旧石灰釜・マッチ工場

旧石灰釜・マッチ工場

ペンチャウの平穏な島が、かつては産業活動が盛んに行われ、香港の石灰およびマッチ棒生産の中心地であったというのは驚きかもしれません。昔のにぎやかな日々の面影は、島の旧石灰・マッチ工場跡に見ることができます。

石灰釜
19世紀の石灰製造業の規模を反映し、シン・ライ・ハップ・ゲイ石灰釜工場は、2つの建物からなり、島には、合計で11もの石灰釜が存在しました。石灰は、カキの殻、クラムシェル、サンゴを燃やして作られており、建設、製紙、染色、船舶のメンテナンスなどに幅広く使われていました。1950年代に香港で新しい建設資材が登場したことで、石灰製造はすたれていきました。

マッチ工場
ペンチャウのマッチ産業は、上海のリウ・ホン・シェン(通称「マッチ王」)が1930年代にペンチャウ島に工場を建設したことにより栄えました。今では、香港最大のマッチ工場であったグレート・チャイナ・マッチ工場の建物で残っているのは、境界線を示すための番号が書かれた大きな石だけです。これらの石は、安全上の問題から、関係者以外は立入禁止であったエリアを示す「これ以上進んではならないという警告」として使われていました。1970年代には、リーズナブルなライターが普及し、マッチ工場もすたれていきました。

情報
住所:
2 Nam Wan, Peng Chau
アクセス
Lime Kiln Historical Site:
Take a ferry to Peng Chau from Central Pier 6 (the journey takes about 40 minutes). Turn right from the Peng Chau Ferry Pier and walk along the coast for about 10 minutes.

Match Factory Historical Site:
Take a ferry to Peng Chau from Central Pier 6 (the journey takes about 40 minutes). Walk from Peng Chau Ferry Pier to Kam Peng Estate for about 10 minutes, turn left and continue to walk for five minutes.
付近を検索

    表示したい近隣施設を選択:

  • アトラクション
  • イベント
  • ショッピング
  • グルメ
  • ホテル