話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

香港のミュージアムで学ぶべき9つの興味深い真実

Nine fascinating facts to learn about at Hong Kong’s museums

香港には一体いくつの超高層ビルがあるのか、また、香港がコンクリートジャングルになる前の街にどんな野生動物が住んでいたのか、考えたことはありませんか?このような疑問に対する答えはすべて、市内にあるさまざまなミュージアムで知ることができます。香港の歴史から矯正機関に至るまで、あらゆるテーマに基づいたそれぞれのミュージアムが、楽しく興味深い知識を蓄えた宝物です。香港についてもっと学びたければ、9つの驚くべき事実を教えてくれる場所を紹介しましょう。

香港歴史博物館

香港は漁村だった

「香港の物語」という名前の 香港歴史博物館 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る の展示スペースは、この街が、慎ましい漁港から現在の巨大都市へと変貌を遂げた理由を教えてくれます。郷土の文化・伝統をテーマにした展示室では、釣りのさまざまな道具や復元した蛋民の家を見ることができます。また、この時代の香港の昔の伝統や儀式についても学べます。4億年以上の歴史を2つのフロアでカバーする展示スペースで、香港の発展に関わるその他のことについても知ることができます。

香港文化博物館

カンフーを有名にした街

香港の街が、伝統的な中国武術をどのようにしてポップカルチャー現象に変えたかを知りたいなら、ぜひ 香港文化博物館 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る を訪ねてみてください。博物館には、金庸先生の作品をテーマにした常設展があります。金庸はペンネームで本名は査良鏞ですが、常に絶大の人気を誇る武侠小説の偉大な作家の一人でした。金庸の作品は、テレビ番組、映画、ビデオゲーム、マンガなど、あらゆるジャンルに影響を与え続けています。

香港懲教博物館

矯正に重点を当てた刑事司法制度

ムチ打ちは犯罪に対する罰として相当であると見なされていました。香港の刑事制度では、矯正に一層の重点を置くようになったため、この種の体罰は、1990年の条例廃止で禁止されました。犯罪と刑罰に対する香港の捉え方が、170年以上にわたってどのように進展したかを知りたければ、 香港懲教博物館 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る を訪ねてみてください。模擬絞首台や独房など、600点以上の展示品を見ることができます。

美荷楼生活館

香港市民の約半分が公営住宅に居住

香港の不動産価格は通常非常に高いことから、全ての世帯が家と呼ぶ場所を見つけるには、公営住宅は欠かせません。現在、香港市民の半数近くは、1953年の壊滅的な火災発生後に導入された、政府補助金プログラムを頼りに暮らしています。その火災により、石硤尾の何千もの住宅が焼け落ち、被災者に再び安住の場所を提供するため29棟の集合住宅が建設されました。最後に残っていた1棟は、ユースホステルと 美荷楼生活館 に改装されています。歴史的な写真や復元された家などを展示するこの博物館で、50年代から70年代までの香港の公共住宅システムの発展を時系列で紹介しています。

香港警隊博物館

香港ではかつて野生のトラが闊歩

香港が以前からコンクリートジャングルだったわけではありません。市内にはかつて野生動物がうろついていましたが、その中で最もエキゾチックと言えるものはアモイトラでしょう。アモイトラは現在、絶滅の危機に瀕していると考えられています。最も痛ましい目撃例の一つは、100年以上前に新界で起こった事例で、1匹のトラが2人の警官を襲い、その後、別の巡査によって撃ち殺されたというものです。このトラの頭部のはく製は60年間中環警察署に置かれていましたが、現在はザ・ピークの 香港警隊博物館 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る で見ることができます。

香港海事博物館

世界屈指の取引量を誇る港

漢字で「香りのする港」と書く香港のアイデンティティは、その象徴的な港と非常に強く結びついています。天然の地形に守られ海の深さに恵まれたこの街は、世界中のさまざまな商品を輸出入する船舶にとって理想的な停泊港になりました。香港は、植民地時代に世界屈指の取引量を誇る港のひとつに成長し、今なお、国際取引の最も重要な中心地の一つに位置付けられています。香港の海事遺産が、この街の経済や文化・伝統などの発展にどのように影響したかをより深く理解するには、 香港海事博物館 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る を訪れてみましょう。昔の貿易船の模型からビクトリアハーバーのリアルタイムの展示ギャラリーまですべての海のことがわかります。

シティ・ギャラリー

世界屈指の高さを誇る街

香港には高さに限界がありません。領土は比較的小さいものの、高さ150mを超える建物がなんと300以上もあります。この記録は、ニューヨーク、上海、ドバイなどの都市を超えています。香港が世界で最も高い都市の一つとして成長したのは、その驚くべき都市計画に強く関係しています。 シティ・ギャラリー 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る では、この都市計画について深く探ることができます。ギャラリーは現在改装工事中ですが、1階と2階は公開されています。超高層ビルの模型や地下システムなど、インタラクティブ型の展示が数多くあり、この街の都市開発やインフラ発展についての重要な特色を掘り下げて解説しています。また、香港の将来計画についても知ることができます。

羅屋郷土博物館

客家の遺産が色濃く残る

客家は、早い時代から香港に居住する民族の一つでした。1600年代には、多くの客家が本土から到着すると同時に、言語や料理などの文化的慣習をこの地に持ち込みました。それ以来、数多くの客家の集落が放棄されましたが、市内では今なお、客家の文化の名残を垣間見ることができます。客家についてより詳しく知りたいなら、 羅屋郷土博物館 を訪ねてみましょう。かつての村の住宅を改装した博物館で、客家の生活様式を垣間見れる遺物や復元品などを展示しています。

香港文物探知館

文化が混じりあう香港の歴史は、その建築にもかなり反映されている

香港では、1800年代半ばにイギリス統治下に置かれた後、ビクトリア朝様式の建物が数多く建てられました。これらの建物の多くは、香港の気候や資源にも適応したものでした。この異文化が混じりあう建築美は、 香港文物探知館 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る ですぐに目にすることができます。かつてのイギリス陸軍のホイットフィールド兵舎の一部を改修したこの建物は、中国の瓦屋根と列柱式のベランダなど、東西双方の要素がそのままの形で残っている部分を数多く見ることができます。


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.