話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

西区(Western District) - 香港通のおすすめ情報

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Harold de Puymorin
西区(Western District) - 香港通のおすすめ情報

西区(Western District)は、香港の都市開発の縮図です。大英帝国時代の名残を探し、伝統工芸の工房でお土産を買い、寿司店で一流の味を楽しみましょう。西区(Western District)では、時代の流れと幅広い文化を経験できます。

まずは特におすすめのスポットをご紹介します。


西環鐘声泳棚(Sai Wan Swimming Shed)

西環鐘声泳棚(Sai Wan Swimming Shed) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

堅尼地城(Kennedy Town)の域多利道(Victoria Road)の外れにある急な階段を下りると、緑色の小屋があります。もともと約50年前に、海水浴客のために建てられた泳棚(更衣所)です。香港に現存するものはこれが最後と言われており、今でもわずかながら昔気質の人たちが、海に飛び込む前にここを利用しています。しかし今では、だれもが知る香港有数の夕日の名所になっています。

德記潮州菜館(Tak Kee Chiu Chow Restaurant)

德記潮州菜館(Tak Kee Chiu Chow Restaurant) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

德記は、開業から数十年になる堅尼地城(Kennedy Town)の料理店です。潮州出身者の間では、一族の集まりで本物の味が楽しめる店として人気があります。明るく照らされた店内は騒々しく、内装には飾り気がありませんが、集まってくるお客さんの目的はとにかく料理です。メニューは豊富で、おすすめの品が壁に貼り出されていますから、中国語の読める人が一緒にいるとよいでしょう。肉の蒸し煮料理を頼めば、外れはありません。特にアヒルがおすすめです。牡蠣入りのお好み焼き(カ仔煎)や、アヒル肉の唐揚げのタロ芋ピューレ添えも間違いないでしょう。冒険好きの方には、変わったメニューもたくさんあります。

Ping Pong Gintoneria

Ping Pong Gintoneria

Ping Pong Gintoneria 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、西営盤(Sai Ying Pun)の最先端の顔をよく表わしています。深紅のドアを開けて中に入ると、かつて卓球場だった地階に、本格的なバーがあります。内装は、モダンインダストリアル・シックの見本のようなデザインで、打放しコンクリートの床と柱、高い天井、ネオンサイン、尖った現代アート作品に囲まれています。ワインやビールもあり、おつまみのタパスもありますが、ここに来たなら飲むべきものは、やはりジンです。他所では決して見られない逸品やスペシャルボトルを、豊富に取りそろえています。

Okra Bar

Okra Bar

Okra Bar 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る の入り口は、瞬きをしただけですぐ見落としてしまうかもしれません。この寿司店は西営盤(Sai Ying Pun)の奥まった場所に、ひっそりと隠れています。白いタイル張りの簡素なカウンターに、わずか8席しかない店内では、オーナーの Max Levy さんが、自分だけのために握ってくれているような気分が味わえます。メニューは日替わりの「おまかせ」のみ。普通は前菜5品、極上の季節の寿司10貫、椀物など2品、デザートです。熟成した魚を使った寿司が有名で、飲み物には希少銘柄の日本酒もそろえています。席はすべて予約制。

 徳昌森記蒸籠(Tuck Chong Sum Kee Bamboo Steamer Company)

徳昌森記蒸籠(Tuck Chong Sum Kee Bamboo Steamer Company) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

点心といって思い浮かべるのは、蒸籠で蒸し上げたおいしい料理でしょう。実は現在、蒸籠の大半は中国本土で工場生産されています。しかし、香港島には今も1軒だけ、蒸籠とあわせて様々な竹細工の製造を手作りで続ける工房が残っています。香港の多く工房と同じように、ここも廃業の危機に瀕していましたが、地元の職人技への関心が改めて高まり、家族で営むこの傑出した会社に一気に注目が集まるようになりました。蒸籠は旅の記念や贈り物に最適です。工房では特注品も受け付けています。


この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。

 

香港政府観光局は、第三者の製品およびサービスの品質または目的適合性に関する責任を負いません。また、ここに含まれている情報の正確性、妥当性、信頼性についての表明または保証は行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.