話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

古代の遺物

坪洲(Peng Chau):古い産業の島にある活気あるアートシーンをご紹介

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

1平方キロメートルにも満たない「平らな島(flat island)」と呼ばれる坪洲(Peng Chau)島は、簡単なハイキング用のトレイルがあったり、リラックスできる場所で、喧騒から離れて、本当の村の生活を味わうことができますが、香港島のビジネス中心地からフェリーで1時間もかかりません。

歴史的な記録によると、清朝(1644年〜1911年)の半ば頃にはペ坪洲(Peng Chau)での商業活動が盛んでしたが、数十年前から時が止まっているような場所があります。小さな島にもかかわらず、古い工場の跡やビーチ、寺院、ストリートアートなど、インスタ映えスポットなどが点在しており、この静かなコミュニティに活気を与えています。

ASMR 坪洲(Peng Chau)

  • 銀洲仔亭(Ngan Chau Tsai Pavilion)

    坪洲(Peng Chau)の一番奥に位置する銀洲仔亭(Ngan Chau Tsai Pavilion)は、地元では「空の端と海の角」と呼ばれています。海抜96メートルの手指山(Finger Hill )をゆっくりと登り、細い道を進んでいくと到着します。島の最東端に位置するこのパビリオンからは、ラマ島、香港島西部、青馬大橋、香港ディズニーランドまで、さまざまな景色を一望できます。

    行き方
  • 龍母廟(Lung Mo Temple)

    龍母(Lung Mo)は中国の水の女神で、海で過ごすことの多い地元の村人たちから昔から崇拝されています。1971年に東湾海灘(Tung Wan Beach)の隣に建築されたこの寺院は、島で最も大きく、内部は金で装飾されています。女神のベッドを触ると、良縁と子宝に恵まれるという伝説があります。

    行き方
  • 天后宮(Tin Hau Temple)

    1792年に建てられた坪洲(Peng Chau)の天后宮(Tin Hau Temple)には、長い歴史があります。海の女神を祀るこの寺院は、香港の歴史的建造物として第2級に認定されていて、寺院内のブロンズの鐘は1700年代のものです。寺の外には、清朝末期に地元の漁師によって建てられた石碑があります。

    行き方
  • 皮工場(Leather Factory)

    坪洲(Peng Chau)のメインストリートにあるFook Yuen Leather Factoryは、島で最も人気のある観光スポットのひとつです。1930年代初頭に建てられたグレード3の歴史的建造物である旧工場は、再生されてカラフルな「秘密の花園」に生まれ変わりました。アーティスティックな落書きや、椅子、ボトル、タイヤなどを使った独創的なインスタレーションがあり、自撮りに最適な背景になります。また、島内に新たに開発されたアートスペースをチェックしたり、陶器工房を訪れて、かつて島で盛んだった陶器作りの様子を垣間見るのもいいかもしれません。

    行き方
  • 永安街と永興街(Wing On Street & Wing Hing Street)

    この島に来たら、新鮮なシーフードを食べないわけにはいきません。フェリー乗り場から歩いてすぐの永安街(Wing On Street )には、茶餐廳(香港の伝統的なカフェ)や小さなレストランがたくさんあります。フェリーで街に戻る前に、揚げエビトースト、アイスクリームパイナップルパン、蒸しエビのもち米添えなど、地元の名物料理をぜひお試しください。永安街と永興街(Wing On Street & Wing Hing Street)には、果物やスナック、水やその他の飲み物のボトルなどを販売している地元の食料品店がたくさんあります。

    行き方
  • 大利島(Tai Lei Island)

    街に戻る前に、夕日を楽しんだり、インスタ映えする写真を撮ったりするのに最適な場所、短い橋で本島とつながっている小島、大利島(Tai Lei Island)をお見逃しなく。ここには小さなビーチがあり、人気の釣りスポットでもあります。

    行き方

交通

坪洲(Peng Chau)への行き方

MTR香港駅からアクセス可能なセントラルピア(Central Pier )No.6からフェリーに乗ります。所要時間は約25~40分です。

坪洲(Peng Chau)からの帰り方

観光の後は、フェリーで中環(Central)に戻ることができます。また、ランタオ島の梅窩(Mui Wo)や芝麻湾(Chi Ma Wan)、長洲(Cheung Chau)へのフェリーに乗って旅を続けることもできます。

他のルート

古代の遺物

坪洲(Peng Chau):古い産業の島にある活気あるアートシーンをご紹介

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

1平方キロメートルにも満たない「平らな島(flat island)」と呼ばれる坪洲(Peng Chau)島は、簡単なハイキング用のトレイルがあったり、リラックスできる場所で、喧騒から離れて、本当の村の生活を味わうことができますが、香港島のビジネス中心地からフェリーで1時間もかかりません。

歴史的な記録によると、清朝(1644年〜1911年)の半ば頃にはペ坪洲(Peng Chau)での商業活動が盛んでしたが、数十年前から時が止まっているような場所があります。小さな島にもかかわらず、古い工場の跡やビーチ、寺院、ストリートアートなど、インスタ映えスポットなどが点在しており、この静かなコミュニティに活気を与えています。

ASMR 坪洲(Peng Chau)

銀洲仔亭(Ngan Chau Tsai Pavilion)

坪洲(Peng Chau)の一番奥に位置する銀洲仔亭(Ngan Chau Tsai Pavilion)は、地元では「空の端と海の角」と呼ばれています。海抜96メートルの手指山(Finger Hill )をゆっくりと登り、細い道を進んでいくと到着します。島の最東端に位置するこのパビリオンからは、ラマ島、香港島西部、青馬大橋、香港ディズニーランドまで、さまざまな景色を一望できます。

もっと見る...
行き方
龍母廟(Lung Mo Temple)

龍母(Lung Mo)は中国の水の女神で、海で過ごすことの多い地元の村人たちから昔から崇拝されています。1971年に東湾海灘(Tung Wan Beach)の隣に建築されたこの寺院は、島で最も大きく、内部は金で装飾されています。女神のベッドを触ると、良縁と子宝に恵まれるという伝説があります。

もっと見る...
行き方
天后宮(Tin Hau Temple)

1792年に建てられた坪洲(Peng Chau)の天后宮(Tin Hau Temple)には、長い歴史があります。海の女神を祀るこの寺院は、香港の歴史的建造物として第2級に認定されていて、寺院内のブロンズの鐘は1700年代のものです。寺の外には、清朝末期に地元の漁師によって建てられた石碑があります。

もっと見る...
行き方
皮工場(Leather Factory)

坪洲(Peng Chau)のメインストリートにあるFook Yuen Leather Factoryは、島で最も人気のある観光スポットのひとつです。1930年代初頭に建てられたグレード3の歴史的建造物である旧工場は、再生されてカラフルな「秘密の花園」に生まれ変わりました。アーティスティックな落書きや、椅子、ボトル、タイヤなどを使った独創的なインスタレーションがあり、自撮りに最適な背景になります。また、島内に新たに開発されたアートスペースをチェックしたり、陶器工房を訪れて、かつて島で盛んだった陶器作りの様子を垣間見るのもいいかもしれません。

もっと見る...
行き方
永安街と永興街(Wing On Street & Wing Hing Street)

この島に来たら、新鮮なシーフードを食べないわけにはいきません。フェリー乗り場から歩いてすぐの永安街(Wing On Street )には、茶餐廳(香港の伝統的なカフェ)や小さなレストランがたくさんあります。フェリーで街に戻る前に、揚げエビトースト、アイスクリームパイナップルパン、蒸しエビのもち米添えなど、地元の名物料理をぜひお試しください。永安街と永興街(Wing On Street & Wing Hing Street)には、果物やスナック、水やその他の飲み物のボトルなどを販売している地元の食料品店がたくさんあります。

もっと見る...
行き方
大利島(Tai Lei Island)

街に戻る前に、夕日を楽しんだり、インスタ映えする写真を撮ったりするのに最適な場所、短い橋で本島とつながっている小島、大利島(Tai Lei Island)をお見逃しなく。ここには小さなビーチがあり、人気の釣りスポットでもあります。

もっと見る...
行き方

交通

坪洲(Peng Chau)への行き方

MTR香港駅からアクセス可能なセントラルピア(Central Pier )No.6からフェリーに乗ります。所要時間は約25~40分です。

坪洲(Peng Chau)からの帰り方

観光の後は、フェリーで中環(Central)に戻ることができます。また、ランタオ島の梅窩(Mui Wo)や芝麻湾(Chi Ma Wan)、長洲(Cheung Chau)へのフェリーに乗って旅を続けることもできます。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.