、新鮮なものにこだわっています。量も、驚くほどの気前よさ。評判のダブルパティー・トラッカー・バーガーを注文すれば、その意味がわかるでしょう。

Triple Steak

Triple Steak 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

お手頃価格の画期的な日本式セルフサービスレストラン。テンダーロイン、サーロイン、店自慢のトリプルステーキの三種類だけに絞って、スープ、ライス、サラダ付きで提供しています。デジタル式自動販売機で食券を買ったら、カウンターの席に座って、ステーキが来るのを待ちましょう。肉好きなら、熱いプレートの上でジュウジュウと音を立てている分厚いステーキを見ただけできっと堪らなくなるでしょう。


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.