話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

香港で最もインスタ映えするスポット7か所を写真に撮る

思い出に残る1枚を撮影して、香港の休暇を永遠に!帰宅後に旅の体験をシェアし、思い出を振り返るのにぴったりの写真撮影スポットがたくさんあります。都会と郊外の調和のとれた対比を織りなすこのようなユニークなスポットは、観光客が香港の地元の人々のライフスタイルや文化・伝統をより深く理解するのに役立ちます。復元された歴史的遺構から植民地時代の歴史に思いを馳せたり、近代的で斬新な建築物に関心したり、友好的な地元の近隣地域を訪れたり、緑豊かな熱帯植物の素晴らしい景色を眺めたり、香港ではあらゆる場所でその美しさを見出すことができます。

西九龍文化地区:アバンギャルドな建造物と素晴らしい眺望

西九龍文化地区

西九龍文化地区 は市街の喧騒から離れて一休みできる場所です。広大な緑地と素晴らしい建造物が、香港の象徴的なスカイラインを背景にして組み合わさり、様々なタイプのインスタ仲間を魅了しています。ヨガのポーズをとるフィットネス愛好家、新作の服を着飾るファッションブロガー、ドローンで都市景観の完璧なショットを撮影しようとする写真家、さらには飼い主と一緒にハーバーフロントを駆け回る愛らしいペットなど、カメラにおさめたくなるようなシーンに溢れています。

 

 

大館(Tai Kwun):芸術、文化・伝統が出会う場所

大館(Tai Kwun)

ユニークな歴史的建造物の 大館 は、現在、ヘリテージ&アートセンターとして使われていて、香港で最もインスタ映えする場所の一つでもあります。保護指定建造物に登録された3つの建物 は、旧中環警察署、中環治安官施設、ビクトリア刑務所 で構成された、長く伸びるフォトジェニックな歴史的建造物です。新館JC Contemporary の外観や螺旋階段の写真をとったり、敷地内にある現代芸術センターであなたの創造力を働かせてみましょう。

HKwalls 壁画:市内中心部にあるダイナミックなストリートアート

HKwalls 壁画

HKwalls は芸術振興を目的とした非営利芸術組織で、香港で毎年3月に開催されるストリートアートフェスティバルを主催しています。最近では、地元と各国のアーティストが一緒になり、湾仔の賑やかなエリアの様々な場所に芸術の花を添えました。香港華仁書院の周辺には、ファンキーで未来的な香港を描いたディディエ・ジャバ・マチューの壁画があり、完璧なショットにぴったりです。有名な地元のタトゥーアーティストのリッチ・フィプソンは、オブライエン・ロードのトラム停留所に目を引く龍のグラフィックスを描いています。HKwalls のグラフィティアートは、中環や黄竹坑などのエリアでも見ることができます。壁画を探して、あなたのインスタ のフォロワーをあっと驚かせましょう!

アジア協会香港センター:都会のジャングルが近代史と出会う場所

アジア協会香港センター

アジア協会香港センター がアジア圏の芸術、歴史、文化・伝統の創造の中心地として機能する前、この場所は実はビクトリア兵舎として使われていて、戦争の爆薬が置かれていました。グレードIとグレードIIに指定された歴史的建造物4棟で構成され、ダイナミックでモダンな要素と周囲の緑豊かなジャングルが相まって、あらゆる場所がドラマチックな被写体となります。屋上庭園からは金鐘(海軍本部)のコンクリートジャングルの壮大な景色を望め、昼間の写真撮影にぴったりです。2層構造のヤスモト橋から夕日を見るのをお忘れなく。あなたのシルエットが芸術的な影になるでしょう。

文武廟:歴史的で精神的なお寺

文武廟

文武廟 は香港で最も古い寺院の一つで、現在は保護指定建造物に登録されています。1800年代に建造されたこの寺院には「文」の神である孔子と、「武」の神である関羽が祀られています。中に足を踏み入れると、伝統的で厳かな装飾が施された廟内に天井から吊るされた渦巻線香を見ることができ、厳粛な気持ちで階段を上りながら過去にタイムスリップします。天窓から差し込む光、線香の煙とともに影が揺らめく姿、そして鮮やかな赤と金の装飾。すべての要素が継ぎ目なく組み合わさり、様々な光の加減や角度から、写真を撮りたくなります。文武廟は何よりも信仰の場所なので、フラッシュの使用は控えてください。記念館での撮影は制限されていません。

偉業街行人天橋(歩道橋):香港映画で話題になった興味深いスポット

偉業街行人天橋(歩道橋)

ヒット作の香港映画『恋の紫煙』で使われ人気となった 偉業街行人天橋 (Wai Yip Pedestrian Bridge)は、写真スポットとしては見つけにくいかもしれません。この歩道橋は、映画の男性主人公の名前にちなんで「ジーミン橋」とも呼ばれ、MTRの牛頭角駅B6出口から徒歩でわずか5分のところにあります。この橋は、香港の産業高度成長期にMTRの車両をモデルに建てられました。橋の上では安全に気を付け、この風変りな列車から絶対に腕や足を出さないでください長い窓枠から差し込む日光がピンポール効果を生み出して、橋自体のシンプルな色合いが組み合わさり、いろいろな写真構成が作られます。

大澳:写真映えする村、植民地時代の建築

大澳

香港の全く異なる側面を見たいなら 大澳 に行ってみましょう。ランタオ島にある漁村で、干潟の上に住居が建てられています。

Tai O Heritage Hotel

水上の可愛らしい高床式の家だけでなく、グレードII指定の歴史的建造物を利用した全9室のブティックホテルの大澳ヘリテージホテルも見てみてください。これは、 大澳警察署 として使われていた建物を細心の注意を払って復元したもので、UNESCOら文化遺産保護表彰を受けています。ベランダの窓から望む楽園のような外の景色を撮影したり、太陽が差し込む建物周りの外回廊でダンスを楽しめます。あるいは、村全体にオレンジ色の光が灯り、空がピンク色に染まる夕暮れ時に、恋人とビーチや桟橋でロマンチックな写真撮影を計画してみましょう。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.