話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

元朗(Yuen Long)の静けさを求めて

 LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Jeremy Cheung

香港にあるのは、きらびやかな超高層ビルや、高級ショッピングモールだけではありません。 屏山文物径(Ping Shan Heritage Trail) は、香港のまったく異なる一面を見せてくれます。トレイルコースとしては香港で初めて作られたこの道は、坑尾村(Hang Mei Tsuen)から坑頭村(Hang Tau Tsuen)、上璋囲(Sheung Cheung Wai)の低層住宅地を約1.6キロメートルにわたって縫うように走り、この地域が香港の歴史に持つ重要性を、はっきりと教えてくれます。

 

道沿いをゆっくり歩くと、保存状態の良い祠堂(先祖の霊廟)や寺院、中庭のある家が並んでいます。これらは、12世紀にこの地に住み着いたと考えられる鄧族が建てたものです。長年この元朗(Yuen Long)に住んでいるTangさんは、こうした歴史遺産について、次のように語っています。「こうしたものは、香港の古い村の文化や、古代の建築構造、信仰の伝統を振り返って理解するのに役立ち、またノスタルジックな雰囲気をかもしだしていると思います。」

 

屏山(Ping Shan)を訪れる人のほとんどは、MTRに乗り、天水囲駅(Tin Shui Wai Station)で下車します。最初に立ち寄るのは、聚星楼(Tsui Sing Lau Pagoda)です。明代(1368~1644年)に建てられた簡素で優雅な建物で、この種の楼台としては香港で唯一のものです。さらにここから村を抜ける道を通り、瓦屋根と陶器の置物が特徴的な、灰色レンガの歴史ある建物に向かいます。

 

覲廷書室(Kun Ting Study Hall)と仁敦岡書室(Yan Tun Kong Study Hall)も通り過ぎ、築700年の印象的な鄧松嶺祠堂(Tang Ancestral Hall)、築500年の愈喬二公祠(Yu Kiu Ancestral Hall)、寺院や中庭のある家、村の井戸の脇をゆっくりと歩きます。屏山(Ping Shan)では、現代的な日常生活が伝統と共存しています。箱型のアパートが、歴史的記念物の隣にびっしりと立ち並び、子供たちは、祖父母が丹念に手入れした庭を自転車で走り抜けます。

Ping Shan Tang Clan Gallery cum Heritage Trail Visitors Centre

道を最後まで進むとたどり着くのが、村を見渡す丘の上に建つ、植民地時代の白い建物です。かつて警察本部が置かれたこの建物は、現在、屏山鄧族文物館暨文物径(Ping Shan Tang Clan Gallery cum Heritage Trail)になっています。暑い日には、エアコンのさわやかな風に吹かれつつ、規模は小さいながら深い洞察に裏付けられた展示を見学すれば、鄧族(香港に最初に移住した五大氏族の1つ)と屏山(Ping Shan)の発展の歴史について、その概要を学ぶことができます。屋外に出ると、周囲の丘や墓所、そしてよく晴れた日には、遠く中環(Central)のきらめく高層ビル群まで、素晴らしいパノラマを見ることができます。

Ping Shan Tin Shui Wai Library

さて、そろそろお腹も空く頃でしょう。うれしいことに、人気の 華嫂冰室(Mrs Tang Cafe) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、栄養補給にぴったりの場所にあります。これでお腹がふくれたら、天水囲駅(Tin Shui Wai station)まで戻るのはあと少しです。途中で、 屏山天水囲公共図書館(Ping Shan Tin Shui Wai Library) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る に立ち寄り(駅の手前で最も高いビルなので、見逃すことはありません)、この地域の伝統を反映した、落ち着きがありつつ印象的な、現代版風水デザインを見てみましょう。天水囲(Tin Shui Wai)から2駅で、次の目的地の元朗(Yuen Long)です。

かつてボードゲーム「モノポリー」の香港版で、元朗(Yuen Long)は地価が一番安い場所の1つでした。今はそうでないかもしれませんが、現在でもこの地域は、市内のほとんどと比較して、広い間取りの家が手頃な価格で手に入ります。素朴で控え目なこの街の目印は、軽便鉄道と、屋台、のんびりとした雰囲気、そして世界的な小売チェーンではなく地元の商店です。

 

MTRの元朗駅(Yuen Long Station)を出て、5分ほどのんびり歩くと、又新街(Yau San Street)に着きます。このゆったりと曲がりくねった通りには、アヒル料理やワンタン麺のレストラン、ラーメン店、老舗の焼き菓子店が軒を連ねています。人気の恒香老餅家(Hang Heung Cake Shop)働くWongさんは、こう話します。「私は生まれてからずっとここに住んでいて、天水囲(Tin Shui Wai)から軽便鉄道で通勤しています。私にとって、ここは食べ物がおいしい地域です。この2つの通り(又新街と阜財街(Fau Tsoi Street))には、食べてみたいものがたくさんあります。」

Tung Yick Market,

道なりに進んで、「元朗賽馬会広場(town square」を過ぎたところにあるのが、 同益街市(Tung Yick Market) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る です。ここでは今でも、多くが路面に店を構えています。香港の市場の喧騒が好きな人ならば、こうして開け放たれた店先に新鮮な肉や米、季節の果物や野菜が並び、年配の女性たちがじっくりと品定めをする様子を見て回るのも、楽しいでしょう。

大棠路(Tai Tong Road)には、 老馮茶居(Old Fung Tea House) があります。この魅力的な茶館は、壁と床が1950年代のタイル張り、昔ながらの壁のメニューと裸電球の照明のある、年代物の建物です。ここは蒸してたての点心と、飲み放題のプーアール茶が有名で、子供や年配の夫婦、職人たちが、入れ替わり立ち替わり訪れます。混雑時や休日には長蛇の列ができますが、終日営業(午後11時閉店)しているので、食事時を避けて店を訪れれば、座席でゆっくり食事を楽しめます。珍しい内装や人間観察も、料理と同じくらい楽しめます。


この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、第三者の製品およびサービスの品質または目的適合性に関する責任を負いません。また、ここに含まれている情報の正確性、妥当性、信頼性についての表明または保証は行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.