話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

屯門(Tuen Mun) - 香港通のおすすめ情報

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Calvin Sit
屯門(Tuen Mun) - 香港通のおすすめ情報

香港のなかでもへんぴな海岸にあるという立地が、むしろ屯門(Tuen Mun)の魅力です。都心ではできない体験が、たくさん見つかるからです。見事な夕日や、静寂な僧院、そしてもちろん、とびきり新鮮な魚介類もあります。

まずは特におすすめのスポットをご紹介します。


Crossroads Village(クロスロードビレッジ)

Crossroads Village(クロスロードビレッジ)

慈善団体の 国際十字路会(Crossroads Foundation) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る が運営するこの複合施設は、香港にいくつかあるこうしたスポットの1つです。その中のGlobal Handcrafts(グローバルハンドクラフト)には、世界中の職人が技をふるったフェアトレード製品が集められ、その品揃えは、チリの粘土製オカリナやベツレヘムの木彫品、エチオピア産のコーヒー豆など、驚くほど多彩です。その次は、絲綢之路珈琲室(The Silk Road Cafe)でくつろぎましょう。フェアトレード製品の飲み物(ホット/コールド)や軽食を幅広く取りそろえています。マサラチャイがおすすめです。

妙法寺(Miu Fat Buddhist Monastery)

妙法寺(Miu Fat Buddhist Monastery) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

妙法寺は、2つの全く異なる世界を1つにしたかのような寺院です。3階建ての萬佛殿(Ten Thousand Buddhas Hall)は、正面が鮮やかな朱色に塗られ、柱に2頭の巨大な龍が絡みつき、象の石像と一対の獅子像とともに、参詣者の目を奪います。その中にある本堂には、金色に輝く巨大な4体の釈迦如来像が安置され、壁は数千体の仏陀の浮き彫りで飾られています。これが萬佛殿という名前の由来になっています。これに対して、その隣にある妙法寺の本殿はまったく様子が異なります。ガラスとコンクリートでできた現代的な建物は、最上階部分に巨大な蓮の形をしたホールがあり、そこから屯門(Tuen Mun)の素晴らしい景色を見渡すことができます。

清山塾(Casphalt)

清山塾(Casphalt)

清涼法苑(Ching Leung Nunnery)が運営していた幼稚園の跡地にある 清山塾(Casphalt) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、午後の一刻をのんびりと過ごせる場所です。「学習・創造・文化交流」の奨励を目的に作られたこの魅力的なスペースには、ベジタリアンカフェや、書店、美しい中庭、アートスペースがあり、展覧会や、ワークショップ、専門家の講演が定期的に開催されています(これまでの例としては書道や瞑想など)。清山塾の椅子に座り、自家製の七色の野菜パイと淹れたてのお茶を楽しみながら、外から聞こえてくる様々な野鳥の鳴き声に耳を傾ければ、都市生活のストレスも消え去るでしょう。

源 · 区(T · PARK)

源 · 区(T · PARK)

汚泥処理施設はあまり魅力的な場所に思えないでしょうが、 源 · 区(T · PARK) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る にあるのは、専門的な機械や設備だけではありません。このプラント(この種のものとしては香港で初めて)の主な目的は、廃棄物をエネルギーに変換することですが、この最先端の設備には、水鳥の保護区や、美しい庭園、環境教育センター、セルフサービスのカフェ、后海湾(Deep Bay )を見渡す素晴らしい眺望があり、さらに温度が異なる4つの温水プールでは、汚泥処理で生じたエネルギーで水を温めています。入場は無料ですが、予約が必要です。ガイドツアーや温水プール教室は、オンラインでこちらから予約できます。

容龍海鮮酒家(Dragon Inn Seafood Restaurant)

容龍海鮮酒家(Dragon Inn Seafood Restaurant)

三聖墟海鮮市場(Sam Shing Hui Seafood Market)の場内やその周辺には、シーフードレストランが数多くありますが、その喧騒から離れたところに1軒、何十年も前から地元の人々を引きつけてきた店があります。かつてはレジャー施設があり、映画のロケ地によく使われた茶館や遊技場もあったその場所は、1989年に 容龍海鮮酒家(Dragon Inn Seafood Restaurant) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る に生まれ変わり、ミシュランお勧めレストランとなって、ついに以前の名声を取り戻しました。多くの常連客が、海鮮市場で自ら選んだ魚を車に積んで酒家に持込み、魔法の技で調理してもらいます。

龍鼓灘(Lung Kwu Tan)

龍鼓灘(Lung Kwu Tan)

ビーチは日光浴や砂遊びをするだけの場所ではありません。屯門(Tuen Mun)区の西の端にある 龍鼓灘(Lung Kwu Tan) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る に来れば、それが分かります。静かに広がる砂浜からは、どこまでも海が見渡せ、夕日のスポットとしては香港でも特に素晴らしい場所の1つです。カイトサーフィンのスポットとしても人気があります。運が良ければ、めったに見られないシロイルカ(シナウスイロイルカ)にも会えるかもしれません(展望台まで行けば、さらに見晴らしが良くなります)。史跡としては、宋王洞(Emperor’s Cave)もあります。南宋(1127~1280年)の祥興帝が、元朝の侵攻を逃れて身を隠した場所と言い伝えられています。


この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、第三者の製品およびサービスの品質または目的適合性に関する責任を負いません。また、ここに含まれている情報の正確性、妥当性、信頼性についての表明または保証は行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.