話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

スター・アトラクション: シャムスイポー(深水埗)の良いとこ取り

Time Out Hong Kong
  • Written by Time Out Hong Kong
おすすめルート

シャムスイポーは、食べて、見て、買って、試したいものがたくさんある、バラエティに富んだ地区です。時間があまりなければ、特におすすめの見どころを1日で見られるように作られた、このハイライトルートをたどってみましょう。シャムスイポー(深水埗)を1番愛して知り抜いている地元の人たちがすすめるこの簡単な徒歩ツアーなら、歴史的建物から創造的なデザインショップまで、あるいはにぎわうショッピングストリートから人気の高いレストランまで、シャムスイポーのさまざまな面を見ることができます。楽しいツアーを!


公和荳品廠(Kung Wo Beancurd Factory)

Stop 1: 公和荳品廠(Kung Wo Beancurd Factory)

Kung Wo Beancurd Factory(公和荳品廠) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、1960年からシャムスイポーで営業。この昔気質の店はさまざまな大豆製品を扱っており、長年人気を集めています。名物の豆腐プリンは絹のようになめらかで、芳醇な大豆の味がします。油揚げ、厚揚げ、自家製砂糖抜きの豆乳も試す価値ありです。

福榮街(Fuk Wing Street、玩具街)

福榮街(Fuk Wing Street、玩具街) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

玩具街としても知られるこの場所は、子どもの玩具、手頃な値段の文房具、模造品、パーティーグッズを探す人にとっては必見。宝の山のような店が30以上あり、子どもも大人も掘り出し物を探す悦びが味わえます。どこから始めたらよいかわからない人は、「Wong Kee Flea Market」、あらゆる種類の珍しい玩具を売っています。

Doughnut

Stop 3: Doughnut

人気が急上昇中の、地元デザイナーによるリュックサックのブランド。オンラインストアとして始まった Doughnut(ドーナツ) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、2013年にシャムスイポーで開店しました。以来、成長を続け、今では香港中に数店舗を開いています。可愛いリュックや流行の先端を行く旅行鞄は、カラーやサイズが豊富。アウトドアでの冒険にも、ファッショナブルに見せたい時にもぴったりです。

坤記糕品(Kwan Kee Store)

Stop 4:  坤記糕品(Kwan Kee Store) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

地元の人たちはここに、自家製デザート目当てでやって来ます。ミシュランのストリートフードガイドにも載っているこの店で1番有名なのは、砵仔糕(プッチャイコー)と呼ばれるボウルに流し込んだプディングケーキ。白砂糖もしくは黒砂糖で作られ、ところどころに小豆が入っています。他にも、倫教糕(もち米蒸しパン)や芝麻卷(香港式胡麻巻き)など、昔ながらのお菓子が食べられます。

鴨寮街(Apliu Street)

Stop 5:  鴨寮街(Apliu Street) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

このにぎやかな通りには、あらゆる種類の電子機器を扱う店や屋台が並んでいます。最新のモバイルフォンのアクセサリーから年代物のタイプライターや家電製品まで、ここではどんな掘り出し物があるかわかりません。ここでは、「オーディオ・スペース」を覗くのをお忘れなく。ここは高性能のオーディオ製品だけでなく、2002年、アンディ・ラウとトニー・レオンが出演した香港の名作スリラー映画 『インファナル・アフェア』 に登場したことでも有名です。

三太子宮と北帝廟(Sam Tai Tsz & Pak Tai Temple)

Stop 6:  三太子宮と北帝廟(Sam Tai Tsz & Pak Tai Temple) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

同じ敷地にある2つの寺のうち三太子宮は、1898年にシャムスイポーで致死的な疾病のペストが大流行した際、客家移民がその守り神である三太子を祀るために建てたものです。緻密な装飾が施されたこの寺には、清王朝(1644~1911年)後期の文化的遺物が保存されており、第2級歴史的建造物に指定されています。この素晴らしい寺を見学した後は、お隣の北帝廟へどうぞ。こちらは1920年に玄武帝(北帝)を祀るために、地元の漁師たちによって建てられたもので、第3級歴史的建造物に指定されています。

汝州街(Yu Chau Street、ビーズ街)

Stop 7:  汝州街(Yu Chau Street、ビーズ街) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

ビーズ街という名でも知られる汝州街は、ビーズや手芸用品なら何でも見つかる場所。ここの店はどこも、手作りのアクセサリー、スマートフォンのデコレーションやジェルネイルに使える、木、プラスチック、ガラスなどあらゆる種類のビーズがそろっています。どこに行くか迷うなら、まずはMei Tat Hongがおすすめ。 ビーズ、ボタン、リボン、そして高級スワロフスキーの高級クリスタルまで、品ぞろえが豊富です。もう1つおすすめの店は、Mee Ngai Wah。特に純銀製の、手頃な値段の模造宝石の専門店です。

基隆街(Ki Lung Street、ボタン通り)

Stop 8:  基隆街(Ki Lung Street、ボタン通り) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

基隆街には、さまざまな洋服の留め具を扱う卸商が多く、ボタン通りとも呼ばれています。ここにはボタン、ジッパー、バックルなどの他に、既製服や、多様な生地の店も。じつは基隆街は、地元のデザイナーたちがよく行く生地市場でもあるのです。生地を買いたい場合は、ほとんどの屋台は朝早くから始まり、土日は閉まるのをお忘れなく。

大南街(Tai Nan Street)

Stop 9: Brothers Leathercraft (Tai Nan Street) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

香港で工業が最も盛んだった頃、大南街には革、生地、アクセサリーの生産工場がたくさんありました。現在、その時代の小売店で残っているのは、ほんのひと握り。その1つLuen Cheong Leather Hong Kongは1948年創業、地元の野菜で染めた牛革を専門に扱っています。近年、この通りにはAlri Star Leather FactoryやBrothers Leathercraftなど、第二世代の職人らが移り住み、質の良い皮革を販売したり、ワークショップを開いて、熱心な職人に自分だけの革製品を作る方法を教えたりしています。

北河街(Pei Ho Street)

Stop 10:  北河街(Pei Ho Street) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

この活気あふれる青空市場は、素顔のシャムスイポーを覗くには絶好の場所。通りの両脇には、新鮮な果物、野菜、肉、その他あらゆる日常必需品をを売る店や屋台が並んでいます。軽食の屋台も多いので、品物を物色しながら、すばやくお腹を満たすこともできます。

合益泰小食(Hop Yik Tai)

Stop 11:  合益泰小食(Hop Yik Tai) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

毎朝作られるこの腸粉(チョンファン、米から作る点心)は信じがたいほどなめらかで、甘いソース、胡麻ソース、大豆ソースによく合います。この素朴なおやつはわずか数ドル、ミシュランガイドもお勧め。いつも行列ができているのも納得です。

黄金電脳商場(Golden Computer Centre and Arcade)

Stop 12:  黄金電脳商場(Golden Computer Centre and Arcade) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

1970年代にファッションの卸売センターだったこの場所は、今ではゲーマーの聖地に生まれ変わりました。1階と地下を占める黄金電脳商場には、最新のギア、ゲーム、ガジェットを扱う店が迷路のような場所に所狭しと並んでいます。価格は店によってちがうので、買う前に複数の店を回って値段を比べましょう。

 


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.