話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

復元された香港屈指の歴史的建造物でタイムスリップ

  • Written by Localiiz
Blue House

景観は絶え間なく変化していますが、香港の街は何世紀にもわたり育まれた魅力的な歴史に包まれています。これを表す最も代表的なものは、建築を置いて他にはないでしょう。大館やPMQ といった建物はその好例です。これらの史跡はいずれも、新たな命が与えられ、現在では、香港で最もクリエイティブで文化的な中心として知られる場所に生まれ変わりました。また、このような再生の恩恵を受けた建物は市内に数多くあります。色彩豊かな家屋の集合体から、幽霊屋敷が音楽学校に変わった場所まで、香港で最も歴史的に重要な建物をいくつかご紹介します。

ブルー・ハウス・クラスター(藍屋)

ブルー・ハウス・クラスター(藍屋)

湾仔の石水渠街沿いにあり、受賞歴を持つ ブルーハウス集合住宅(藍屋) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、イエローハウス、オレンジハウス、そしてブルーハウスという、3つのカラフルな建物が連なって構成される集合住宅です。この集合住宅がある場所は、かつて地元の住民に中国医学を提供する病院として使われた後、医学の神様である華陀(Wah To)の廟となり現在に至っています。この4階建ての嶺南様式の建物は、水道局で使う塗料が残ったことから、その余った塗料を使って1990年代に青に塗られました。そしてブルーハウスが誕生したのです。

活気に満ちたこの集合住宅には現在、アーティスト・イン・レジデンス、カフェ、ビストロが入っていて、来訪者はヘルシーな地元料理を堪能することができます。敷地内には、映画、展示会、ライブコンサート、文化的ワークショップなどのアクティビティを主催する共同スペース 「香港故事館」 もあり、美しい提灯からワインのマイボトルを作成するまで、様々なクラフト体験ができます!

Jao Tsung-I Academy(饒宗頤文化館)

Jao Tsung-I Academy(饒宗頤文化館)

茘枝角の静かな丘にある Jao Tsung-I Academy(饒宗頤文化館) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、中国学の著名な中国人学者のジャオ・チョン・イ教授を記念して2012年に設立されました。この建物は、その歴史を通じてさまざまな目的に使われ、19世紀後半の清朝時代の税関として、イギリス人が建てた中国人労働者の住居として、また検疫所、刑務所、感染症病院として、さらには精神病棟として使われてきました。

このようにさまざまな過去を持ちながら、無料のパブリックツアーで、ガイドからこのスポットの文化遺産についてさらに詳しく学ぶことができます。また、各自がギャラリースポットを巡り、ジャオ・チョン・イ教授の業績について詳しく知ることもできます。ワークショップに参加して、素敵なお土産になるアイテムを作成するチャンスがあります。過去のワークショップでは、伝統的な中国のお菓子作り、中国の美しい切り絵体験、墨絵のクラスなどが開催されました。

雷生春(Lui Seng Chun)

雷生春(Lui Seng Chun)

雷生春 は賑やかな旺角の郊外にある4階建てのテナントハウスです。この戦前の建物の湾曲した正面構造は、その周辺の建物の中でも際立っており、雷生春の歴史的な時代を大きく物語っています。1階にあるお店で伝統的なハーブティーを注文し、小さな庭でリラックスしながら、今なお残るクラシックなヨーロッパ様式の建築を鑑賞しましょう。そのあとは、雷生春の歴史的重要性を紹介する展示スペースに足を運んでみてください。

虎豹樂圃(Haw Par Music Farm)

虎豹樂圃(Haw Par Music Farm)

その歴史の長さからグレード1保護指定建造物に登録された虎豹別邸は、中国音楽と西洋音楽の両方を教える音楽学校の 虎豹樂圃(Haw Par Music Farm) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る として再建され新しく生まれ変わりました。この歴史的な場所は大坑のはずれの人里離れたところにありますが、その活き活きとした風変わりな建築物は必見です。入口の月型の門を入ると、温かみのある照明、趣のあるアンティーク家具、部屋の周りのストーリーボードが目に入り、このボードは、虎豹別邸の物語とその歴史を紹介しています。事前に無料のガイド付きツアーを予約すると、建物のその他の部分も見学できます。

香港青年協會領袖學院(HKFYG Leadership Institute)

香港青年協會領袖學院(HKFYG Leadership Institute)

新界北部で最初の地方裁判所である粉嶺裁判法院は 香港青年協會領袖學院(HKFYG Leadership Institute) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る として2019年に生まれ変わりました。建物の外部と内部はいずれも、建築当時の細部の特徴をそのまま多く残しています。この建物は現在学校として使用されていますが、ガイド付きツアーに参加すると、建物内のさまざまな保存エリアの紹介があり、学校自体について学び、また植民地時代の建築と現代の技術が融合した世界を体験することができます。

The Pawn(ザ・ポーン)

The Pawn(ザ・ポーン)

香港屈指の人気のバーやレストランが入る The Pawn(ザ・ポーン) は、1966年にウー・チョン質屋だった建物を使った、象徴的な4階建てのテナントハウスです。この美しく改装された戦前の建物の中で、イタリアンピザバーのLa Piolaで食前酒を楽しみ、代表的なイギリスの家庭料理を満喫しながら、中国と西洋の建築様式が違和感なく調和する建築の特徴を見て取ることができます。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.