話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

大埔(Tai Po) - 香港通のおすすめ情報

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Calvin Sit
大埔(Tai Po) - 香港通のおすすめ情報

大埔(Tai Po)は緑あふれる公園やレクリエーションスポットで有名かもしれませんが、歴史的な観光スポット、地元の市場、近隣のレストランもかなりの割合を占めています。

まずは特におすすめのスポットをご紹介します。


元洲仔(Island House)

元洲仔(Island House)

1905年に役人の住居として建てられた時、この漆喰塗りの大邸宅は香港の典型的なコロニアル建築でした。傾斜瓦屋根は中国の建築様式を受け入れていますが、大きなベランダは夏に住民が涼しく過ごせるようになっています。吐露港(Tolo Harbour)を見下ろす監視塔もあります。現在、この邸宅は史跡として保護されており、WWFの 元洲仔自然環境保護研究中心(Island House Conservation Studies Centre) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る では、141種の植物が生息する英国風の庭園や展示、ワークショップが行われています。元洲仔(Island House)とその庭園の公開見学(広東語のみ)は予約が必要です。

大元街市(Tai Yuen Market)

大元街市(Tai Yuen Market) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

1980年にオープンしたときは、大埔(Tai Po)初の屋内公共市場の一つでした。しかし、それから30年が経った頃には、すでに半分が廃れ、露店が空いていたり、維持に関する問題が生じていました。それは意欲的な改装につながり、混雑した狭い通路をなくし、より魅力的で美的なデザインを採用するなど、市場を完全に変えました。今日では、青果店から魚屋、惣菜店まで幅広いテナントが入っており、新鮮な野菜を生産する屋上農園まであります。11軒ある屋台の一つで昼食を取ってみましょう。

綠匯學苑(Green Hub)

綠匯學苑(Green Hub)

イギリスが1898年に中国から新界(New Territories)を租借した際、初めてユニオンジャックを掲揚する場所として選んだのが、大埔(Tai Po)の小さな丘でした。その後まもなく、同じ場所に地域警察本部が建設されました。現在、この歴史的な複合施設は 綠匯學苑(Green Hub) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る となっており、地元産の野菜を使ったベジタリアン料理を楽しんだり、自然に関するワークショップに参加したり、展示やガイドツアーを通じてその歴史を探究することができます。牢屋、居住棟、武器庫、練兵場などがすべて保存されています。この復元計画は2016年にユネスコのアジア太平洋遺産賞(Asia-Pacific Heritage Award)を受賞しました。 

 

林記點心(Lam Kee)

林記點心(Lam Kee)

点心は、巨大な宴会場で何時間もかけて楽しむ必要はありません。香港の多くの人々は毎朝、大埔墟街市(Tai Po Hui Market)の調理済み料理の中心地に位置する 林記點心(Lam Kee) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る のような小さな近隣の場所で、蒸篭数個を楽しみます。名物は黒豆のスペアリブ飯ですが、うずらの卵のシューマイ、チャーシューバウ、カスタードまんじゅうもおいしいです。

香港鉄路博物館(Hong Kong Railway Museum)

香港鉄路博物館(Hong Kong Railway Museum) 行き方 {{title}} {{taRatingReviewTotal}} {{taRatingReviewText}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

この小さなサイズの博物館は、かつての大埔墟(Tai Po Market)駅に拠点を置いていますが、展示物が実物大の電車であることから、博物館のほとんどは屋外にあります。伝統的な蒸気機関車、古い1950年のオーストラリア製ディーゼル電気機関車、レトロな客車を見る歴史的興味に加えて、香港の鉄道とMTRの発展について学ぶことができ、またインタラクティブな教育コーナーもあります。この市場の建物だけでも、21世紀初頭の伝統的な中国の傾斜屋根建築で造られており、興味をそそられます。


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。

香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.