話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

香港での島暮らし

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides, Images by Calvin Sit

九龍半島の対岸にある中環スターフェリーピア(Central Star Ferry Pier)は、多くの高層ビルが立ち並ぶ、きらめく摩天楼を背にした象徴的なビクトリアハーバー(Victoria Harbour)に位置しています。ここは旅行と商業のモダンな中心地である香港のイメージにピッタリです。ですがひとたび南丫島(Lamma Island)へのフェリーに乗れば、わずか30分後には全く違う世界へと足を踏み入れることでしょう。

緑豊かで南国の雰囲気が漂い、多くの野生生物が住み、ハイキングを楽しめるほか、近くには素敵なビーチもあります。

索罟湾ピア(Sok Kwu Wan Pier)で下船すると、緑豊かな丘陵地帯と、三階建てに制限されたカラフルな日よけ付きの低い建物がずらりと並んだ景色が目に飛び込んできます。風光明媚なアルフレスコの水上レストランが歩道に連なり、活きのいい魚介類の水槽が並んでいます。少し内陸へと足を伸ばしただけで、細い道で犬の散歩や自転車に乗った住人たちを目にすることでしょう。車は見当たりません。緑豊かな道を求めて週末に訪れるハイカーたちや、島の西にある 洪聖爺ビーチ(Hung Shing Yeh Beach) では人々が海辺でにぎやかにバーベキューを楽しんでいます。こうしたのんびりとした島の暮らしが、観光客も地元の人たちもみな一様に島へと惹きつけるのです。

Lamma houses

イギリスのバースから香港に移住した幼稚園教諭のEllie Hannさんは、南丫島に住んで5年になります。「香港の喧騒から逃れ、島に住むという考えが気に入りました。」と彼女は言います。「緑豊かで南国の雰囲気が漂い、多くの野生生物が住み、ハイキングを楽しめるほか近くには素敵なビーチもあります。そしてLamma Rainbow Restaurant。これほどのレストランは他にはありません。」数々のレストランの中にはくつろげるカフェもあり、ティーハウスとオーガニックハーブ園の Herboland  など周囲の野生生物とティータイムや食事を一緒に楽しめるところもあります。

Tai O Store

ランタオ島にはまさに見るべきものがたくさんあります。お寺、遺産保護、地元の料理。

香港には263の離島があり、それぞれに独自のリラックスした生活様式があります。そして南丫島もこうした島の一つにすぎません。離島最大の島、 大嶼島(Lantau Island) には空港があります。ですがこの島には隠れた宝物もあふれています。南には静かな水口湾(Shui Hau Wan)があり、ビーチには今にも潮干狩りができるあさりが豊富にいます。そして西には大澳漁村(Tai O Fishing Village)があります。この村では水上に高床式の家が建てられ、焼き牡蠣や小豆、ピーナッツ、ゴマをふんだんに使った風味豊かなお菓子 「老公餅(husband cake)」など、地元の人々がおいしいストリートスナックを作っています。

 

大仏(Big Buddha) や寶蓮寺(Po Lin Monastery)などの有名なアトラクションでもまた違った体験ができます。観光客の多くは昂坪360ケーブルカーに乗って頂上まで行きますが、鳳凰径(Lantau Trail)のトレイルコースを辿って頂上を目指すこともできます。ムイウォーフェリーピア(Mui Wo Ferry Pier)からスタートするこの道は、途中海と山の素晴らしい眺めを楽しむことができます。

 

香港在住のAnnora Ngさんが、彼女のもとを訪れる友人と過ごすバケーションの地を大嶼島に決めた理由の一つが、その多様性です。大嶼島でのハイキングや興味深い文化にその友人も大絶賛でした。「大嶼島には見るべきものがたくさんあります。」と彼女は振り返ります。「お寺、遺産保護、地元の料理。1日はお寺で過ごし、別の日は村で過ごすのもよいでしょう。人々もさらにゆったりとしています。香港を紹介するのに大嶼島は絶好の場所だと思いました。」

 

[備考: 現在、天壇大仏は改修工事中です。大仏像は覆われており、大仏像の下のお堂や階段の上の部分は閉鎖されています。宗教儀式や行事は通常通り行われますので、公式サイトをご確認の上、ご参拝ください。]

Lantau Island

時が止まった小さな島です...静かで平穏ですが、独特の活気があります。

南丫島と大嶼島へはフェリーや列車で比較的簡単に行くことができますが、さらに遠くには他にもたくさんの島があります。そこへ行くにはもっと入念な計画が必要かもしれません。ただ、訪れる価値は十分あります。坪洲島の魅力を最初に発見したのは、イラストレーターで元「建築保全論者 」でもあるConnie 'Maoshan' Yuenさんです。中環(Central)から40分ほどのところにあるこの島は人口もまばらで、叔母の住む海辺のアパートでは猫が座っています。「時が止まった小さな島です」Connieさんはそう言います。「静かで平穏ですが、独特の活気があります。ただ座ってボートが通り過ぎてゆくのを眺めるのがお気に入りなんです。」

 

地元の人々は釣ったばかりの魚を売り、毎朝一緒に点心を食べ、たった一つの大通り沿いにある村の広場に集まるか、 龍母廟(Lung Mo Temple) へと向かいます。このお寺には龍の母親とベッドの彫刻があり、これに触れれば幸運が訪れると信じられています。



ほかにも、すばらしいシーフードレストランの 明記シーフードレストラン(Ming Kee Seafood Restaurant) がある遠く離れた海の楽園 ポートイ島(Po Toi Island) や、参加者たちが高い櫓によじ登り頂上の最も幸運なマントウを取り合う毎年恒例の「太平清醮(Bun Scrambling Competition)」の開催地である長洲島(Cheung Chau)もあります。長洲島はウォータースポーツでも人気のオアシスです。

 

これらの島々は、摩天楼ではない、漁村ばかりだったかつての香港を思い出させてくれます。見逃してはならない美しい自然の景観と、地元の生活に対する見識を与えてくれる静かな休息地として、その姿を今も残しています。


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.