話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

なくてはならない5つの香港ブランド

Time Out Hong Kong
  • Written by Time Out Hong Kong
なくてはならない5つの香港ブランド

かつての香港は、世界中に「Made in Hong Kong」という高品質の証をとどろかせた最強の生産地でした。1980年代に生産コストが増大し、多くの企業が生産拠点を香港以外に移さざるを得なくなりましたが、いくつかの製品は、今もなお誇りをもって香港で作られています。カメラから万能薬まで、愛されている香港製の品々をいくつかご紹介します。

 


キャメルの魔法瓶

キャメルの魔法瓶

1940年に設立されたキャメルは、香港製造業の黄金時代における技術革新の生き証人です。このブランドは、魔法瓶のパイオニアになったモデル147によって、最もよく知られています。このモデルの特徴は、フラスコ本体を強化するために、外側に水平に走る1本の 溝と、側面に垂直の凹凸が施されていることです。 この魔法瓶は、実用的なだけでなく、花柄や明るい エナメルの色調で表面加工されているものが多く、 見た目にも魅力的です。キャメルは、設立75周年以降、賢いリブランド戦略によって人気を回復しました。時の試練を真に乗り越えられるブランドとして認知されたのです。

利工民の下着

利工民の下着

かつての香港は、強力な繊維製造業を誇りにしていました。この業界は数十年間衰退し続けてきましたが、一握りの企業は存続しており、香港に偉大な繊維製造業があったことを思い出させてくれます。その1つが 利工民織造廠有限公司(Lee Kung Man Knitting Factory (HK) Ltd) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る です。金の鹿と蝉を商標とした織布の下着で知られています。この会社には95年の歴史があります。広東で設立されましたが、その製品のほとんどは香港で生産されてきました。香港では、労働者からブルース・リーまで、皆がこの下着を着ていたのです。今日も、利工民は九龍にある工場で、その簡素だが丈夫な肌着とシャツを作り続けています。

念慈菴枇杷膏(Nin Jiom Pei Pai Kao)

念慈菴枇杷膏(Nin Jiom Pei Pai Kao)

1946年に設立された念慈菴(Nin Jiom)は、香港で最も評価の高い漢方薬製造企業のひとつです。念慈菴の製品では、枇杷膏(Pei Pa Kao)が一番知られています。これは糖蜜のようなシロップ薬であり、咳を抑え喉の痛みを和らげます。この薬の製法は、はるか清朝の時代(1644~1911年)に遡りますが、その人気は以降高まる一方で、海外でも人気です。最近ではこの薬の需要がニューヨークでも急増しました。昔ながらのガラス瓶に入ったものが変わらず好まれていますが、1回分を小袋に分けたものや、薬草を使ったのど飴など、最近の新製品も愛されています。

バンボア・ホーム(Bamboa Home)

バンボア・ホーム(Bamboa Home)

より新しい地元のブランドでは、バンボア・ホーム(Bamboa Home)をお勧めします。アレルギーを起こしやすい方や、環境にやさしい製品を自宅に揃えたい方は、バンボア・ホームだけですべての必要を満たせます。バンボア・ホームは、地元で育てられた竹から製品を作っています。そう、香港の建築現場で足場に使われている竹です。バンボア・ホームは、食器、タオル、寝具も竹から作っています。竹には農薬は使われず、自然に分解されることが保証されています。環境を損なわないことが約束されているのです。竹の寝具は刺激が少なく、敏感肌の方に最適です。バンボア・ホームの製品は、生活用品に限りません。バンボア・ホームは、ハンドバッグ、 ロンダバッグ、さらにはサングラスなど、竹製の一風変わったアクセサリーも提供しています。

ホルガカメラ(Holga Camera)

ホルガカメラ(Holga Camera)

画像にうるさい通好みの中で一時流行したホルガカメラ(Holga Camera)が香港製であることを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。このプラスチック製の中判カメラは、1980年代に李定武(Lee Ting-mo)により開発され、手ごろな価格で人気になりました。このカメラは、芸術的に歪んだ写真を撮れることで知られています。またロモグラーフィシェ株式会社(通称:ロモグラフィー)によって取り上げられた後、熱狂的な追随者たちが現れました。ホルガカメラは、壊れやすい玩具のような形と機能ですが、長年にわたって重要な存在であり続けてきました。2007年には、ザ・ホワイト・ストライプスと共同開発した製品を発売し、3年前にはデジタルカメラも発売しています(なお、ザ・ホワイト・ストライプスは、これも香港製のカメラであるダイアナのレプリカの発売にも携わりました)。


この記事に含まれる情報は、予告なく変更される場合があります。ご質問は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、第三者の商品およびサービスの品質や目的への適合性について、いかなる責任も負いません。また、この記事に含まれるすべての情報の正確性、妥当性、信頼性について、いかなる表明や保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.