話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

東区(Eastern District)を走るトラム

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Calvin Sit

Ng Cho-bangさんは香港(Hong Kong)の東区(Eastern District)でもう30年以上、2階建てトラムの運転をしています。その間に丘がすべて切り崩され、超高層マンションが建てられました。かつては海岸に沿って蛇行していた軌道も、まっすぐに付け替えられています。海岸線自体も変わり、数十年にわたる埋め立てによって、外へ広がって行きました。かつて工場や造船所があったところには、今ではホテルや豪華なオフィスタワーが立っています。

 

こうした変化にもかかわらず、今も変わらずに残ったものもあります。その代表がトラムです。「今でも主婦やご年配の方が生鮮市場へ毎日の食材を買いに行くときに使うのは、トラムです」とNgさんは話します。「買い物のカートを乗せるお手伝いをすることもありますよ。」「そのお礼に、降りるときに果物をいただいたことも何度かあります。」線路を囲む街が発展しても、トラムの中には、昔のままの人情と素朴さが残っています。

 

だからこそ路面電車は、東区(Eastern District)探索に最適な乗り物なのです。トラムは、1904年に銅鑼湾(Causeway Bay)から筲箕湾(Shau Kei Wan)まで伸延され、香港島の東岸で急速に発展が進む各地区を結びました。今でもトラムの2階席に座ると、暖かな海風が車両を吹き抜け、この地域の豊かな歴史と文化の発展を感じることができます。

 

香港電影資料館(Hong Kong Film Archive)

路線の多くは、1960年代風の特徴的な建物が立ち並ぶ、英皇道(King’s Road)を通ります。油街(Oil Street)を過ぎたら、左手を見てください。1世紀の歴史を持つ香港遊艇会(Royal Hong Kong Yacht Club)のクラブハウスが見えてきます。その建物は保存され、コミュニティー・アートスペース 油街実現(Oi!) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る に生まれ変わっています。間もなく近づいてくるのが、1950年代の造りが特徴的な元映画館、皇都戯院大廈(State Theatre)です。香港に最後まで残された「ムービー・パレス」の1つでしたが、市民運動のおかげで、最近、再開発を免れることができました。その近くにあるのが、同じく50年代のランドマーク、 新光戲院(Sunbeam Theatre) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る です。ここでは現在も、広東戯曲(オペラ)が上演されています。さらに進んだところにある 香港電影資料館(Hong Kong Film Archive) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、香港独自の映画歴史遺産の宝庫であり、映画ファンには必見です。

春秧街市集(Chun Yeung Street Market)

北角(North Point)行きのトラムに乗ると、終点は 春秧街市集(Chun Yeung Street Market) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る の生鮮市場です。果物や衣類の露天の軒先ギリギリを、鐘を鳴らしながら電車が通り過ぎます。このマーケットストリートには、東区(Eastern District)特有の社会の歴史が刻まれています。1940年代、第二次世界大戦と国共内戦の後、上海から多くの家族が北角に移住し、理容店やテーラー、レストランを開きました。1960年代になると、これに代わって福建省からの移住者が住むようになりました。香港に住む約100万人の福建省出身者のうち、現在でもほぼ3分の1が北角に住んでいます。福建人のユニークな食文化を知るには、春秧街(Chun Yeung Street)の食品店や屋台が一番です。

数ブロック先には、また別のマーケットがあります。この渣華道街市(Java Road Market)は、飾り気のないコンクリートの建物で、外見は特に魅力的と言えませんが、下層階にある肉屋や青果商の店舗を横目に、最上階の食堂街「熟食中心(Cooked Food Centre)」にたどり着くと、そこにあるのがシーフード専門店の 東宝小館(Tung Po) です。ここには店の広東風海鮮料理を求めて、常連客が集まっています。プラスチック製のスツールと大きな円卓、活気にあふれた雰囲気は、かつて香港の街をにぎわせていた屋台を、屋内に再現したようです。

東宝小館(Tung Po)

東区(Eastern District)にそびえ立つビル群に隠された意外なスポットは、東宝小館(Tung Po)だけでは ありません。通りからははっきり見えなくても、光輝くオフィスタワー群や、くすんだ産業地区の中に足を踏み入れると、そこにはクリエーティブな風景も新たに生まれています。例えば Para Site 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る ArtisTree 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る のようなスペースが点在し、アートの展示やパフォーマンスなど、各種イベントが開催されています。こうしたスペースは、古くからの産業地区の再生を目指す、新たな開発事業にも見られます。例えば、鰂魚涌(Quarry Bay)は現在、香港でも特に重要なオフィス街になっています。

糖廠街市集(Tong Chong Street Market)

これが特に分かるのが、11月から2月にかけての期間です。鰂魚涌(Quarry Bay)の中心部では、 糖廠街市集(Tong Chong Street Market) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る に地元産の新鮮な農産物やおいしいお菓子が並び、ライブパフォーマンスが繰り広げられます。「マーケットでは、想像以上に素晴らしいことが実現しました。屋台から始まってレストランを開店したところもあります。消費者が地元の農家と直接顔を合わせるようになり、出店者同士が協力するようになりました」と、マーケットの発起人で、持続可能な食品の取り組みを進めているジェニス・リャン・ヘイズさんは語っています。

マーケットには、バスやMTRで市場に行くこともできます。でもなぜか、トラムが一番似合うように感じられます。Ng Cho-bangさんが東区(Eastern District)をトラムで走るとき胸に去来するのは、街が見てきた「大きな変化」です。それでも、トラムが今も人と人を結び、場所と場所をつないでいることを思うと、心が落ち着きます。Ng Cho-bangさんには「それが自分の誇りであり、生きがいなのです。」


この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。

 

香港政府観光局は、第三者の製品およびサービスの品質または目的適合性に関する責任を負いません。また、ここに含まれている情報の正確性、妥当性、信頼性についての表明または保証は行いません。

 


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.