話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

古代の遺物

蒲台島(Po Toi Island):絵画のように美しい島で、自然と古代の不思議に触れる

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

香港の最南端にある蒲台島(Po Toi Island)は、人がほとんど住んでいない島ですが、混雑した都会の喧騒から逃れられる絵画のような場所です。奇岩や古代の彫刻、のどかな風景をカメラに収める準備をしてください。3.69平方キロメートルのこの島は、街から小さなフェリーもしくはカイト(街渡)で行くことができ、響螺石(Conch Rock)、パームクリフ(Palm Cliff) 、靈龜石(Tortoise Rocks)など、ごつごつとした、風変わりな名前の海岸の露頭で知られています。また、3,000年以上前の青銅器時代の岩の彫刻が見られることでも知られています。南シナ海の爽快な海岸線を見渡せる3つの交差するハイキングコースを辿れば、簡単に島を探索することができます。

休憩地点

フェリー乗り場の横や大環村(Tai Wan village)にはいくつかのお店があります。ソフトドリンクを購入可能ですが、品切れの場合があるので、スナックや飲み物は持参した方が良いでしょう。

  • 巫氏古宅 (Mo's Old House)

    蒲台(Po Toi)に住む人はほとんどいませんが、「巫氏古宅 (Mo's Old House)」と呼ばれるこの地に最初に住み着いたとされる家族の家が、今でも丘の上にあります。1930年代に建てられたこの老朽化した廃墟には、海賊、誘拐未遂、占領下の日本軍、そしてもちろん名前の由来となった元の所有者、Mo Siu-tongにまつわる興味深い物語があります。現在でも、壁の一部にコンクリート製の小さな花の彫刻があるなど、家の中には莫氏の子孫の面影が残っています。しかし、幽霊が出ると言われているので、あまり長居はしないでくださいね。

    行き方
  • 僧人石(Supine Monk Rock)と靈龜石(Tortoise Rock)

    蒲台(Po Toi)の灯台に向かって、この2つの思索的な露頭を見つけることができます。僧人石(Supine Monk Rock)は、頭を上げて海を眺めている僧侶のようであり、巨大な靈龜石(Tortoise Rock)は、丘を登った後、僧侶の前で休憩しているように見えます。これらの岩の形状は、写真に撮ると創造性のある1枚に仕上がり、インスタ映えすること間違いなしです。

    行き方
  • 南角咀燈塔(Nam Kok Tsui Lighthouse)

    蒲台島(Po Toi Island)の南側には、南角咀燈塔(Nam Kok Tsui Lighthouse)があります。コンクリートでできたブロック状の建物の前の階段に立って写真を撮る人もいますが、建物の後ろに回って、亡くなった人を追悼する漢詩が刻まれた小さなモニュメントの横に立つと、海岸の素晴らしい景色を撮影することができます。

    行き方
  • 佛手岩(Palm Rock)

    道の左下には、仏陀の手の岩とも呼ばれる佛手岩(Palm Rock)があり、指を空に向けて突き出ている。崖の上にあるこの手の形をした岩の隣には、人の頭の形をした岩があり、まるで祈りや瞑想をしている間に時間が止まっているように見えます。この場所は、島の野生動物であるハシビロコウなどを見ながらリラックスするのに最適な場所です。

    行き方
  • 古代の岩の彫刻(Ancient Rock Carvings)

    香港のモニュメントに指定されているこの2つの岩の彫刻は、蒲台島(Po Toi Island)の南西端にある海に向かっている崖の上にあり、3,000年以上前に作られたと考えられています。当時の香港は人口が少なく、小さな島の村や漁場がたくさんありました。1960年代に発見されたこの彫刻は、海の精霊を鎮めるために作られた可能性があり、幅70センチの岩の割れ目を隔てて、2つの異なるモチーフが描かれています。1つは動物や魚の模様を模した線で、もう1つは様々な螺旋が組み合わさったものです。人里離れた岩場に立つと、眼下の岩に打ち付ける波の音を聞きながら、この平和な環境の意味を考えることができます。

    行き方
  • 大湾(Tai Wan)

    蒲台(Po Toi)には約20人の住民しかおらず、そのほとんどが島の南側の湾に面した大湾村(Tai Wan village)に住んでいます。この風変わりな村で、休憩したり、地元の料理を食べたりしてみてはいかがでしょうか。村にはいくつかの店があり、主に海藻や魚の浮き袋、豆や昆布を使った甘いスープなど、限られたメニューを提供しています。トレッキングを始める前に、地元の人たちが「ハイカーの燃料(hiker fuel)」と呼ぶ料理を食べてみるのもいいでしょう。また、地元産の海苔や魚の干物などのお土産を買うこともできます。

    大湾(Tai Wan)には、島内で唯一の公衆トイレがあるので、トイレ休憩には必ず立ち寄ってください。

    行き方
  • 天后廟(Tin Hau Temple)

    天后(海の女神)廟は、地元の漁師や村を守るために島の南西端に建てられました。毎年、旧暦3月23日の天后の誕生日には、広東オペラなどのイベントが開催され、多くの観光客が訪れています。お香が焚かれた寺院の中を自由に見学することができます。また、寺院の外に広がる海岸の風景は、インスタグラムや写真愛好家の方々に、この島で最も印象的な南シナ海のパノラマビューを提供しています。

    行き方
  • 響螺石(Conch Rock)

    最後の隠れた宝石、響螺石(Conch Rock)をお見逃しなく!天后廟(Tin Hau Temple)のすぐ先にあります。コンクリートの小道が滑らかな岩に変わり、歩いていくと巨大な貝の形をした岩の上部が見えてきます。海のそばで不安定な位置にある、ユニークな形の露頭は、見るものを魅了します。

    行き方

交通

蒲台島(Po Toi Island)への行き方

火曜と木曜
香港仔バス(Aberdeen Bus)の終着駅である湖南街(Wu Nam Street)から地下鉄に乗り、香港仔海旁道(Aberdeen Praya Road)の地下道を通って、プロムナードと桟橋に向かいます。蒲台(Po Toi )フェリーターミナルは、香港仔海旁(Aberdeen Praya )の公共船着場の階段と旧ジャンボ・ピア(Jumbo Pier)の中間にあります。蒲台島(Po Toi Island)行きのカイト(街渡)は午前10時に出発します(1日1便)。また、MTR黃竹坑駅(Wong Chuk Hang)から徒歩20分で行くこともできます。香港仔(Aberdeen)から蒲台島(Po Toi Island)までの所要時間は約50分です。

土日・祝祭日
週末や祝日には、香港仔(Aberdeen/アバディーン)から赤柱(Stanley/スタンレー)経由でフェリーに乗るか、香港仔/赤柱ピアから直接向かうことができます。

スタンレー・プラザから、ショッピング・モールを通ってマレー・ハウス(Murray House)に向かってください。蒲台フェリー(Po Toi Ferry)は、赤柱のフブレイク・ピア(Blake Pier)から出発し、所要時間は約30分です。
出発の詳細は、政府のウェブサイトをご確認ください。

蒲台島(Po Toi Island)からの帰り方

火曜と木曜
フェリーは午後3時30分に出発し、出発の30分前、15分前、1分前に警笛で出発を知らせます。座席を確保するために、遅くとも出発の30分前にはフェリー乗り場に到着してください。

土日・祝祭日
週末や祝日には、蒲台島(Po Toi Island)から赤柱(Stanley/スタンレー)行きのフェリーが何本も出ていますが、香港仔(Aberdeen/アバディーン)に戻るフェリーは数本しかありません。

詳細については、政府のウェブサイトをご確認ください。

他のルート

古代の遺物

蒲台島(Po Toi Island):絵画のように美しい島で、自然と古代の不思議に触れる

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

香港の最南端にある蒲台島(Po Toi Island)は、人がほとんど住んでいない島ですが、混雑した都会の喧騒から逃れられる絵画のような場所です。奇岩や古代の彫刻、のどかな風景をカメラに収める準備をしてください。3.69平方キロメートルのこの島は、街から小さなフェリーもしくはカイト(街渡)で行くことができ、響螺石(Conch Rock)、パームクリフ(Palm Cliff) 、靈龜石(Tortoise Rocks)など、ごつごつとした、風変わりな名前の海岸の露頭で知られています。また、3,000年以上前の青銅器時代の岩の彫刻が見られることでも知られています。南シナ海の爽快な海岸線を見渡せる3つの交差するハイキングコースを辿れば、簡単に島を探索することができます。

休憩地点

フェリー乗り場の横や大環村(Tai Wan village)にはいくつかのお店があります。ソフトドリンクを購入可能ですが、品切れの場合があるので、スナックや飲み物は持参した方が良いでしょう。

巫氏古宅 (Mo's Old House)

蒲台(Po Toi)に住む人はほとんどいませんが、「巫氏古宅 (Mo's Old House)」と呼ばれるこの地に最初に住み着いたとされる家族の家が、今でも丘の上にあります。1930年代に建てられたこの老朽化した廃墟には、海賊、誘拐未遂、占領下の日本軍、そしてもちろん名前の由来となった元の所有者、Mo Siu-tongにまつわる興味深い物語があります。現在でも、壁の一部にコンクリート製の小さな花の彫刻があるなど、家の中には莫氏の子孫の面影が残っています。しかし、幽霊が出ると言われているので、あまり長居はしないでくださいね。

もっと見る...
行き方
僧人石(Supine Monk Rock)と靈龜石(Tortoise Rock)

蒲台(Po Toi)の灯台に向かって、この2つの思索的な露頭を見つけることができます。僧人石(Supine Monk Rock)は、頭を上げて海を眺めている僧侶のようであり、巨大な靈龜石(Tortoise Rock)は、丘を登った後、僧侶の前で休憩しているように見えます。これらの岩の形状は、写真に撮ると創造性のある1枚に仕上がり、インスタ映えすること間違いなしです。

もっと見る...
行き方
南角咀燈塔(Nam Kok Tsui Lighthouse)

蒲台島(Po Toi Island)の南側には、南角咀燈塔(Nam Kok Tsui Lighthouse)があります。コンクリートでできたブロック状の建物の前の階段に立って写真を撮る人もいますが、建物の後ろに回って、亡くなった人を追悼する漢詩が刻まれた小さなモニュメントの横に立つと、海岸の素晴らしい景色を撮影することができます。

もっと見る...
行き方
佛手岩(Palm Rock)

道の左下には、仏陀の手の岩とも呼ばれる佛手岩(Palm Rock)があり、指を空に向けて突き出ている。崖の上にあるこの手の形をした岩の隣には、人の頭の形をした岩があり、まるで祈りや瞑想をしている間に時間が止まっているように見えます。この場所は、島の野生動物であるハシビロコウなどを見ながらリラックスするのに最適な場所です。

もっと見る...
行き方
古代の岩の彫刻(Ancient Rock Carvings)

香港のモニュメントに指定されているこの2つの岩の彫刻は、蒲台島(Po Toi Island)の南西端にある海に向かっている崖の上にあり、3,000年以上前に作られたと考えられています。当時の香港は人口が少なく、小さな島の村や漁場がたくさんありました。1960年代に発見されたこの彫刻は、海の精霊を鎮めるために作られた可能性があり、幅70センチの岩の割れ目を隔てて、2つの異なるモチーフが描かれています。1つは動物や魚の模様を模した線で、もう1つは様々な螺旋が組み合わさったものです。人里離れた岩場に立つと、眼下の岩に打ち付ける波の音を聞きながら、この平和な環境の意味を考えることができます。

もっと見る...
行き方
大湾(Tai Wan)

蒲台(Po Toi)には約20人の住民しかおらず、そのほとんどが島の南側の湾に面した大湾村(Tai Wan village)に住んでいます。この風変わりな村で、休憩したり、地元の料理を食べたりしてみてはいかがでしょうか。村にはいくつかの店があり、主に海藻や魚の浮き袋、豆や昆布を使った甘いスープなど、限られたメニューを提供しています。トレッキングを始める前に、地元の人たちが「ハイカーの燃料(hiker fuel)」と呼ぶ料理を食べてみるのもいいでしょう。また、地元産の海苔や魚の干物などのお土産を買うこともできます。

もっと見る...

大湾(Tai Wan)には、島内で唯一の公衆トイレがあるので、トイレ休憩には必ず立ち寄ってください。

行き方
天后廟(Tin Hau Temple)

天后(海の女神)廟は、地元の漁師や村を守るために島の南西端に建てられました。毎年、旧暦3月23日の天后の誕生日には、広東オペラなどのイベントが開催され、多くの観光客が訪れています。お香が焚かれた寺院の中を自由に見学することができます。また、寺院の外に広がる海岸の風景は、インスタグラムや写真愛好家の方々に、この島で最も印象的な南シナ海のパノラマビューを提供しています。

もっと見る...
行き方
響螺石(Conch Rock)

最後の隠れた宝石、響螺石(Conch Rock)をお見逃しなく!天后廟(Tin Hau Temple)のすぐ先にあります。コンクリートの小道が滑らかな岩に変わり、歩いていくと巨大な貝の形をした岩の上部が見えてきます。海のそばで不安定な位置にある、ユニークな形の露頭は、見るものを魅了します。

もっと見る...
行き方

交通

蒲台島(Po Toi Island)への行き方

火曜と木曜
香港仔バス(Aberdeen Bus)の終着駅である湖南街(Wu Nam Street)から地下鉄に乗り、香港仔海旁道(Aberdeen Praya Road)の地下道を通って、プロムナードと桟橋に向かいます。蒲台(Po Toi )フェリーターミナルは、香港仔海旁(Aberdeen Praya )の公共船着場の階段と旧ジャンボ・ピア(Jumbo Pier)の中間にあります。蒲台島(Po Toi Island)行きのカイト(街渡)は午前10時に出発します(1日1便)。また、MTR黃竹坑駅(Wong Chuk Hang)から徒歩20分で行くこともできます。香港仔(Aberdeen)から蒲台島(Po Toi Island)までの所要時間は約50分です。

土日・祝祭日
週末や祝日には、香港仔(Aberdeen/アバディーン)から赤柱(Stanley/スタンレー)経由でフェリーに乗るか、香港仔/赤柱ピアから直接向かうことができます。

スタンレー・プラザから、ショッピング・モールを通ってマレー・ハウス(Murray House)に向かってください。蒲台フェリー(Po Toi Ferry)は、赤柱のフブレイク・ピア(Blake Pier)から出発し、所要時間は約30分です。
出発の詳細は、政府のウェブサイトをご確認ください。

蒲台島(Po Toi Island)からの帰り方

火曜と木曜
フェリーは午後3時30分に出発し、出発の30分前、15分前、1分前に警笛で出発を知らせます。座席を確保するために、遅くとも出発の30分前にはフェリー乗り場に到着してください。

土日・祝祭日
週末や祝日には、蒲台島(Po Toi Island)から赤柱(Stanley/スタンレー)行きのフェリーが何本も出ていますが、香港仔(Aberdeen/アバディーン)に戻るフェリーは数本しかありません。

詳細については、政府のウェブサイトをご確認ください。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.