話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

独特の寺院や静かな庭園

香港で唯一の陸地に囲まれた地域である黄大仙(Wong Tai Sin)には、寺院や塔、色彩と静けさが魅力的に融合し、極めて香港的な雰囲気を醸し出しています。この地域の名称は、黄大仙(Wong Tai Sin)神が由来となっています。その肖像画は、参拝者がお供え物を置き、幸運を願うために集う、活気あふれる嗇色園黄大仙祠(Sik Sik Yuen Wong Tai Sin Temple)の中にあります。旧正月の前夜には、最も多くの人が訪れます。参拝者は日付が変わるやいないや線香に火を灯すために押し寄せます。

中国の宗教のより穏やかな側面は、志蓮浄苑(Chi Lin Nunnery)と南蓮園池(Nan Lian Garden)で見ることができます。大きな唐様式の仏教施設と庭園があり、中国文化について学ぶための、都会から離れた静かな場所となっています。どんなに忙しくても、ここでは間違いなく穏やかに休息をとることができます。

ハイライト
  • 嗇色園黄大仙祠(Sik Sik Yuen Wong Tai Sin Temple)で線香を焚き、次の一年の幸運を祈りましょう。

  • 黃大仙簽品哲理中心(Wong Tai Sin Fortune-Telling and Oblation Arcade)で、どんな運命が待ち受けているのかを店内で占ってもらえます。

  • 南蓮園池(Nan Lian Garden)では、伝統的な中国庭園と水の風景の静けさに触れることができます。

  • 静かな蓮園(Lotus Pond Garden)と志蓮浄苑(Chi Lin Nunnery)の天王殿(Hall of Celestial Kings)で、自分の内にある禅の心を見つけましょう。

  • 獅子山郊野公園(Lion Rock Country Park)の丘を登ると、街並みを一望できます。

黄大仙(Wong Tai Sin)の観光スポット

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.