話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

リラクゼーション

南丫島(Lamma Island):歴史的な漁村のゆったりとした雰囲気が、多文化コミュニティの拠点となる

Written by South China Morning Post ( Morning Studio )

香港島からフェリーですぐのところにある南丫島(Lamma Island/ラマ島)の魅力はゆったりとした時間の流れで、都会の慌ただしい生活から抜け出すすことができます。古くから漁業が盛んで、現在は多文化のコミュニティが形成されています。索罟灣(Sok Kwu Wan/ソックー湾)や榕樹灣(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)のウォーターフロント・ビレッジ・ストリートには、美しい漁師のアートや工芸品を売る店や、新鮮なシーフードや東洋と西洋が融合した数々の料理を提供するレストランがあり、リラックスした気持ちで散策できます。自然愛好家やインスタグラム愛好家の方は、5kmのゆったりとした南丫島ファミリー・ウォークで、この地域の息を呑むような風景や文化的なスポットを探索することができ、歴史ファンの方は、ラマ・フィッシャーフォークス・ヴィレッジ(Lamma Fisherfolk's Village)で地元の文化について学ぶことができます。

南丫島(Lamma Island/ラマ島)ASMR動画

休憩地点

索罟湾碼頭(Sok Kwu Wan Pier/ソック―湾)の近くには、食料や飲み物を売っている地元のお店やスーパーがたくさんあります。榕樹灣(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)まで歩く場合にはは、十分な量の水を準備した方がいいでしょう。

  • 索罟湾(Sok Kwu Wan)

    フェリーが桟橋に到着すると、湾内に浮かぶ新鮮な魚の筏を目にし、索罟灣(Sok Kwu Wan/ソック―湾)が水産業と密接な関係にあることがわかります。島の反対側にある榕樹湾(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)ほどの人気はなく、静かな小さな村ですが、新鮮な広東の海鮮料理が食べられると評判のレストランには、多くの顧客が訪れます。また、地元で生産された魚介類の干物を売る店も多くあります。ショップやレストランが立ち並ぶ海辺を歩いていくと、川の河口にたどり着きます。海に流れ込む浅瀬の中で、運が良ければ、魚の幼生や小さなカニの群れを見つけることができるかもしれません。

    行き方
  • 南丫島漁民文化村(Lamma Fisherfolk’s Village)

    このテーマのある文化村を訪れることで、香港の漁業の歴史をより深く理解することができます。また、伝統的なドラゴンボートやイカダ、住居など、漁民の伝統的な日常生活や文化を垣間見ることができます。本物のジャンク・ボートに乗船して、思い出に残るような体験を間近ですることもできます。村では、テーマに沿った民俗学的なブースが展示されているほか、釣りや縄編み、塩辛作りのワークショップなど、家族で楽しめるゲームやアクティビティも用意されています。また、魚介類の干物や地元の漁師たちが作ったお土産を販売するショップもあります。入場券は、索罟湾碼頭(Sok Kwu Wan Pier)にある売店で購入できます。

    行き方
  • 天后宮(Tin Hau Temple)

    中国の海の女神を祀る伝統的な寺院というよりは、現代的な村の家のように見える索罟灣(Sok Kwu Wan/ソックー湾)にある寺院を含め、漁業で発展した南丫島(Lamma Island/ラマ島)には3つの異なる天后宮(Tin Hau Temple/ティンハウテンプル)があります。この寺院は、2004年1月の火災で焼失した200年近く前の寺院に代わり、2005年に再建されたものです。この寺院には、1826年に作られた香炉や、1895年に鋳造された鉄製の鐘など、焼失を免れた遺物があります。

    行き方
  • 洪聖爺灣泳灘(Hung Shing Yeh Beach)

    緩やかなカーブを描く小さな洪聖爺灣泳灘(Hung Shing Yeh Beach/ハンシンイェビーチ)は、白砂の端から海に突き出た2本のずんぐりした指のような岩の列があり、南丫島(Lamma Island/ラマ島)で最も人気のある海水浴場です。環境保護局のビーチ水質モニタリング・プログラムが1986年に始まって以来、このビーチの年間ランキングは「良好」に保たれています。 木々に覆われた丘のふもとに位置するこのビーチは、太陽と砂と海に囲まれ、リラックスした一日を過ごすための居心地の良い環境です。ビーチの近くには、レストランやショップがあり、トウモロコシのバーベキュー、ソーセージのバーベキュー、冷凍パイナップルなどの軽食や食事を楽しむことができます。バーベキューエリアでは、夕日を見ながら家族や友人同士でゆっくりと作りたての料理を楽しむことができます。

    行き方
  • 南丫風采発電所(Lamma Winds)

    南丫島(Lamma Island/ラマ島)の大嶺(Tai Ling/タイリン)の山頂には、再生可能エネルギーの開発を支援するために建設された香港初の風力発電機、南丫風采発電所(Lamma Winds / Lamma Wind Power Station)があります。南丫島ファミリー・ウォークから少し離れたところにありますが、このランドマークを見るために遠回りする価値はあります。香港電燈の系統連系タービンは、高さ46メートルのハブから直径50メートルの3枚のブレードが回転し、毎年平均100万ユニットのグリーンエネルギーを発電し、約800トンの二酸化炭素を相殺しています。発電所内には、再生可能エネルギーの種類を説明する展示コーナーや、外気の風速やタービンの発電量をリアルタイムで確認できるエネルギーモニターが設置されています。

    現在、南丫風采発電所(Lamma Winds)の展示エリアは、一時的に入場できなくなっています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

    行き方
  • 榕樹湾(Yung Shue Wan)

    魅力的な漁村である榕樹湾(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)は、海外からの駐在員を含む多文化コミュニティが盛んな南丫島(Lamma Island/ラマ島)の中心地です。C字型のウォーターフロントの端に沿った狭いメイン・ショッピング・ストリートを歩き始めると、東洋と西洋が融合した魅力的な雰囲気を感じることができます。ショッピング・ストリートには、食料品、衣類、漁師の工芸品、ギフト、その他のお土産を売る店が並んでいます。また、海老や貝、魚などの獲れたての魚介類、ピザやパスタなどの人気の洋食、トルコのケバブ、タイのカレー、日本の寿司など、あらゆる好みに合った料理を提供するレストランや、カフェやバーなども数多くあります。

    行き方

交通

索罟湾(Sok Kwu Wan)への行き方

MTR香港駅から歩いてすぐの香港島のセントラルピア4番(Central Pier No. 4)からフェリーで索罟湾(Sok Kwu Wan/ソックー湾)へ。フェリーの所要時間は30~40分です。また、香港仔(Aberdeen/アバディーン)から索罟灣へのフェリーもあり、こちらは約35分で到着します。

榕樹湾(Yung Shue Wan)からの帰り方

見学後は、榕樹湾碼頭(Yung Shue Wan Pier/ユンシュエ湾ピア)からフェリーで中環(Central/セントラル)に戻るか、フェリーで香港仔(Aberdeen/アバディーン)に戻ることができます。

他のルート

リラクゼーション

南丫島(Lamma Island):歴史的な漁村のゆったりとした雰囲気が、多文化コミュニティの拠点となる

Written by South China Morning Post ( Morning Studio )

香港島からフェリーですぐのところにある南丫島(Lamma Island/ラマ島)の魅力はゆったりとした時間の流れで、都会の慌ただしい生活から抜け出すすことができます。古くから漁業が盛んで、現在は多文化のコミュニティが形成されています。索罟灣(Sok Kwu Wan/ソックー湾)や榕樹灣(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)のウォーターフロント・ビレッジ・ストリートには、美しい漁師のアートや工芸品を売る店や、新鮮なシーフードや東洋と西洋が融合した数々の料理を提供するレストランがあり、リラックスした気持ちで散策できます。自然愛好家やインスタグラム愛好家の方は、5kmのゆったりとした南丫島ファミリー・ウォークで、この地域の息を呑むような風景や文化的なスポットを探索することができ、歴史ファンの方は、ラマ・フィッシャーフォークス・ヴィレッジ(Lamma Fisherfolk's Village)で地元の文化について学ぶことができます。

南丫島(Lamma Island/ラマ島)ASMR動画

休憩地点

索罟湾碼頭(Sok Kwu Wan Pier/ソック―湾)の近くには、食料や飲み物を売っている地元のお店やスーパーがたくさんあります。榕樹灣(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)まで歩く場合にはは、十分な量の水を準備した方がいいでしょう。

索罟湾(Sok Kwu Wan)

フェリーが桟橋に到着すると、湾内に浮かぶ新鮮な魚の筏を目にし、索罟灣(Sok Kwu Wan/ソック―湾)が水産業と密接な関係にあることがわかります。島の反対側にある榕樹湾(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)ほどの人気はなく、静かな小さな村ですが、新鮮な広東の海鮮料理が食べられると評判のレストランには、多くの顧客が訪れます。また、地元で生産された魚介類の干物を売る店も多くあります。ショップやレストランが立ち並ぶ海辺を歩いていくと、川の河口にたどり着きます。海に流れ込む浅瀬の中で、運が良ければ、魚の幼生や小さなカニの群れを見つけることができるかもしれません。

もっと見る...
行き方
南丫島漁民文化村(Lamma Fisherfolk’s Village)

このテーマのある文化村を訪れることで、香港の漁業の歴史をより深く理解することができます。また、伝統的なドラゴンボートやイカダ、住居など、漁民の伝統的な日常生活や文化を垣間見ることができます。本物のジャンク・ボートに乗船して、思い出に残るような体験を間近ですることもできます。村では、テーマに沿った民俗学的なブースが展示されているほか、釣りや縄編み、塩辛作りのワークショップなど、家族で楽しめるゲームやアクティビティも用意されています。また、魚介類の干物や地元の漁師たちが作ったお土産を販売するショップもあります。入場券は、索罟湾碼頭(Sok Kwu Wan Pier)にある売店で購入できます。

もっと見る...
行き方
天后宮(Tin Hau Temple)

中国の海の女神を祀る伝統的な寺院というよりは、現代的な村の家のように見える索罟灣(Sok Kwu Wan/ソックー湾)にある寺院を含め、漁業で発展した南丫島(Lamma Island/ラマ島)には3つの異なる天后宮(Tin Hau Temple/ティンハウテンプル)があります。この寺院は、2004年1月の火災で焼失した200年近く前の寺院に代わり、2005年に再建されたものです。この寺院には、1826年に作られた香炉や、1895年に鋳造された鉄製の鐘など、焼失を免れた遺物があります。

もっと見る...
行き方
洪聖爺灣泳灘(Hung Shing Yeh Beach)

緩やかなカーブを描く小さな洪聖爺灣泳灘(Hung Shing Yeh Beach/ハンシンイェビーチ)は、白砂の端から海に突き出た2本のずんぐりした指のような岩の列があり、南丫島(Lamma Island/ラマ島)で最も人気のある海水浴場です。環境保護局のビーチ水質モニタリング・プログラムが1986年に始まって以来、このビーチの年間ランキングは「良好」に保たれています。 木々に覆われた丘のふもとに位置するこのビーチは、太陽と砂と海に囲まれ、リラックスした一日を過ごすための居心地の良い環境です。ビーチの近くには、レストランやショップがあり、トウモロコシのバーベキュー、ソーセージのバーベキュー、冷凍パイナップルなどの軽食や食事を楽しむことができます。バーベキューエリアでは、夕日を見ながら家族や友人同士でゆっくりと作りたての料理を楽しむことができます。

もっと見る...
行き方
南丫風采発電所(Lamma Winds)

南丫島(Lamma Island/ラマ島)の大嶺(Tai Ling/タイリン)の山頂には、再生可能エネルギーの開発を支援するために建設された香港初の風力発電機、南丫風采発電所(Lamma Winds / Lamma Wind Power Station)があります。南丫島ファミリー・ウォークから少し離れたところにありますが、このランドマークを見るために遠回りする価値はあります。香港電燈の系統連系タービンは、高さ46メートルのハブから直径50メートルの3枚のブレードが回転し、毎年平均100万ユニットのグリーンエネルギーを発電し、約800トンの二酸化炭素を相殺しています。発電所内には、再生可能エネルギーの種類を説明する展示コーナーや、外気の風速やタービンの発電量をリアルタイムで確認できるエネルギーモニターが設置されています。

もっと見る...

現在、南丫風采発電所(Lamma Winds)の展示エリアは、一時的に入場できなくなっています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

行き方
榕樹湾(Yung Shue Wan)

魅力的な漁村である榕樹湾(Yung Shue Wan/ユンシュエ湾)は、海外からの駐在員を含む多文化コミュニティが盛んな南丫島(Lamma Island/ラマ島)の中心地です。C字型のウォーターフロントの端に沿った狭いメイン・ショッピング・ストリートを歩き始めると、東洋と西洋が融合した魅力的な雰囲気を感じることができます。ショッピング・ストリートには、食料品、衣類、漁師の工芸品、ギフト、その他のお土産を売る店が並んでいます。また、海老や貝、魚などの獲れたての魚介類、ピザやパスタなどの人気の洋食、トルコのケバブ、タイのカレー、日本の寿司など、あらゆる好みに合った料理を提供するレストランや、カフェやバーなども数多くあります。

もっと見る...
行き方

交通

索罟湾(Sok Kwu Wan)への行き方

MTR香港駅から歩いてすぐの香港島のセントラルピア4番(Central Pier No. 4)からフェリーで索罟湾(Sok Kwu Wan/ソックー湾)へ。フェリーの所要時間は30~40分です。また、香港仔(Aberdeen/アバディーン)から索罟灣へのフェリーもあり、こちらは約35分で到着します。

榕樹湾(Yung Shue Wan)からの帰り方

見学後は、榕樹湾碼頭(Yung Shue Wan Pier/ユンシュエ湾ピア)からフェリーで中環(Central/セントラル)に戻るか、フェリーで香港仔(Aberdeen/アバディーン)に戻ることができます。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.