話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

光のダンス「シンフォニー・オブ・ライツ」

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides

香港の象徴的なスカイラインをかたどる空と海の間で、2部構成の壮大な物語で自然と人間のイノベーションが結ばれます。昼間はエメラルド色の丘が中心的な役割を果たし、夕方になると自然の風景が次の役者へ引き継ぎ、ガラスと鋼の集合体がショーに登場してきます。そのスターとして絶対に外せないのは、毎晩開催される 「シンフォニー・オブ・ライツ」 です。

 

水辺のアベニュー・オブ・スターズで観賞し、街に高くそびえる高層ビルのレストランでゆっくりと楽しみ、夜8時に開演するこのショーは、大きな期待に常に応えてくれます。この事実の背景には、シドニーのクリエイティブデザイン会社Artists in Motion の創設者であるリチャード・リンゼー氏の存在があるのでしょう。彼は、ビクトリアハーバーでのイルミネーションが始まって14年後の2018年に、この世界最大の常時開催の光と音楽のショーを再設計するプロジェクトチームの一員でした。

 

ショーのキャンバスはとても特別な存在です。香港のユニークなところは、そのような美しい自然から形づくられる壮大なスカイラインがあることです。したがって、ショーではこれを活かさなければなりません。

光のダンス「シンフォニー・オブ・ライツ」

リンゼー氏によれば、端の東側にあるカイタック・クルーズ・ターミナルから、中環(セントラル)に誇り高く立つタワーや尖沙咀の建物群まで広がる、外見上バラバラに見えるスカイラインを、違和感なくひとつに見せることが課題であったそうです。彼の話を聞くと、その課題の難しさとそれをやり遂げたことに敬服するでしょう。「私たちは、スカイラインを一つの合唱団としてまとめるため「一体感」という包括的なテーマを選びました」とリンゼー氏は述べています。

Victoria Harbour

Photo Credit: Calvin Sit

音の調和を図るため、Artists in Motion はベルリンを拠点とする作曲家クリスチャン・シュタインハウザーと、香港フィルハーモニー管弦楽団を含む100人以上の音楽家が協力しました。「私たちは、その街の人々、その文化・伝統、そして、その象徴的な港との関係性に訴えかける音楽を作る必要があると感じていたので、地元の音楽家の参加を念頭に置いていました」とリンゼー氏は述べています。

音楽は、ショーを引き立てるため、そして、聴く人が、自分は特別なことを体験していると知る上で重要な要素です。現代の要素と古典の要素をブレンドして、未来的ながら感情的な作品を作りました。これら2つの要素は、香港の街と文化・伝統のダイナミズムを完璧に補ってくれます。

サウンドトラックの最初の一音が響くと、光がきらきら輝き始め、速度が速く強度が強くなっていきます。無数の照明、レーザー、LED スクリーンが取り付けられた46のビルを使って、10分間にわたる壮大なショーを演出するのは至難の業です。

 

実際、リンゼー氏らは、この広大なキャンバスを精査するために、香港の港の正確なモデルを使ってショーを構成する方法をとりました。「全体をプレゼンテーションするため、照明、レーザー、コンテンツを担当する各アーティストが協力する必要があります。これには、多くの調整と強力で包括的な創造的ビジョンが必要です。すべては、柔軟性とコミュニケーションを通して統合していきました」とリンゼー氏は話します。

光のダンス「シンフォニー・オブ・ライツ」

また、リンゼー氏は次のように説明します。「もともと、建物の選定は既存のインフラに基づいて行っていました」。「以前のショーで使った照明設備とレーザーシステムをそのまま利用し、より壮大な景観を造るため、既存の広告用のLEDスクリーンを使いました」。独特の設計方法も採用しています。「各建物の照明は、創造性という目的と、スカイラインその場所に基づいて選択しました。スポットライトの数を少なくして光が強いものを取り付けた方がよい建物もあれば、ルーフラインが大きいことから、光の密度と広がりが大きくなる建物もあります」と彼は説明します。

非常に複雑で技術的なことが分かり、このショーは、まさにこの街から生まれた生き物のようです。「シンフォニー・オブ・ライツ」は、オープニングのリズミカルなビートから、鳴り響くストリングス、電子的なメロディー、そしてビジュアルパフォーマンスまで、気分が高揚する力強い作品で、この特別な街に調和する素晴らしい贈り物です。


「シンフォニー・オブ・ライツ」の鑑賞場所

尖沙咀プロムナード

Info: このショーを最前列で観賞したいなら、尖沙咀のウォーターフロントのプロムナードに行きましょう。最も人気の絶好のポイントなので、早めに到着して場所を見つけましょう。  
Address: 尖沙咀(九龍)  
Website:  https://www.avenueofstars.com.hk/en/  
アクア・ルナ

ハーバークルーズ

ハーバークルーズに出かけて、光と音楽の不協和音の中を航海してみましょう。飲食できるクルーズもあります。

 

Phone: +852 2116 8821
Website:  https://aqualuna.com.hk/

The Legacy House、ローズウッド香港

ローズウッドホテルの広東料理レストランでは、店内のメインダイニングルームと7室の個室から港の景色を眺めることができます。

Address: ローズウッド香港、Victoria Dockside、18 Salisbury Road、尖沙咀、九龍
Phone: +852 3891 8732
Website:  www.rosewoodhotels.com

Felix、ペニンシュラ香港

ペニンシュラホテルの28階にあり、超有名なフィリップ・スタルクがデザインした Felix は、港の素晴らしい景色を楽しめる有名な場所です。

セントラル・ハーバーフロント・イベントスペース

尖沙咀からショーを見たことがある人なら、今回はちょっと角度を変えて(また人混みを避けて)中環のハーバーフロントやその近くの添馬(Tamar)公園から見ましょう。

ゴールデン・バウヒニア・スクエア

1997年の香港返還を記念して中国政府から贈られた統一記念モニュメント「フォーエバー・ブルーミング・バウヒニア・スカルプチャー」があるこの広場は、エキスポ・プロムナード沿いにある港の景色を満喫できる最高のスポットです。

 

 iTunesGoogle Playから「シンフォニー・オブ・ライツ」の公式アプリをダウンロードして、どの場所からでもオーケストラの音楽を楽しむことができます。

午後3時以降に熱帯低気圧警報シグナル3以上、または赤・黒の暴風雨警報が発令された場合は、公演を中止とさせていただきます。同日20時前に信号が下がってもショーは上演されません。詳しくはホームページをご覧ください。


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.