話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

香港で広東オペラを楽しめる場所7選

7 places to discover Cantonese Opera in Hong Kong

今の10代に人気の音楽といえば香港ポップスですが、多くの香港人、特に上の世代の方が子どもの頃に聞いた音楽といえば、広東オペラだったと答えることでしょう。香港にはこの古典芸術を味わい、感動を共有できる場所があります。広東オペラを体感できる素晴らしい劇場をご紹介しましょう。


戯曲センター(Xiqu Centre)

戯曲センター(Xiqu Centre)

広東オペラやその他の中国の伝統的古典演劇(中国語では戯曲として知られる)の専用劇場である、西九龍文化地区 戯曲中心(Xiqu Centre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る では、古典演劇になじみがなくても、気軽に戯曲芸術に親しんでいただけます。グランドシアターでは、世界トップレベルの作品で古典の世界を堪能できますし、ティーハウスシアターでお茶と点心を楽しみながら、所属劇団による有名な曲を集めた90分のオムニバスを気楽に鑑賞するのも良いでしょう。ガイドツアーもありますので、かつて20世紀に香港の人々が楽しんでいた伝統芸能を再体験するには最適な施設です。

戯曲芸術についてさらに知りたい方は、最新の上映会、ワークショップ、講演会、展示会のスケジュールをご確認ください。

油麻地戲院(Yau Ma Tei Theatre)

油麻地戲院(Yau Ma Tei Theatre)

戯曲だけでなく、その歴史や建築にも興味がある方は、ぜひ 油麻地戲院(Yau Ma Tei Theatre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る を訪れてみてください。1930年に建てられたこの建物は、第二次世界大戦後も香港の都市部に現存した唯一の映画館でした。映画館は1998年に閉鎖されましたが、2012年に中国戯曲専用の劇場として再オープンしました。建物は元の姿を忠実に再現され、昔ながらの中国演劇の豊かな色彩を随所で楽しめます。席に着いて上を見上げると、天井にはかつての古い木製の梁を見ることができます。

 

最新の定期公演のスケジュールはこちらをご覧ください。英語字幕のある公演もありますので、中国語がわからない方でもお楽しみいただけます。

高山劇場新翼(Ko Shan Theatre New Wing)

高山劇場新翼(Ko Shan Theatre New Wing)

剣を投げたり、曲芸をしたり。劇中で見られる武術的な動きは、あらゆる世代を魅了する広東オペラの重要な要素です。2014年に拡張された 高山劇場新翼(Ko Shan Theatre New Wing) は、リハーサル室を含め高い天井が特徴的で、圧巻のステージを体感できる理想的な劇場です。「公園の中の劇場、劇場の中の公園」 というコンセプトに基づいて設計された建物は、床から天井まで届くガラス窓など、室内と屋外の風景を見事に調和させています。広東オペラには高齢の観客も多く、客席と客席の間に余裕を持たせたり、劇場内へのスロープを設けたりと細やかな配慮がなされています。

 

公演を見る時間がない方は、ぜひCantonese Opera Education and Information Centre(広東オペラ教育情報センター)にお立ち寄りください。最新の技術で広東オペラを体験することができます。お土産に最適な広東オペラグッズを揃えたショップもお見逃しなく。

新光戲院(Sunbeam Theatre)

新光戲院(Sunbeam Theatre)

ローカルな広東オペラを体験したいならお勧めの場所はこちら。 新光戲院(Sunbeam Theatre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は香港では数少ない、ほぼ毎日公演を行っている劇場です。入り口の売店で軽食を買って気軽に観劇することができます。MTR北角(North Point)駅の隣という便利な場所にあり、1972年に開場して以来、ランドマーク的な存在として多くのオペラファンを魅了してきました。ここ数十年間、何度か閉鎖の危機にありましたが、今でも常連客を集めており、多くの役者から愛される場所であり続けています。

香港文化博物館(Hong Kong Heritage Museum)

香港文化博物館(Hong Kong Heritage Museum)

香港文化博物館(Hong Kong Heritage Museum) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る では、広東オペラの舞台で使用される美しい刺繍の衣装や輝く宝石を間近で見ることができます。衣装や小道具の一つ一つがいかに丹念にデザインされ、精巧に作られているかを感じてください。粵劇文物館(Cantonese Opera Heritage Hall)の常設展では、有名な役者が広東オペラで使用する小道具や竹製舞台の展示に加え、マルチメディアを駆使した展示などで、広東オペラを総合的に知ることができます。また20世紀全体にわたり使用されていたものを見ると、香港の社会経済の変化や香港の芸術の発展を感じることができるでしょう。

週末に行われる無料公演についてはプログラムをご確認ください。チケットは先着順で入手いただけます。

Tsing Yi fleeting theatre

広東オペラを竹の舞台で

ご紹介した会場やイベントの他に、市の伝統的なお祭りでも広東オペラの上演が行われています。例えば、太陰暦の3月と4月の真君誕(birthday of Chun Kwun)と天后誕(birthday of Tin Hau)には、青衣島(Tsing Yi)近郊で地元の人々が竹の舞台を作り、オペラを上演して祝います。昔ながらのものや目新しいものまで様々な軽食や飲み物を売る屋台も出ます。

 

お子様がいらっしゃる方は、ぜひ各地で年に2回開かれる「Let’s Enjoy Cantonese Opera in Bamboo Theatre(竹の舞台で広東オペラを楽しもう)」に参加してみてください。これは、子どもたちが広東オペラだけでなく、竹の舞台の作りや芸術について学ぶことを目的としたイベントです。英語字幕付きの公演を行いますので広東語が分からなくても楽しむことができます。

Chinese Opera Festival

中国戯曲文化週間(Chinese Opera Festival)

毎年夏に行われる中国戯曲文化週間(Chinese Opera Festival)では、2010年の開始以来、さまざまな場所で広東オペラなどの中国戯曲が上演されてきました。崑曲(Kunqu)、越劇(Yue)、京劇(Peking Opera)など地域ごとの演劇形態の第一線で活躍する役者が一堂に会してその技術を披露し、観客は、その素晴らしいパフォーマンスから中国各地の様々な演劇を知ることができます。また、専門家による講演会やトークショーなどが催されることもあります。数多くの上映会や展示会が行われるほか、役者と直接会う機会もあり、このイベントを通じて、中国の優れた舞台芸術とその発展を包括的かつ詳細に知ることができるでしょう。


香港政府観光局は、第三者の商品やサービスの品質および目的への適性についていかなる責任も負わず、ここに含まれるいかなる情報の正確性、妥当性、信憑性についても表明または保証しません。 この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。



あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.