話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

映えスポット

太平山頂(The Peak/ピーク):都市の象徴的なスカイラインと森林のトレイルを高所から視点で楽しむための理想的な場所

Written by South China Morning Post ( Morning Studio )

お知らせ
お知らせ

現在ピーク・トラムはアップグレード・プロジェクトのため、運行を停止しています。詳しくは、公式サイトをご確認ください。

摩天楼に囲まれたビクトリア・ハーバー、九龍半島、そしてごつごつした山の頂を象徴的に見ることができるビクトリア・ピークは、昼も夜も香港の必見スポットです。インスタグラムの愛好家たちは、ライトアップされた香港のスカイラインを撮影するために黄昏時に訪れたり、木々が並ぶピーク・サークル・ウォークをゆったりと歩きながら、この地域の豊かな動植物や歴史的なコロニアル建築を撮影したりしています。ビジネス街の中心部から少し離れたピークへは、バスやタクシーで簡単に行くことができます。

休憩地点

ピークの2つのショッピング・モール、ピーク・ギャレリア(Peak Galleria)とピークタワー(The Peak Tower)では、様々な種類の食べ物や飲み物を提供しています。また、ビクトリア・ピーク・ガーデン(Victoria Peak Garden)にある売店では、軽食やドリンクを提供しています。

  • ピークトラム(The Peak Tram)

    香港のピークトラムは、1888年にピークと中環(Central/セントラル)を結ぶアジア初のケーブルカーとして運行を開始しました。当初は、植民地時代の総督やピークにある高級住宅地の住民の足として利用されていましたが、現在では何千万人もの乗客を運び、香港の人気観光スポットのひとつとなっています。海抜28メートルから396メートル、勾配は4度から27度、全長1.4キロの急勾配の道のりは通常約10分で、乗客はさまざまな絶景や写真撮影を楽しむことができます。

    行き方
  • ピークタワー(The Peak Tower)

    ピークタワーの特徴的な中華鍋のようなデザインは見逃せません。ピークトラム上駅の上に位置するこのビルには、様々なレストラン、専門店、インタラクティブなエンターテイメント施設、そして最も有名なスカイ・テラス428があります。スカイ・テラス428は、海抜428メートルの高さにある展望台で、息を呑むような360度の街の景色を楽しむことができます。また、このモールには、蝋人形館「マダム・タッソー香港」や、香港風エッグワッフルの鶏蛋仔(ガイダンジャイ)などの軽食を提供するさまざまな店舗が入っています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

    行き方
  • ピーク・ギャレリア(Peak Galleria)

    ピーク・ギャラリア・モールの3階には展望台があり、市内を一望することができます。建物の中には、さまざまなお土産屋さんや、香港スタイルのカフェ(茶餐廳)、広東ワンタンメンや西洋料理を提供する飲食店が入っています。また、エッグタルト、広東の薬膳スープ、台湾式タピオカティーなどのドリンクやスナックを提供するカフェもあります。

    行き方
  • 太平山餐廰 (The Peak Lookout)

    レストラン「太平山餐廰 (The Peak Lookout/ザ・ピーク・ルックアウト)」(旧「オールド・ピーク・カフェ」)は、グレードIIの歴史的な平屋建ての建物を利用しています。1888年にピークトラムが建設された際、この場所にはイギリス人エンジニアのためのワークショップとシェルターが設置されました。1902年以降は、セダンチェア用のシェルターとして使用されていましたが、1947年にオープンエアのガーデンカフェに改築されました。竪穴式屋根の平屋建てで、石造りの壁、アーチ型の窓、目立つ石造りの煙突など、ビクトリア朝末期からエドワード朝にかけてのイギリスのカントリーコテージの建築様式を取り入れています。

    行き方
  • ピーク・サークル・ウォーク(Peak Circle Walk)

    香港島で最も高い標高552mのビクトリア・ピーク(The Peak)を周回する全長3.5キロの舗装された小道からは、香港の美しいパノラマ風景を眺めることができます。1時間もあれば歩ける簡単なコースですが、インスタ映えを狙う方は、日中から日没、夜にかけて変化する街の風景を撮影するために、もっと長く滞在することをお勧めします。写真映えする美しい並木道は、豊かな動植物の中を通り、島で最も豊かな森林や植物の中にあり、ダークエッジ・スノー・フラット(Tagiades menaka)、珍しいレッド・レースウィング(Cethosia biblis)、非常に珍しいチャイニーズ・ウィンドミル(ジャコウアゲハ)など、数多くの蝶の種が生息しています。

    行き方
  • 盧吉道(Lugard Road)

    1913年から1914年にかけて建設されたピークを囲む狭い道路は、第14代香港総督のフレデリック・ルガード卿(Sir Frederick Lugard)にちなんで名付けられました。ここでは、ビクトリア・ハーバーの美しい夕日や夜景を楽しむことができ、春には霧に包まれた街並みを見ることができる絶好のスポットです。盧吉道(Lugard Road/ルガード・ロード)1番地は、1927年にピーク・トラムウェイズのワークショップとして建設され、現在もピーク・トラムウェイズのオフィスとして使用されています。盧吉道(Lugard Road)27番地にあるネオクラシカルな2階建ての歴史的コロニアル・レジデンスは、この道路沿いで最も古い物件で、1914年にイギリス人建築家のレノックス・ゴッドフリー・バード(Lennox Godfrey Bird)がオークションでわずか2,160香港ドルで土地を購入して建てられたものです。

    行き方
  • ビクトリア・ピーク・ガーデン(Victoria Peak Garden)

    柯士甸山道(Mount Austin Road/マウントオースティンロード)に沿って坂道を20分ほど登ると、ビクトリア・ピーク・ガーデンに到着します。ここは元々、香港総督の夏の邸宅、マウンテン・ロッジがあった場所です。現在は、曲がりくねった小道、立派な芝生、パゴダなどがある公共のオープンスペースとなっており、自撮りをしたり、眼下に広がる香港の美しい景色を楽しんだりしながら、リラックスして過ごすのに最適な場所となっています。展望台からは、香港の南側や晴れた日には島々まで見渡せる素晴らしいパノラマが広がっています。庭園に入る前には、1900年から1902年にかけて建設されたモニュメントとして指定されているゲートロッジもお見逃しなく。また、ガーデン内の標識に沿って歩くと、この地域の美しい景色を見渡せるガバナーズ・ウォーク(Governor’s Walk)があります。

    行き方

交通

太平山頂(The Peak/ピーク)への行き方

中環(Central/セントラル)からは、エクスチェンジ・スクエア(MTR中環駅A出口/MTR香港駅B1出口)から15番またはX15番のバスで終点のピーク・ギャレリアまで、またはTwo ifc(MTR香港駅F出口)からミニバス1番でピーク・ギャラリアまで行きます。また、ガーデン・ロード(Garden Road)からピークトラムでピークタワーまで行くこともできます。

太平山頂(The Peak/ピーク)からの帰り方

ピーク・ギャレリアからバス15、X15、ミニバス1でMTR中環(Central/セントラル)駅と香港駅に戻るか、ピークトラムでガーデン・ロードに向かいます。

他のルート

映えスポット

太平山頂(The Peak/ピーク):都市の象徴的なスカイラインと森林のトレイルを高所から視点で楽しむための理想的な場所

Written by South China Morning Post ( Morning Studio )

お知らせ
お知らせ

現在ピーク・トラムはアップグレード・プロジェクトのため、運行を停止しています。詳しくは、公式サイトをご確認ください。

摩天楼に囲まれたビクトリア・ハーバー、九龍半島、そしてごつごつした山の頂を象徴的に見ることができるビクトリア・ピークは、昼も夜も香港の必見スポットです。インスタグラムの愛好家たちは、ライトアップされた香港のスカイラインを撮影するために黄昏時に訪れたり、木々が並ぶピーク・サークル・ウォークをゆったりと歩きながら、この地域の豊かな動植物や歴史的なコロニアル建築を撮影したりしています。ビジネス街の中心部から少し離れたピークへは、バスやタクシーで簡単に行くことができます。

休憩地点

ピークの2つのショッピング・モール、ピーク・ギャレリア(Peak Galleria)とピークタワー(The Peak Tower)では、様々な種類の食べ物や飲み物を提供しています。また、ビクトリア・ピーク・ガーデン(Victoria Peak Garden)にある売店では、軽食やドリンクを提供しています。

ピークトラム(The Peak Tram)

香港のピークトラムは、1888年にピークと中環(Central/セントラル)を結ぶアジア初のケーブルカーとして運行を開始しました。当初は、植民地時代の総督やピークにある高級住宅地の住民の足として利用されていましたが、現在では何千万人もの乗客を運び、香港の人気観光スポットのひとつとなっています。海抜28メートルから396メートル、勾配は4度から27度、全長1.4キロの急勾配の道のりは通常約10分で、乗客はさまざまな絶景や写真撮影を楽しむことができます。

もっと見る...
行き方
ピークタワー(The Peak Tower)

ピークタワーの特徴的な中華鍋のようなデザインは見逃せません。ピークトラム上駅の上に位置するこのビルには、様々なレストラン、専門店、インタラクティブなエンターテイメント施設、そして最も有名なスカイ・テラス428があります。スカイ・テラス428は、海抜428メートルの高さにある展望台で、息を呑むような360度の街の景色を楽しむことができます。また、このモールには、蝋人形館「マダム・タッソー香港」や、香港風エッグワッフルの鶏蛋仔(ガイダンジャイ)などの軽食を提供するさまざまな店舗が入っています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

もっと見る...
行き方
ピーク・ギャレリア(Peak Galleria)

ピーク・ギャラリア・モールの3階には展望台があり、市内を一望することができます。建物の中には、さまざまなお土産屋さんや、香港スタイルのカフェ(茶餐廳)、広東ワンタンメンや西洋料理を提供する飲食店が入っています。また、エッグタルト、広東の薬膳スープ、台湾式タピオカティーなどのドリンクやスナックを提供するカフェもあります。

もっと見る...
行き方
太平山餐廰 (The Peak Lookout)

レストラン「太平山餐廰 (The Peak Lookout/ザ・ピーク・ルックアウト)」(旧「オールド・ピーク・カフェ」)は、グレードIIの歴史的な平屋建ての建物を利用しています。1888年にピークトラムが建設された際、この場所にはイギリス人エンジニアのためのワークショップとシェルターが設置されました。1902年以降は、セダンチェア用のシェルターとして使用されていましたが、1947年にオープンエアのガーデンカフェに改築されました。竪穴式屋根の平屋建てで、石造りの壁、アーチ型の窓、目立つ石造りの煙突など、ビクトリア朝末期からエドワード朝にかけてのイギリスのカントリーコテージの建築様式を取り入れています。

もっと見る...
行き方
ピーク・サークル・ウォーク(Peak Circle Walk)

香港島で最も高い標高552mのビクトリア・ピーク(The Peak)を周回する全長3.5キロの舗装された小道からは、香港の美しいパノラマ風景を眺めることができます。1時間もあれば歩ける簡単なコースですが、インスタ映えを狙う方は、日中から日没、夜にかけて変化する街の風景を撮影するために、もっと長く滞在することをお勧めします。写真映えする美しい並木道は、豊かな動植物の中を通り、島で最も豊かな森林や植物の中にあり、ダークエッジ・スノー・フラット(Tagiades menaka)、珍しいレッド・レースウィング(Cethosia biblis)、非常に珍しいチャイニーズ・ウィンドミル(ジャコウアゲハ)など、数多くの蝶の種が生息しています。

もっと見る...
行き方
盧吉道(Lugard Road)

1913年から1914年にかけて建設されたピークを囲む狭い道路は、第14代香港総督のフレデリック・ルガード卿(Sir Frederick Lugard)にちなんで名付けられました。ここでは、ビクトリア・ハーバーの美しい夕日や夜景を楽しむことができ、春には霧に包まれた街並みを見ることができる絶好のスポットです。盧吉道(Lugard Road/ルガード・ロード)1番地は、1927年にピーク・トラムウェイズのワークショップとして建設され、現在もピーク・トラムウェイズのオフィスとして使用されています。盧吉道(Lugard Road)27番地にあるネオクラシカルな2階建ての歴史的コロニアル・レジデンスは、この道路沿いで最も古い物件で、1914年にイギリス人建築家のレノックス・ゴッドフリー・バード(Lennox Godfrey Bird)がオークションでわずか2,160香港ドルで土地を購入して建てられたものです。

もっと見る...
行き方
ビクトリア・ピーク・ガーデン(Victoria Peak Garden)

柯士甸山道(Mount Austin Road/マウントオースティンロード)に沿って坂道を20分ほど登ると、ビクトリア・ピーク・ガーデンに到着します。ここは元々、香港総督の夏の邸宅、マウンテン・ロッジがあった場所です。現在は、曲がりくねった小道、立派な芝生、パゴダなどがある公共のオープンスペースとなっており、自撮りをしたり、眼下に広がる香港の美しい景色を楽しんだりしながら、リラックスして過ごすのに最適な場所となっています。展望台からは、香港の南側や晴れた日には島々まで見渡せる素晴らしいパノラマが広がっています。庭園に入る前には、1900年から1902年にかけて建設されたモニュメントとして指定されているゲートロッジもお見逃しなく。また、ガーデン内の標識に沿って歩くと、この地域の美しい景色を見渡せるガバナーズ・ウォーク(Governor’s Walk)があります。

もっと見る...
行き方

交通

太平山頂(The Peak/ピーク)への行き方

中環(Central/セントラル)からは、エクスチェンジ・スクエア(MTR中環駅A出口/MTR香港駅B1出口)から15番またはX15番のバスで終点のピーク・ギャレリアまで、またはTwo ifc(MTR香港駅F出口)からミニバス1番でピーク・ギャラリアまで行きます。また、ガーデン・ロード(Garden Road)からピークトラムでピークタワーまで行くこともできます。

太平山頂(The Peak/ピーク)からの帰り方

ピーク・ギャレリアからバス15、X15、ミニバス1でMTR中環(Central/セントラル)駅と香港駅に戻るか、ピークトラムでガーデン・ロードに向かいます。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.