話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

九龍城(Kowloon City)のリトルタイランド(Little Thailand)

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Nicolas Petit

4月中旬に九龍城(Kowloon City)を訪れるなら、雨具を持参した方がいいでしょう。濡れて歩くのが好きならば話は別ですが…。4月は、タイの旧正月ソンクラーンがあります。人々が集まり、水を掛け合ってはしゃぎ回ります。毎年、何千人もが参加するパレードが行われ、九龍城(Kowloon City)のリトルタイの通りを練り歩き、最後に水浸しになった地元の広場に到着すると、興奮は最高潮に達します。

 

ソンクラーンの時期でもそうでなくても、リトルタイはいつでも冒険の街です。衙前園道(Nga Tsin Wai Road)の東側数ブロックと、そこに交差するいくつかの通りからなる、このユニークなスポットは、数十年前に形成されましたが、その起源は驚くべきものです。タイのものと中国のものが、少しずつ混ざっているのです。

LM Thai Supplier

おそらくそれが分かるのが、城南道(South Wall Road)でしょう。ここにある店舗では、タイの仏壇と中国風の祭壇を両方扱っているのです。「どちらも目的は同じですから、一方だけにこだわる必要はないでしょう」と、 LM Thai Supplier 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る の店員は話します。この会社では、金の仏像も、歓喜天の小像も、種々の仏画・神像も扱っています。香港の他の地区でよく見かけるお供え物は、かんきつ類ですが、ここの祭壇の前に置かれているものは、もっと華やかです。ファンタ オレンジの鮮やかなボトルや、タイの七色のお菓子が並んでいます。

リトルタイは、広東省東部の潮山地域にルーツを持つ潮州移民のコミュニティーと、その起源が相互に絡み合っています。20世紀初頭、潮州人が多数タイに移住し、地元のタイ人と結婚してその一族に連なったことで、両者の食べ物や文化、伝統が融合しました。この融合を実際に体験するには、 Thai Sik Mei Ji がよいでしょう。南角道(Nam Kok Road )にあるこのレストランでは、タイ風スパイスと潮州料理を融合した牡蠣オムレツや、揚げピータンなどを味わうことができます。

 

1970年代、こうしたタイ系華僑が好景気に沸く香港に大勢移り住み、潮州出身者の多い九龍城砦(Kowloon Walled City)からほど近いこの地区に、集まるようになりました。1990年代に入ると、こうして急成長しつつあったコミュニティに、中環(Central)の再開発で事業の立ち退きを迫られたタイ人が、さらに加わりました。

 

リトルタイランドの旅は、 九龍城街市(Kowloon City Market) にある熟食中心(Cooked Food Centre)からはじめましょう。亞潘泰國菜(Amporn Thai Food)で豚のほほ肉のグリルや、スパイシーなラープサラダ、定番のタイカレーを注文すれば、間違いはありません。「香港の人たちはあまり辛くない料理が好みですが、ご注文があれば、お好みの辛さに調整します」と教えてくれたのは、店のオーナー Wong さんです。Wong さんは30年前に地元の男性と結婚して、香港に移住しました。

城南道

デザートを食べたいときは、城南道を数ブロック歩くと、カノム・ワーンというお菓子を発泡スチロール製の容器に入れて山のように積んだお店が、たくさんあります。ココナッツクリームとゼリーが層になったものもあれば、もち米をベースにしたものもあります。よく使われる材料の1つがパンダンです。魅惑的で香りが良いという以上、その風味はどうにも説明のしようがありません。それを使っているのが、パンダンケーキです。このケーキは必ず9層になっています。9はタイと中国のどちらの文化でもラッキーナンバーだからです。

城南道を少し進むと、 同心泰国雑貨(Ruamjai Thai Grocery) があります。この店では毎週、新鮮なランやジャスミン、カーネーションを輸入して、家庭の祭壇に飾る色鮮やかな花輪を作っています。他にも、マクアプロ(緑の丸ナス)や、バードアイ(タイ唐辛子)、バジルやディルのようなタイで一般的なハーブ、顔をしかめるほどすっぱいマファイ(ビルマグレープ)のような果物など、様々な品物を扱っています。ある店員さんは「うちの店では、中国人でも食べたがらない果物も扱ってますよ」と、自慢げに話してくれました。

 

通りに並ぶ食料品店の多くでは、家庭用のカレールーを売っています。出来合いのカレーをポリ袋に入れてもらい、家で温めてご飯にかけて食べることもできます。リトルタイランドを家に持ち帰るようなものです。


この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。

香港政府観光局は、第三者の製品およびサービスの品質または目的適合性に関する責任を負いません。また、ここに含まれている情報の正確性、妥当性、信頼性についての表明または保証は行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.