話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

アドベンチャー

カヤック:人里離れたビーチ、ユネスコの岩石地帯、色鮮やかな過去を持つ無人島へのパドル

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)には、母なる地球が何億年もかけて生み出した数々の自然の驚異があります。新界(ニューテリトリー)の海辺の町、西貢(Sai Kung)に近い、ジオパークの西貢火山岩地域を探索する人気の方法は、海からカヤックを漕ぐことです。カヤックに乗ることにより、冒険好きな人たちは、素晴らしい岩の形や海の洞窟、その他の島の素晴らしい風景を間近に眺めながら、爽快なアウトドア・ワークアウトを楽しむことができます。また、キリスト教と関係のある客家の村など、歴史的にも魅力的な島にも行くことができます。

ASMR 西貢(Sai Kung)

休憩地点

西貢埠頭(Sai Kung Pier)と沙下(Sha Ha)のそばにあるミニバスとバスのターミナルの間には、飲み物を売る自動販売機がたくさんあり、西貢海濱公園(Sai Kung Waterfront Park)にはスナックを買える小さな店もあります。

  • 沙下(Sha Ha)

    西貢(Sai Kung)は「香港の裏庭」として知られており、自然や文化遺産が豊富にあります。この砂の一帯に到着すると、特に週末には賑わっています。この魅力的なエリアには、犬を散歩させている人や、ビーチの横に座ってくつろいでいる人も多く見られます。

    ウォーターフロントには、タイ料理やバーベキューなど、人気のレストランが集まっています。カヤックの後は、このエリアのオープンエアのレストランで、テーブルにつき、炭火焼を選び、活気ある雰囲気の中で、作りたての料理を堪能してください。

    海が荒れることもあるので、パドリングに出かける前に、香港天文台(Hong Kong Observatory)のウェブサイトで「ウォータースポーツのための気象情報(Weather Information for Water Sports)」をチェックすることをお勧めします。ライセンスを持つオペレーターが提供するガイドツアーも安全ですが、ライフジャケットの着用は必須です。

    行き方
  • 白沙洲(Pak Sha Chau)

    無人島を含めた周辺の島々を探索できるのも、カヤックの大きな魅力のひとつです。沙下(Sha Ha)から南東に2キロ弱のところにある無人島、白沙洲(Pak Sha Chau)の細長いビーチは、カヤックを楽しむ人たちのお気に入りの場所です。片側には西貢(Sai Kung)の町が見え、もう片側にはシュノーケリングで人気の橋咀洲(Sharp Island)があります。多くの観光客は、ビーチに漂着した木の枝や石に座って、世界の流れを眺めています。

    冒険好きなカヤッカーは、島の広い側のごつごつした海岸線を探索してから、近隣の他の島に出かけることができます。

    行き方
  • 橋咀洲(Sharp Island)

    カヤックを担いで白沙洲(Pak Sha Chau)のビーチを渡り、西に向かって橋咀洲(Sharp Island)に向かうのが一般的です。橋咀洲(Sharp Island)は、香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)を構成する主要な島のひとつで、火成岩の見事な造形が数多く見られることで知られています。海岸線を南に向かって漕いでいくと、風や波によって堆積した砂や砂利でできた有名なトンボロが見えてくるかもしれません。このトンボロは、橋咀洲ジオトレイル(Sharp Island Geo Trail)を形成する小島と本島を結んでいます。島の南端では、多くの小さな湾や素晴らしい岬を過ぎると、いくつもの壮大な海食洞が現れます。一方、島の北側に行くと、小さな白い砂浜やサンゴの群生地があります。ただし、このような回り道はリスクを伴うので、時間や天候・海況の変化に十分注意することが大切です。

    香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)のような自然環境を訪れる際には、十分な準備が必要です。事前に天気予報を確認し、悪天候時のジオパーク訪問は避けてください。どのような天候であっても危険な岩だらけの海岸エリアは歩かないでください。島や海岸地域には、ビジター用の施設がないところもあります。これらは船から観察する必要があります。強い風が吹いているときは、上陸や訪問を避けてください。

    詳しくは、「香港ジオパーク訪問時の安全ガイドライン」をご覧ください。

    行き方
  • 鹽田梓(Yim Tin Tsai)

    自然の驚異を探求した後は、歴史の勉強をしてみましょう。橋咀洲(Sharp Island)の北東にある小さな島、鹽田梓(Yim Tin Tsai)は、丘の上にあるロマネスク様式のセント・ジョセフ・チャペル(St Joseph’s Chapel)で知られています。晴れた日には、約1.5km離れた白沙洲(Pak Sha Chau)からこのランドマークを見ることができます。1890年、当時島に住んでいた客家人のチャン(Chan)族をカトリックに改宗させるために訪れた宣教師によって建てられました。かつては製塩業が行われていたため、週末には島の名前の由来となった塩田を見学するために多くの人が訪れ、保存センターでは歴史を学ぶことができます。

    まだ時間が早い場合は、桟橋の横にある小さな砂浜にカヤックを置いて、島の南部をゆったりとハイキングしてみてはいかがでしょうか。かつては村全体の唯一の飲料水源であった「活泉井(Spring of Living Water)」などがあります。

    行き方

交通

西貢(Sai Kung)への行き方

西貢(Sai Kung)への行き方は、MTR鑽石山(Diamond Hill)駅C2出口から92番バス、MTR坑口(Hang Hau)駅B1出口からミニバス101M、沙田新城市廣場(Sha Tin New Town Plaza Bus Terminus)から299X番バスなどがあります。西貢(Sai Kung)のバスターミナルで降りると、海辺のプロムナードが見えてきます。海に向かって左に曲がると、ウォータースポーツで人気の沙下(Sha Ha)があり、徒歩15~20分ほどで到着します。

西貢(Sai Kung)からの帰り方

沙下(Sha Ha)から西貢海濱公園(Sai Kung Waterfront Park)までは徒歩で約10分、さらに西貢公衆埠頭(Sai Kung Public Pier)の交通ターミナルまで行くと、ミニバスやバスで市内各所に行くことができます。

現地ツアー

西貢(Sai Kung)-家族で楽しむ1日カヌー/カヤック

家族で楽しめるこのツアーでは、西貢(Sai Kung)の自然の風景を探索し、美しい小島を訪れます。大人と6歳以上のお子様が対象で、ツアーのスタートとゴールは沙下(Sha Ha), 西貢(Sai Kung)で、9:30amから16:30pmまでです。基本的なトレーニングと簡単なランチが用意されています。価格は大人、子供ともにお一人様299香港ドルです。

Yee Tai (HK) Travel Service Ltd.
Phone#: +852 3698 0993
Website: www.yeetai-travel.com.hk

免責事項:
現地ツアーの詳細は、各オペレーターの条件に従います。香港政府観光局および現地オペレーターは、事前に通知することなく、いつでもツアーに関する詳細を修正、変更、中止する権利を有します。ご不明な点がございましたら、現地オペレーターにお問い合わせください。

他のルート

アドベンチャー

カヤック:人里離れたビーチ、ユネスコの岩石地帯、色鮮やかな過去を持つ無人島へのパドル

Written by South China Morning Post (Morning Studio)

香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)には、母なる地球が何億年もかけて生み出した数々の自然の驚異があります。新界(ニューテリトリー)の海辺の町、西貢(Sai Kung)に近い、ジオパークの西貢火山岩地域を探索する人気の方法は、海からカヤックを漕ぐことです。カヤックに乗ることにより、冒険好きな人たちは、素晴らしい岩の形や海の洞窟、その他の島の素晴らしい風景を間近に眺めながら、爽快なアウトドア・ワークアウトを楽しむことができます。また、キリスト教と関係のある客家の村など、歴史的にも魅力的な島にも行くことができます。

ASMR 西貢(Sai Kung)

休憩地点

西貢埠頭(Sai Kung Pier)と沙下(Sha Ha)のそばにあるミニバスとバスのターミナルの間には、飲み物を売る自動販売機がたくさんあり、西貢海濱公園(Sai Kung Waterfront Park)にはスナックを買える小さな店もあります。

沙下(Sha Ha)

西貢(Sai Kung)は「香港の裏庭」として知られており、自然や文化遺産が豊富にあります。この砂の一帯に到着すると、特に週末には賑わっています。この魅力的なエリアには、犬を散歩させている人や、ビーチの横に座ってくつろいでいる人も多く見られます。

ウォーターフロントには、タイ料理やバーベキューなど、人気のレストランが集まっています。カヤックの後は、このエリアのオープンエアのレストランで、テーブルにつき、炭火焼を選び、活気ある雰囲気の中で、作りたての料理を堪能してください。

もっと見る...

海が荒れることもあるので、パドリングに出かける前に、香港天文台(Hong Kong Observatory)のウェブサイトで「ウォータースポーツのための気象情報(Weather Information for Water Sports)」をチェックすることをお勧めします。ライセンスを持つオペレーターが提供するガイドツアーも安全ですが、ライフジャケットの着用は必須です。

行き方
白沙洲(Pak Sha Chau)

無人島を含めた周辺の島々を探索できるのも、カヤックの大きな魅力のひとつです。沙下(Sha Ha)から南東に2キロ弱のところにある無人島、白沙洲(Pak Sha Chau)の細長いビーチは、カヤックを楽しむ人たちのお気に入りの場所です。片側には西貢(Sai Kung)の町が見え、もう片側にはシュノーケリングで人気の橋咀洲(Sharp Island)があります。多くの観光客は、ビーチに漂着した木の枝や石に座って、世界の流れを眺めています。

冒険好きなカヤッカーは、島の広い側のごつごつした海岸線を探索してから、近隣の他の島に出かけることができます。

もっと見る...
行き方
橋咀洲(Sharp Island)

カヤックを担いで白沙洲(Pak Sha Chau)のビーチを渡り、西に向かって橋咀洲(Sharp Island)に向かうのが一般的です。橋咀洲(Sharp Island)は、香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)を構成する主要な島のひとつで、火成岩の見事な造形が数多く見られることで知られています。海岸線を南に向かって漕いでいくと、風や波によって堆積した砂や砂利でできた有名なトンボロが見えてくるかもしれません。このトンボロは、橋咀洲ジオトレイル(Sharp Island Geo Trail)を形成する小島と本島を結んでいます。島の南端では、多くの小さな湾や素晴らしい岬を過ぎると、いくつもの壮大な海食洞が現れます。一方、島の北側に行くと、小さな白い砂浜やサンゴの群生地があります。ただし、このような回り道はリスクを伴うので、時間や天候・海況の変化に十分注意することが大切です。

もっと見る...

香港ユネスコ世界ジオパーク(Hong Kong UNESCO Global Geopark)のような自然環境を訪れる際には、十分な準備が必要です。事前に天気予報を確認し、悪天候時のジオパーク訪問は避けてください。どのような天候であっても危険な岩だらけの海岸エリアは歩かないでください。島や海岸地域には、ビジター用の施設がないところもあります。これらは船から観察する必要があります。強い風が吹いているときは、上陸や訪問を避けてください。

詳しくは、「香港ジオパーク訪問時の安全ガイドライン」をご覧ください。

行き方
鹽田梓(Yim Tin Tsai)

自然の驚異を探求した後は、歴史の勉強をしてみましょう。橋咀洲(Sharp Island)の北東にある小さな島、鹽田梓(Yim Tin Tsai)は、丘の上にあるロマネスク様式のセント・ジョセフ・チャペル(St Joseph’s Chapel)で知られています。晴れた日には、約1.5km離れた白沙洲(Pak Sha Chau)からこのランドマークを見ることができます。1890年、当時島に住んでいた客家人のチャン(Chan)族をカトリックに改宗させるために訪れた宣教師によって建てられました。かつては製塩業が行われていたため、週末には島の名前の由来となった塩田を見学するために多くの人が訪れ、保存センターでは歴史を学ぶことができます。

まだ時間が早い場合は、桟橋の横にある小さな砂浜にカヤックを置いて、島の南部をゆったりとハイキングしてみてはいかがでしょうか。かつては村全体の唯一の飲料水源であった「活泉井(Spring of Living Water)」などがあります。

もっと見る...
行き方

交通

西貢(Sai Kung)への行き方

西貢(Sai Kung)への行き方は、MTR鑽石山(Diamond Hill)駅C2出口から92番バス、MTR坑口(Hang Hau)駅B1出口からミニバス101M、沙田新城市廣場(Sha Tin New Town Plaza Bus Terminus)から299X番バスなどがあります。西貢(Sai Kung)のバスターミナルで降りると、海辺のプロムナードが見えてきます。海に向かって左に曲がると、ウォータースポーツで人気の沙下(Sha Ha)があり、徒歩15~20分ほどで到着します。

西貢(Sai Kung)からの帰り方

沙下(Sha Ha)から西貢海濱公園(Sai Kung Waterfront Park)までは徒歩で約10分、さらに西貢公衆埠頭(Sai Kung Public Pier)の交通ターミナルまで行くと、ミニバスやバスで市内各所に行くことができます。

現地ツアー

西貢(Sai Kung)-家族で楽しむ1日カヌー/カヤック

家族で楽しめるこのツアーでは、西貢(Sai Kung)の自然の風景を探索し、美しい小島を訪れます。大人と6歳以上のお子様が対象で、ツアーのスタートとゴールは沙下(Sha Ha), 西貢(Sai Kung)で、9:30amから16:30pmまでです。基本的なトレーニングと簡単なランチが用意されています。価格は大人、子供ともにお一人様299香港ドルです。

Yee Tai (HK) Travel Service Ltd.
Phone#: +852 3698 0993
Website: www.yeetai-travel.com.hk

免責事項:
現地ツアーの詳細は、各オペレーターの条件に従います。香港政府観光局および現地オペレーターは、事前に通知することなく、いつでもツアーに関する詳細を修正、変更、中止する権利を有します。ご不明な点がございましたら、現地オペレーターにお問い合わせください。

他のルート

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.