話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

古代の遺物

東平洲(Tung Ping Chau ):香港の最果ての島の驚異的な地質学的を探る

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

フェリーで大鹏湾(Mirs Bay)を渡ると、香港の最東端にある島、東平洲(Tung Ping Chau)に到着します。この島は、香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)の一部であり、ユニークな地層の先端を形成しています。ここでは、海と時間が岩をこの世のものとは思えないような形や正確な幾何学模様に削り、木に食い荒らされた建物のそばには寺院が建ち、ターコイズブルーの海には何十種類ものサンゴが生息しています。何世紀にもわたって住み続けてきたこの島のユニークな遺産は、多くの自然の驚異を求めて訪れる人々を魅了しています。

休憩地点

大塘村(Tai Tong village)と沙頭村(Sha Tau village)にあるいくつかの村の商店では、ソフトドリンク、ボトルウォーター、ビールなどを販売していますが、週末と祝日にしか営業していません。そのため、十分な量の飲料水と食料を携帯してください。

  • 馬湾(A Ma Wan)

    フェリーが東平洲公衆碼頭(Tung Ping Chau Public Pier)に近づくと、馬湾(A Ma Wan)が見えてきて、島のユニークな地質が見えてきます。香港の大半の地域とは異なり、ここの岩石は、約5500万年前に塩分を含んだ湖で堆積したシルト(沈泥)や泥が固まってできた細かい層状の堆積岩です。砂浜には、沿岸海域に生息する60種以上のサンゴの白い骨格が散らばっています。沙頭村(Sha Tau village)には、18世紀半ばに建てられた天后(Tin Hau)「海の女神」寺院があります。

    東平洲(Tung Ping Chau )は香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)の一部であり、島を訪れる方は、環境を保護し、自身の安全を確保するために、ジオパークの安全ガイドラインを遵守する必要があります。ジオパークを訪れる際には、事故を防ぐために、主要な観光ルートから外れたり、崖、露頭、斜面、岩の多い海岸線などの危険な場所の近くをハイキングしたりしてはいけません。ルート上の注意書きをよく読み、天候の変化にも注意してください。ジオパーク内の物を傷つけたり、汚したり、石を取り除いたり、野生動物の邪魔をしたり、傷つけたりしないでください。詳しくは、ジオパークのホームページをご覧ください。

    行き方
  • 更樓石(Kang Lau Shek)

    島の最東端に位置し、「地形学の博物館」と称されるこの岬は、巨大な本の装丁を地中に埋めたかのように、傾いた平らな岩が並んでいます。触ってみると、古書のページを重ねたような重層的な質感があります。これらの岩石は、1cmごとに100年かけて形成されています。中国名の望楼石(Kang Lau Shek)は、古代の2階建ての望楼に似ていることから名付けられました。海に面した2つの岩塔は、最高のインスタ映えすること間違いなしですが、ロックプールの海洋生物を撮影するのもおすすめです。

    行き方
  • 龍落水(Lung Lok Shui)

    この岩の中国名は「龍が水の中に降りてくる」という意味です。龍の背骨である白い珪酸質の岩のジグザグの層は、精密にカットされたような傾いた平らな岩の板の間を通って伸びています:完璧な長方形や三角形に近いものもあります。海に向かって頭を180度回転させると、岩の形や色がまるで巨大な目の錯覚のように変化します。ロックプールの直線と正確な角度は人工物のように見え、藻の糸、色とりどりのカタツムリ、飛び跳ねる魚が、そのデザインを完成させています。

    行き方
  • 斬頸洲(Cham Keng Chau)

    海岸線の森の中の舗装された小道を少し歩くと、中国語で「Chopped Neck Island/切断された首」と呼ばれる斬頸洲(Cham Keng Chau)に到着します。何世紀にもわたって、風と波が割れた岩の裂け目を広げたり、深くしたり、狭い通路で切り取られた小さな尖塔が残っていて、海の景色から別の景色へと導いてくれます。

    行き方
  • 長沙湾(Cheung Sha Wan)

    この島で最も長いビーチでは、岩から白い砂が広がっています。打ち上げられた珊瑚の白い塊が、ターコイズブルーの海にどれほど多くの海洋生物が生息しているかを示しています。シュノーケリングやダイビングのおすすめスポットです。

    行き方
  • 大塘湾(Tai Tong Wan)

    この湾に面した大塘村(Tai Tong village)は、人が去った後、侵食する森に飲み込まれそうになっているようで、古い建物の殻がガジュマルの木の根で絞られています。

    ビーチの近くには、賑やかな村の商店があり、中国料理や海鮮の名物料理を提供しています。ウニチャーハン、ザルガイ、イカの唐辛子炒めなど、どれも味の保証付きです。

    行き方

交通

東平洲(Tung Ping Chau )への行き方

MTR大学(Universit)駅から272Kのバスに乗り、最初の停留所である馬料水公衆碼頭( Ma Liu Shui Public Pier)から東平洲(Tung Ping Chau )行きのフェリーに乗るか、駅から埠頭までタクシーで5分。フェリーは、土・日・祝日のみ運航しています。フェリーの所要時間は約1.5時間です。

東平洲(Tung Ping Chau )からの帰り方

同じフェリーで馬料水公衆碼頭( Ma Liu Shui Public Pier)に戻り、272KバスまたはタクシーでMTR大学(Universit)駅に戻ります。

他のルート

古代の遺物

東平洲(Tung Ping Chau ):香港の最果ての島の驚異的な地質学的を探る

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

フェリーで大鹏湾(Mirs Bay)を渡ると、香港の最東端にある島、東平洲(Tung Ping Chau)に到着します。この島は、香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)の一部であり、ユニークな地層の先端を形成しています。ここでは、海と時間が岩をこの世のものとは思えないような形や正確な幾何学模様に削り、木に食い荒らされた建物のそばには寺院が建ち、ターコイズブルーの海には何十種類ものサンゴが生息しています。何世紀にもわたって住み続けてきたこの島のユニークな遺産は、多くの自然の驚異を求めて訪れる人々を魅了しています。

休憩地点

大塘村(Tai Tong village)と沙頭村(Sha Tau village)にあるいくつかの村の商店では、ソフトドリンク、ボトルウォーター、ビールなどを販売していますが、週末と祝日にしか営業していません。そのため、十分な量の飲料水と食料を携帯してください。

馬湾(A Ma Wan)

フェリーが東平洲公衆碼頭(Tung Ping Chau Public Pier)に近づくと、馬湾(A Ma Wan)が見えてきて、島のユニークな地質が見えてきます。香港の大半の地域とは異なり、ここの岩石は、約5500万年前に塩分を含んだ湖で堆積したシルト(沈泥)や泥が固まってできた細かい層状の堆積岩です。砂浜には、沿岸海域に生息する60種以上のサンゴの白い骨格が散らばっています。沙頭村(Sha Tau village)には、18世紀半ばに建てられた天后(Tin Hau)「海の女神」寺院があります。

もっと見る...

東平洲(Tung Ping Chau )は香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)の一部であり、島を訪れる方は、環境を保護し、自身の安全を確保するために、ジオパークの安全ガイドラインを遵守する必要があります。ジオパークを訪れる際には、事故を防ぐために、主要な観光ルートから外れたり、崖、露頭、斜面、岩の多い海岸線などの危険な場所の近くをハイキングしたりしてはいけません。ルート上の注意書きをよく読み、天候の変化にも注意してください。ジオパーク内の物を傷つけたり、汚したり、石を取り除いたり、野生動物の邪魔をしたり、傷つけたりしないでください。詳しくは、ジオパークのホームページをご覧ください。

行き方
更樓石(Kang Lau Shek)

島の最東端に位置し、「地形学の博物館」と称されるこの岬は、巨大な本の装丁を地中に埋めたかのように、傾いた平らな岩が並んでいます。触ってみると、古書のページを重ねたような重層的な質感があります。これらの岩石は、1cmごとに100年かけて形成されています。中国名の望楼石(Kang Lau Shek)は、古代の2階建ての望楼に似ていることから名付けられました。海に面した2つの岩塔は、最高のインスタ映えすること間違いなしですが、ロックプールの海洋生物を撮影するのもおすすめです。

もっと見る...
行き方
龍落水(Lung Lok Shui)

この岩の中国名は「龍が水の中に降りてくる」という意味です。龍の背骨である白い珪酸質の岩のジグザグの層は、精密にカットされたような傾いた平らな岩の板の間を通って伸びています:完璧な長方形や三角形に近いものもあります。海に向かって頭を180度回転させると、岩の形や色がまるで巨大な目の錯覚のように変化します。ロックプールの直線と正確な角度は人工物のように見え、藻の糸、色とりどりのカタツムリ、飛び跳ねる魚が、そのデザインを完成させています。

もっと見る...
行き方
斬頸洲(Cham Keng Chau)

海岸線の森の中の舗装された小道を少し歩くと、中国語で「Chopped Neck Island/切断された首」と呼ばれる斬頸洲(Cham Keng Chau)に到着します。何世紀にもわたって、風と波が割れた岩の裂け目を広げたり、深くしたり、狭い通路で切り取られた小さな尖塔が残っていて、海の景色から別の景色へと導いてくれます。

もっと見る...
行き方
長沙湾(Cheung Sha Wan)

この島で最も長いビーチでは、岩から白い砂が広がっています。打ち上げられた珊瑚の白い塊が、ターコイズブルーの海にどれほど多くの海洋生物が生息しているかを示しています。シュノーケリングやダイビングのおすすめスポットです。

もっと見る...
行き方
大塘湾(Tai Tong Wan)

この湾に面した大塘村(Tai Tong village)は、人が去った後、侵食する森に飲み込まれそうになっているようで、古い建物の殻がガジュマルの木の根で絞られています。

ビーチの近くには、賑やかな村の商店があり、中国料理や海鮮の名物料理を提供しています。ウニチャーハン、ザルガイ、イカの唐辛子炒めなど、どれも味の保証付きです。

もっと見る...
行き方

交通

東平洲(Tung Ping Chau )への行き方

MTR大学(Universit)駅から272Kのバスに乗り、最初の停留所である馬料水公衆碼頭( Ma Liu Shui Public Pier)から東平洲(Tung Ping Chau )行きのフェリーに乗るか、駅から埠頭までタクシーで5分。フェリーは、土・日・祝日のみ運航しています。フェリーの所要時間は約1.5時間です。

東平洲(Tung Ping Chau )からの帰り方

同じフェリーで馬料水公衆碼頭( Ma Liu Shui Public Pier)に戻り、272KバスまたはタクシーでMTR大学(Universit)駅に戻ります。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.