話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

隠れた魅力を発見

Time Out Hong Kong
  • Written by Time Out Hong Kong

シャムスイポー(深水埗)のストリートマーケットは、活気溢れる地元の文化を味わうのには絶好の場所。穴場を探して、迷路のような隠れた店を探検してみましょう。この地域はまた、新しい創造の波の中心地。昔ながらの店だけでなく、足を運ぶ価値のある、流行の最先端を行く新しい店がたくさんあります。


ストリートマーケット

鴨寮街(Apliu Street)

鴨寮街(Apliu Street)

このにぎやかな通りには、あらゆる種類の電子機器を扱う店や屋台が並んでいます。最新のモバイルフォンのアクセサリーから年代物のタイプライターや家電製品まで、ここではどんな掘り出し物があるかわかりません。ここでは、「オーディオ・スペース」を覗くのをお忘れなく。ここは高性能のオーディオ製品だけでなく、2002年、アンディ・ラウとトニー・レオンが出演した香港の名作スリラー映画 『インファナル・アフェア』 に登場したことでも有名です。

福榮街(Fuk Wing Street、玩具街)

福榮街(Fuk Wing Street、玩具街) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

玩具街としても知られるこの場所は、子どもの玩具、手頃な値段の文房具、模造品、パーティーグッズを探す人にとっては必見。宝の山のような店が30以上あり、子どもも大人も掘り出し物を探す悦びが味わえます。どこから始めたらよいかわからない人は、「Wong Kee Flea Market」、あらゆる種類の珍しい玩具を売っています。

北河街(Pei Ho Street)

北河街(Pei Ho Street) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

この活気あふれる青空市場は、素顔のシャムスイポーを覗くには絶好の場所。通りの両脇には、新鮮な果物、野菜、肉、その他あらゆる日常必需品をを売る店や屋台が並んでいます。軽食の屋台も多いので、品物を物色しながら、すばやくお腹を満たすこともできます。


発見の場所

西九龍中心(Dragon Centre)

西九龍中心(Dragon Centre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

シャムスイポー唯一のショッピングセンター、西九龍中心はローカルの若者や家族に人気のスポットです。小さな店が迷路のように入り組んで並び、飲食店から珍しいものを取り扱っている雑貨店までさまざま。西九龍中心はアイススケートリンクがあり、食や買物以外にも楽しめます。現在は動いていませんが、屋内ローラーコースターがそのまま残されて、一見の価値ありです。

新藝城(Sun Nga Shing Umbrella Store)

新藝城(Sun Nga Shing Umbrella Store) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

1842年創業のSun Nga Shingは、今でも香港で傘の修理をしてくれる数少ない店の1つ。傘を直してもらうだけでなく、5代目店主Yau Yiu-waiさん自らが作ったたくさんの手製の傘を見ることができます(残念ながら、売り物ではないとのこと)。Yauさんは驚くほど人好きで、いつでも喜んで傘作りや、傘の手入れ方法について話してくれます。

Vinyl Hero

Vinyl Hero

活気溢れる長沙灣道(Cheung Sha Wan Road)のマンションが立ち並ぶ地区にある、隠れ家的なPaulさんのレコード店。狭くて居心地のよいスペースに、1960~80年代のビニール盤レコードが詰まった箱がいくつも積み重ねられています。あらゆるジャンルのレコードが低価格で揃っているので、音楽ファンであれば必ず訪れたい場所です。Paulさんがいないとお店に入れないことも。必ず事前に電話して、Paulさんがいることを確認してから出かけましょう。

黄金電脳商場(Golden Computer Centre and Arcade)

黄金電脳商場(Golden Computer Centre and Arcade) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

1970年代にファッションの卸売センターだったこの場所は、今ではゲーマーの聖地に生まれ変わりました。1階と地下を占める黄金電脳商場には、最新のギア、ゲーム、ガジェットを扱う店が迷路のような場所に所狭しと並んでいます。価格は店によってちがうので、買う前に複数の店を回って値段を比べましょう。

寶華扎作(Bo Wah Effigies)

寶華扎作(Bo Wah Effigies) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

寶華扎作は、伝統的な中国の葬儀で亡くなった人の副葬品として燃やす、紙製の絵の専門店です。服や家といった一般的なものの他に、まるで美術館のようなこの店では、スマートフォンやエレキギター、果ては映画『スター・ウォーズ』からアイディアを得たダースヴェーダのヘルメットといった、さらに近代的な特注絵柄も扱っています。

華藝帆布(Wah Ngai Canvas)

華藝帆布(Wah Ngai Canvas) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

1954年創業のWah Ngai は、赤、白、青のバッグが生まれた店として知られています。創業者のLee Wahさんは1960年、このナイロンの手提げ袋を手作りで製作しはじめました。安いけれど長持ちするこのバッグは大人気となり、特に中国本土の親戚にお土産を持って行く人たちに喜ばれました。今でも香港中でよく見かけるこのバッグは、今や香港文化の象徴。この由緒あるバッグは、現在ではWah Ngai Canvas、Tsuen Kee Canvas、Sun Kee Canvasのいずれかで、さまざまなサイズが販売されています。

嘉頓山(Garden Hill)

嘉頓山(Garden Hill) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

嘉頓山の頂上からは、まったくちがったシャムスイポーの光景が楽しめます。にぎやかでごみごみした市街地からほっとひと息つけるこの短いハイキングでは、特に日没と晩に、眼下の素晴らしい眺めも楽しめます。丘への登り口は巴域街(Berwick Street)にあるYHA美荷樓青年旅舍(YHA Mei Ho House Youth Hostel)のすぐ脇です。

店小二小店(Shop Little Two)

店小二小店(Shop Little Two) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

南昌街(Nam Cheong Street)に並ぶ数多くの手芸用品店の狭間にひっそりとたたずむ、一見古びた雑貨店。でも店内には変わったお宝が満載です。かつて毛糸店だった内装はほとんど手つかずのままで、今では編み物用品の代わりに、わくわくするようなコレクションが並んでいます。古い香港のおもちゃ、タイプライター、ビニール盤レコードや、中には19世紀のレシピ本も。


新進気鋭のクリエーター

Toolss

Toolss

Toolss は、一部カフェ、一部文房具屋というライフスタイルスペース。大きな共用テーブルの前に座って雑誌を眺めたり、店内で販売している美しい文房具を使って考えを文字にしたりしてみましょう。開いた窓の側にも椅子があるので、淹れたての珈琲でリラックスしながら、通りを眺めることもできます。

Midway Shop

Midway Shop 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

この魅力的なコンセプトストアは、店主らが旅の間に出会った人や物語にアイディアを得たものです。店では、日本で作られた桜の香りの石鹸や桜のプリントのトートバッグなど、海外の職人による製品を扱っています。商品を自由に見ながら、それぞれに秘められた物語について尋ねてみましょう。

Savon Workshop

Savon Workshop 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

シャムスイポーの雑踏からしばし逃れたいと思うなら、この香りの店はまさにうってつけ。この店では、ラベンダー、薔薇、コーヒーといった自然の材料から作った手製の石鹸を販売しています。もし時間があれば、自宅で石鹸が作れるよう講習会や個人レッスンに申し込んでみましょう。講習会は、広東語、北京語、英語で受けることができます。

合舍(Form Society)

合舍(Form Society) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

アーティストのWong Tin-yanさんは、地域の結びつきを強めたいとの願いからForm Societyを開業しました。120平方メートルのスペースは、コラボレーションエリアや展示エリアなど、5つのエリアに分けられています。この創作スペースでは、定期的な講演会やワークショップ、単発イベントを開いています(すべて一般に公開)。出かける前に、ぜひ催し物のスケジュールを調べておきましょう。

小島文具堂(Siugreat Stationery)

小島文具堂(Siugreat Stationery)

文具ファンで、特に日本製品が好きならば、雑居ビル5階にある隠れ家的な店の素晴らしい品揃えに感動するはず。ペンや用紙など一般的な製品から、日本製の万年筆や日本とヨーロッパから輸入した100種類以上のインクなど珍しいものまで取り揃えています。週末のみの営業なのでご注意ください。

Openground

Openground 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る

カフェ、書店、アトリエが融合した、2階建ての店舗です。コーヒーを飲みながら、門小雷(Little Thunder)や 江記(Kong Kee)など、現地のアートシーンに影響を与えているアーティストと知り合いになれます。また店舗では、香港の著名なアーティストを招いて、限られた人数の参加者を対象とした講演会やワークショップも開催しています。

Parallel Space

Parallel Space

設立者のKim Lamがキュレーターも務める Parallel Space 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は個人経営のアートギャラリー/展示会場で、文化的なワークショップやアーティストの講演会などあらゆるアートイベントを開催しています。これまで、本物の植物だけを展示したポップアップ展示や、有名なフォトグラファー、夏永康(Wing Shya)がキュレーターを務めたインスタグラム写真展などを開催しました。このギャラリーが開催するイベントには限界はありません。

D2 Place

D2 Place

D2 Place 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は他のありきたりなショッピングモールとは一線を画しています。大型チェーン店やどれも同じに見える小売店舗ではなく、現地のインディーズブランドの洗練されたブティックやポップアップストアがあります。週末に開催される人気のマーケットでも、香港の文化や企業が主役です。そのため超大型ショッピングモールでは経験できない有意義なショッピングができるでしょう。MTR茘枝角(Lai Chi Kok)駅のD2出口からすぐの場所に、ショッピングセラピーの世界が広がっています。


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.