話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

郊外の町の伝統と変容

山の反対側にはもう一つの香港があります。耳障りな街が静かな自転車のうなり音に、コンクリートが豊かな緑に変わります。九龍(Kowloon)と香港島(Hong Kong Island)の過密都市部から獅子山(Lion Rock)の反対側にある沙田(Sha Tin)へ、ようこそ。

沙田(Sha Tin)はかつて漁業と農業集落の田舎の辺境でしたが、1970年代に郊外のニュータウンへと変わりました。今日では香港で最も人口の多い地域であり、641,000人が住んでいますが、歴史的な城壁の村、緑豊かな丘、そして城門川(Shing Mun River)沿いの連なった緑地など、依然として田舎の風情が残っています。

人気のある観光名所とは一般的には見なされていませんが、沙田(Sha Tin)は想像を超えた恩恵を提供しています。香港文化博物館(Hong Kong Heritage Museum)では、古代陶磁器からカンフーのポップカルチャーまで、さまざまなものが展示されており、多くの人が訪れます。そう遠くない場所にある沙田大會堂(Sha Tin Town Hall)では、パブリックアートや定期的な演劇公演が開催されています。また、新城市廣場(New Town Plaza)は香港最大のショッピングモールの一つで、自然や文化から離れてひと休みするにはちょうど良い場所です。

沙田(Sha Tin)には2つのMTRライン、東鉄線(East Rail Line)と馬鞍山線(Ma On Shan Line)が通り、どちらからも遠くない場所から探検に出かけられます。火炭(Fo Tan)は、古い工場群が芸術家のコロニーとなっています。車公廟( Kung Temple)は市最大の参拝する場所の1つです。MTRの沙田(Sha Tin)駅の上の丘には、萬佛寺(Ten Thousand Buddhas Monastery)や、排頭村(Pai Tau Village)ののどかな小道があり、ライチの木やブーゲンビリアが立ち並んでいます。

香港初のベッドタウンと考えられていたかもしれませんが、沙田(Sha Tin)は決して活気のない場所ではありません。

ハイライト
  • 香港文化博物館(Hong Kong Heritage Museum)で、多岐にわたる芸術と歴史の展示が見られます。

  • 古老十八代飲食茶具故事館(The Story House of Ancient Chinese Culinary Ware)では、中国の陶磁器について学ぶことができます。

  • 城門川(Shing Mun River)に沿って自転車に乗ってみましょう。

  • 香港中文大学文物館(CUHK Art Museum)で中国美術の豊富なコレクションをご覧ください。

  • 渡頭湾村(To Tau Wan Village)で夕焼けを見ながらビーチでバーベキューができます。

沙田(Sha Tin)の観光スポット

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.