話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のショッピングモールやマンション

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Calvin Sit

1966年にオーシャンターミナル(Ocean Terminal)がオープンした時、現在の ハーバーシティ(Harbour City) として知られる、アジア初のエアコンを完備した室内ショッピングモールが誕生しました。オランダ人建築家で、香港の小売複合施設の発展について綴った『Mall City: Hong Kong’s Dreamworlds of Consumption』の著者、ステファン・アル氏は「香港はショッピングモールの都市」と述べています。

 

香港の人口は1950年代に爆発的に増加し、デベロッパーたちは巨大なビルを次々と建て、美麗都大廈(Mirador Mansion)、 香檳大廈(Champagne Court) や、 重慶大廈(Chungking Mansions) といった空想的な名前をつけていきました。上層階がアパートで、下層階がショッピングアーケードでした。とても洗練されているとは言えませんが、これまで家族経営の自営業者に安全な場所を与え続け、香港の華やかなショッピングセンターとは対照的な興味深い存在として存続してきました。

 

今日、このようなモールやマンションには、香港の魅力的な商品や美味しい食べ物など簡素なものから豪華なものまで並び、香港を代表する一面となっています。香港の中でも、最も密度が高くあらゆる種類のショッピングを提供しているのは油麻地(Yau Ma Tei)・尖沙咀 (Tsim Sha Tsui)・旺角(Mong Kok)エリアです。スター フェリー フェリーから旺角(Mong Kok)までの道のりでは、異なる様々なモールやマンションを通っていくことができます。これはもはや単なるストレス発散の買い物ではなく、文化体験といえるのではないでしょう。

 

尖沙咀(TSIM SHA TSUI)のショッピングモールやマンション

ショッピングモールやマンションを巡る旅

まずは定番をチェックしてみましょう。現在、ハーバーシティ(Harbour City)は18.6万㎡にまで広がり、端から端まで少なくとも徒歩15分ほどかかります。450のショップをぶらぶら見て回ったり、60軒のレストランの中から好きなところで食事をしたり、さらには映画を見ることもできます。お金をかけなくても十分楽しめる方法も。オーシャンターミナル(Ocean Terminal)には、ビクトリア・ハーバーの素晴らしい景色が一望できる展望デッキも完備した5階建て拡張部分がオープンしました。西方向に視界を遮るものがないため、香港で夕日を見るのにベストなスポットとなっています。

海防道(Haiphong Road)の巨大なクスノキの下を西の方へ歩いていくと、数年前に完成した新世代のモールが見えてきます。他の都市では、ショッピングモールは広大な土地を占有しますが、スペースが限られた香港では、モールは上へと伸びます。 The ONE は、29階建てで、17~21階にあるビクトリアハーバーを270度見渡せる高級ダイニングを始め、多くのレストランやショップが軒を連ねています。そこからさほど遠くない場所には iSQUARE がそびえ立ちます。この31階建てのビルの中には、街を一望できるテラス席付きのレストランやバーが数店あるほか、他にも多くの飲食店が上層階にが入っています。

地面から遠く離れて

このようにショッピングモールが縦に伸びたことで、いくつかのイノベーションが進みました。「モールは地下深くまで根を延ばして地下鉄まで届き、さらにスカイブリッジ網で他のモールともつながったのです」とステファン・アルは彼の著書に書いています。旺角(Mong Kok)の中心的存在となった 朗豪坊(Langham Place) についても当てはまります。4階に上がると、カフェでいっぱいの巨大なガラスのアトリウムが登場し、それを目がくらみそうな全長83メートルの「エクスプレスカレーター」が横断していて、さらに5階分上がることができます。そこから、9階から12階へと伸びるらせん型のアーケード「The Spiral」へと探索できます。

K11 Musea
現時點(In's Point)

ニッチなコレクション

モールには他にもイノベーションされたところがあります。まばゆいばかりの K11 MUSEA 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、メガワット級の高級品店や旅行気分で様々な料理が楽しめるダイニング、美術館レベルのアートコレクションが有名で、そのすべてはビクトリアハーバーの波止場近くの印象的な建築空間の中にあります。尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にある系列モール、 K11 Art Mall 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る にも定期的な文化行事やアート展示をするスペースがあります。意図したものか否かは別として、他のモールもテーマがあります。旺角(Mong Kok)にある The Forest 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、スポーツウェアやランニングシューズの専門モール。 現時點(In's Point) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、ビンテージのコレクションが見つかるところです。 旺角中心(Argyle Centre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る には、若者がストリートファッションの最新トレンドをチェックするために訪れます。

ミステリアスなマンションへ潜入

大型ビルの内部にはカラフルで幅広いジャンルの小さなお店が立ち並び、ちょっと不思議なテナントやお客さんもいます。尖沙咀(Tsim Sha Tsui)は特にこのような場所がいくつもあります。そのようなショッピングアーケードにたどり着くまでさほど歩く必要はありません。例えば、Daily Houseは、並木のある海防道(Haiphong Road)とバーやレストランの多い亜士厘道(アシュレー・ロード)のを結ぶ通りにあります。

香檳大廈(Champagne Court)

無限の驚きに出会う

他にはそれ自体が目的地となるところも。香檳大廈(Champagne Court)にはビンテージカメラのショップがいくつもあることで知られており、またトマトスープとノスタルジックな雰囲気が楽しめる1960年代の星座冰室(Star Cafe)も人気です。いくつものゲストハウスがひしめき合うこともあり、重慶大厦(Chungking Mansions)は1つの建物内に世界中のものが詰め込まれており、地上階のスナックバーでは香港一のチャイやサモサを楽しむことができます。金巴厘道(Kimberley Road)にある、 永利大廈(Wing Lee Building) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る のショッピングアーケードへ行くと、気取らない雰囲気の地上階と上層階には緑豊かなテラスを擁する老舗の韓国料理レストラン、石牆道(Dol Dam Gil)があります。香港のショッピングモールやマンションはこのような驚きで溢れています。


この記事に含まれる情報は、予告なく変更される場合があります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、第三者の商品およびサービスの品質や目的適合性について、いかなる責任も負いません。また、この記事に含まれるすべての情報の正確性、妥当性、信頼性について、いかなる表明・保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.