話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

香港で舞台芸術を楽しむ

Best Venues in Hong Kong to Enjoy Concerts, Theatre Productions and Other Performing Arts

バレエを見たり、アンドリュー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber)のミュージカルヒットナンバーを思う存分堪能したり、香港には最高の舞台芸術を楽しめる場所がたくさんあり、多くのステージが上演されています。そしてダンス、演劇、伝統的な中国戯曲など、様々なジャンルの舞台を世界クラスの芸術劇場で観ることができます。ここでは、最も人気のあるスポットと、そこで体験できる最高のパフォーマンスをご紹介します。


フリンジクラブ(Fringe Club)

フリンジクラブ(Fringe Club):コンテンポラリーアートを楽しむなら

元々生乳会社の倉庫として使われていた、レンガと漆喰が特徴的なこの建物が、現代アートの拠点に生まれ変わりました。1983年のオープン以来、この一級歴史的建造物にある フリンジクラブ(Fringe Club) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、香港のコンテンポラリーアートシーンを牽引しています。フリンジクラブには、複雑な選考条件がなく、アーティストは自由に作品を発表することができます。これにより、地元の新進アーティストによる演劇やダンスから、世界で活躍するコメディアンのスタンドアップショーまで、幅広く楽しむことができるアートスペースとして人気を集めています。クラブで人気のライブや飛び入り参加OKのポエトリー・リーディングの後には、同じ趣味を共有する人たちとお酒を飲みながらおしゃべりということもできます。ぜひ香港のコンテンポラリーアートを体感してみてください。

香港文化中心(Hong Kong Cultural Centre)

香港文化中心(Hong Kong Cultural Centre):世界的なダンス、音楽、演劇を観るなら

香港文化中心(Hong Kong Cultural Centre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る では、オペラ座の怪人、レ・ミゼラブル、ミス・サイゴンなどに代表される、誰もが知る優れた作品が数多く上演されています。施設は九龍半島の先端にあり、香港を代表する芸術の拠点として様々なジャンルの芸術作品の公演が行われています。いくつかのホールのうち、楕円形をしたメインのコンサートホールは見どころで、この地域で最大の機械式パイプオルガンがあります。また3階席まであるグランドシアターでは、定期的にバレエ、オペラ、ミュージカルが上演されています。

香港大会堂(Hong Kong City Hall)

香港大会堂(Hong Kong City Hall):クラシックの公演や大規模な芸術イベントを見るなら

香港の金融街として知られる中環(Central)にある 香港大会堂(Hong Kong City Hall) は、香港のアートのハブとして世界的な文化イベントが催されています。香港初の多目的文化複合施設として1962年に設立されて以来、芸術界のランドマークとして香港のアートシーンを牽引しています。優れた音響とその見やすさで評価されるメインのコンサートホールでは、世界有数のオーケストラ、合唱団、バレエ団やソリストの公演が行われてきました。これまでにニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ヨーヨー・マなど多くの著名人が出演しています。独自のプログラムとは別に、毎年開催される香港芸術祭など、香港の大規模な文化イベントの多くにとっても重要な場所です。特に気になるアートイベントがなくても、大会堂にある広東料理レストランはお勧めです。香港一の点心を堪能しに行ってみてはいかがでしょうか。

香港体育館(Hong Kong Coliseum)

香港体育館(Hong Kong Coliseum):香港ポップスを聴くなら

逆ピラミッド型の外観が目をひく 香港体育館(Hong Kong Coliseum) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は1983年に大型スポーツイベントの会場として建設され、これまで多くのスポーツファンを沸かせてきました。しかしスポーツもさることながら、今では、香港のポップミュージックシーンの代名詞ともなっており、サミー・チェン、アニタ・ムイなどの香港を代表する歌手から香港ポップスの「四天王」まで、多くのアーティストのコンサート会場として親しまれています。

座席のアレンジは自由で、さらに収容人数は12,500人と香港の屋内施設では2番目の大きさなので、アーティストにも観客にもとても人気があります。音楽に言葉は不要です。素晴らしい衣装とセットの中、2時間以上にわたって歌とダンスで魅了する香港ポップスのステージは、あなたを飽きさせることはないでしょう。運よくチケットが手に入れば、楽しめること間違いなしです。

戯曲センター(Xiqu Centre)

戯曲センター(Xiqu Centre):中国戯曲を見るなら

近未来的な外観が特徴の 戯曲中心(Xiqu Centre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る ですが、中で見られるのは中国の伝統的な舞台芸術です。中国戯曲や伝統演劇を楽しむことができる施設としてだけでなく、すべての年代の方々にこの伝統芸術をより身近に感じてもらえるよう、長い歴史を持つ舞台芸術を現代に提供する場となっています。二つの専用劇場があり、その一つ、1,000席のグランド・シアターでは主に香港や各国の劇団が公演を行っています。もう一つの小規模な茶館劇場(Tea House Theatre)では、茶館新星劇團(Tea House Rising Stars Troupe)のあざやかな技と華やかな衣装によるステージを、中国茶と点心をいただきながら鑑賞することができます。センターではガイド付きのツアーやワークショップ、講演などを定期的に行っていますので、中国戯曲について詳しくお知りになりたい方はぜひご利用ください。

香港芸術中心(Hong Kong Arts Centre)

香港芸術中心(Hong Kong Arts Centre):香港の最新のアート・カルチャーを知るには

香港芸術中心(Hong Kong Arts Centre) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、1977年の設立以来、香港のアートシーンを絶えず推進してきました。この非営利団体は幅広い芸術プログラムを運営しており、香港の才能あるアーティストを世界に紹介し、文化交流を促進しています。同センター最大のShouson Theatreは、まだ無名の演劇作品やダンス、新進気鋭のインディーズ映画などを見ることができるベストスポットの一つです。また年間を通じて、若手からベテランまでの展示会を開催しているパオギャラリー(包氏画廊)にも足を運んでみましょう。


香港政府観光局は、第三者の商品やサービスの品質および目的への適性についていかなる責任も負わず、ここに含まれるいかなる情報の正確性、妥当性、信憑性についても表明または保証しません。 この記事の内容は、予告なく変更されることがあります。ご不明な点がありましたら、製品やサービスの提供者までお問い合わせください。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.