話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

観塘(Kwun Tong) - 香港通のおすすめ情報

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Calvin Sit
観塘(Kwun Tong) - 香港通のおすすめ情報

観塘(Kwun Tong)は香港の工業の新旧を対比し、その変化を経験できるすばらしい場所です。ここでは、最新かつ最も革新的な工業だけでなく、伝統的な工場労働者の日常生活を体験できます。

まずは特におすすめのスポットをご紹介します。


好運印尼餐廳(Lucky Indonesia)

好運印尼餐廳(Lucky Indonesia)

観塘(Kwun Tong)の裕民坊(Yue Man Square)にある他の地区は再開発されていますが、 好運印尼餐廳(Lucky Indonesia)) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は何十年もの間変わらないインドネシアの伝統料理を提供し続けています。伝統的な内装と、タイル張りの壁と革製の長椅子が特徴で、ガドガド(ピーナッツソースがかかった野菜サラダの一種)、ナシゴレン(チャーハン)、サテなどの料理を楽しむことができます。ミシュランガイドでも紹介されるほどの美味しさです。

佐敦谷公園(Jordan Valley Park)

佐敦谷公園(Jordan Valley Park)

香港の人口密度の高さは、大規模の屋外公園が珍しいことを意味しますが、実際に公園はあります。おすすめの1つは、観塘(Kwun Tong) のはるか高い場所に位置する、 佐敦谷公園(Jordan Valley Park) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る です。旧埋め立て地の上に2011年に建てられたこの公園は、広々とした芝生があることで知られ、週末にはピクニックをする家族が多く訪れます。彼らはまた、草に関する文化活動を行う地元グループ、草原地圖(Lawnmap)の結成にも貢献しました。公園の他の見どころとして、植物園、ジョギングトラック、温室、2つのモデルカーレースサーキットなどがあります。

ZCB

CIC – Zero Carbon Park

CIC – Zero Carbon Park(ゼロカーボンビルディング) は、カーボンニュートラルな建築の可能性を展示するために設計されたパビリオンで、イベントや展示会を開催しています。持続可能な建築資材を使用して建設されたパビリオンは、屋上に設置されたソーラーパネルを動力源としています。通風、バードギール、日除け装置といった古くからある技術が建物を涼しく保つ一方で、独自の運動エネルギーを動力とするエレベーターなどのハイテク機能も備えています。緑がある周辺地域は、九龍湾(Kowloon Bay)のオフィスや工業地区からひと休みするには居心地が良く、& Square Cafeでは、コーヒー、ワイン、ビールを飲みながら屋外に座ることができます。

Osage Kwun Tong

Osage Kwun Tong

現代美術ギャラリーの 奧沙(Osage) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、2004年から観塘(Kwun Tong)を拠点としています。興業街(Hing Yip Street)にある現在の空間は、東南アジアの美術を特に重視した啓蒙的な展示の場となっています。長年にわたり、奧沙(Osage)では陽気で心理的なインスタレーションやパフォーマンスで知られるエイドリアン・ウォン(Adrian Wong)や、中国の古典的な水墨画技法を用いて現代香港の生活を紹介するイラストレーター、ウィルソン・シー(Wilson Shieh)などの香港の芸術家を支援してきました。

啟業邨(Kai Yip Estate)

啟業邨(Kai Yip Estate) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

この九龍湾(Kowloon Bay)の住宅地を訪れる観光客はほとんどいませんが、香港の典型的な居住生活を垣間見ることができます。「キノコ小屋」と呼ばれる食事エリアでひと休みしてみましょう。屋根が特徴的な形をしていることから、このように呼ばれています。高くそびえるトクサの木立の下に建つキノコ小屋には、伝統的な広東料理 (蒸し魚、酢豚、あさりの辛味など) や、アフタヌーンティータイムの軽食を出すレストランがあります。香港ならではの本物の体験です。

HOW Department

HOW Department

この集合空間は、ギャラリー、生活用品、カフェを兼ねており、広々としたテラスから巧明街(How Ming Street)の喧騒を見下ろすことができます。快適なライフスタイルを追求した How Department 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、主に日本から輸入した手作り家具や家庭用品を通じて、幸せなライフスタイルを奨励しています。カフェでは、ポートベローマッシュルームを使ったスパゲッティのような健康的な家庭料理を提供しており、最新の日本の流行を取り入れたヘアスタイリストが常駐しています。


この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。

香港政府観光局は、第三者の製品およびサービスの品質または目的適合性に関する責任を負いません。また、ここに含まれている情報の正確性、妥当性、信頼性についての表明または保証は行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.