2018 / 05 / 25 / Fri.香港入門

ドライフルーツ、豆、中国茶も!
海産物だけじゃない乾物街

ションワン(Sheung Wan/上環)の観光スポットとしてガイドブックなどでは必ず名前があがる乾物街。フカヒレや貝柱、アワビや干しエビなどの高級海産物の乾物が手に入ると紹介されることが多いですが、実は乾物街には手軽な食材もいろいろと並んでいるのです。海産物だけじゃない乾物街、エリアの紹介と入手しやすい食材をご案内します。

袋詰めのものなら言葉の心配は無用

©池上千恵 / ずらりと並ぶ海産物乾物店は、どこもオープンな店構え

手前の棚には手頃な脇役があれこれと

乾物街こと「海味街」は、ションワンからサイインプン(Sai Ying Pun/西營盤)にかけてのデボー・ロード・ウエスト(Des Voeux Road West/徳輔道西)という大きな道に面した区画を指します。乾物を扱う多数の店舗がずらりと建ち並ぶ独特のエリアです。
その海味街の主人公はやはり海産物ですので、お店で一番目立つところに売れ筋の商品がドーン! と陳列されています。インパクトのあるものが目に飛び込んできて、そのイメージにとらわれてしまいますが、その周辺をよーく見てください。手前のケースには小豆や緑豆などの豆があり、低い棚などには中国茶やドライフルーツなども並んでいます。

©池上千恵 / 「特價」と書かれたお買い得品も並んでいます。

どこのお店も量り売りが主体ですが、あらかじめパッキングされた商品も用意されています。「これを○グラムください」というやりとりが不安な場合は、ビニール入りの品はありがたいですよね。少し量多いかなと思っても、お友だちとシェアしたり、小分けしてお土産として配ってもいいかと思います。

素っ気ないパッケージだからこそのお買い得感

並んでいるのは、飾り気のないビニールの袋に詰められたものばかり。そのビニールに直接ペンで値段が書き入れられていたりする無骨さが、いかにも商人の街といった面持ちです。おしゃれ感は皆無ですが、それが質の良いものが格安で人気の品が手に入れられる理由でもあります。
たとえば、アンチエイジング作用が注目され、「ビタミン豊富なスーパーフード」として話題のゴジベリー(クコの実)や、同じくアンチエイジング作用があり、貧血防止などに効果があると言われているナツメも大粒のものなどは、600グラムも入って55ドル(約770円)ほど。
どちらもそのまま食べるほか、食材としてスープに入れたり、あらかじめ水と砂糖で煮ておいてコンポート状にしたり。ナツメは使いやすくチップ状にスライスされたものも売られています。

©池上千恵 / 粒の大きさが揃っていることは、品質チェックの第一のポイント。

体を温める効果があるバラ茶。むくみを取る効果もあるそうで、ノンカフェインティーとして安定した人気があります。「茶」としていますが、いわゆる「お茶」の成分はなく、食用のバラの花を乾燥させたもの。添加物なしのシンプルなドライローズですので、贅沢にバスエッセンスがわりにお風呂に浮かべて使う人もいるのだとか。は100グラムで15ドル(約210円)ほど。

©池上千恵 / 法國とはフランスのこと。フランス産のものはやや割高ですが粒が揃っていて香り高いです。

小豆、緑豆、ピーナツ、ハトムギなど、香港のおしるこ(糖水)などに使う豆類は粒の揃ったものが10~15ドル(約140~210円)ほどと破格の値段です。

©池上千恵 / 香港で食べた糖水の味を、日本に帰ってから再現してみるのもいいでね。

金銀花(スイカズラのつぼみ)や桂花(キンモクセイの花)なども。そのままお茶として飲むほか、手持ちの中国茶に適量を加えて香りを楽しむオリジナル茶を作ることができます。

©池上千恵 / 手前の棚のほか、壁面もお買い得品チェックをお忘れなく。

覚えておきたい重さの単位

香港の「単位」はイギリスから流入したものと中国からのものが混ざっています。海味街では漢字で単位表記されるものがほとんどですので、大体のグラム換算をメモしておくと買い物もスムーズです。

1斤(ヤッガン)
約600g
半斤(ブンガン)
一斤の半分、約300g
1磅(ヤッポン)
約450g
1両(ヤッリョン)
約37g
1克(ヤッハーッ)
1g、克はグラムの意味
元(ユン)
香港ドルの意味

©池上千恵 / 海味街は店番ネコが多いことでも有名。お客さんたちにかわいがられています。

乾物店はデボー・ロード・ウエスト(Des Voeux Road West/徳輔道西)の両側にずらりと並んでいます。多少の差異はあっても、同様商品の値段に大きな開きはありません。店構え、商品レイアウト、店員さんの様子などを見ながら歩いて、ピンときたお店でお買い物を楽しんでみてください。買い物袋は有料のところもありますから、エコバッグの持参はお忘れなく。

  • スポット海味街(Seafood Street)
  • 住所香港島上環徳輔道西
    Des Voeux Road West, Sheung Wan, Hong Kong
  • 営業時間店舗に準ずるが、概ね9:00~19:00ごろ 日曜定休が多い
  • 最寄りMTR西營盤(サイインプン)駅A2出口すぐ

文中の金額の単位はいずれも香港ドル。掲載の情報は2018年4月時点の内容です。時期により入荷のない商品もあります。最新の価格につきましては、各店舗でご確認ください。

Written by : 池上 千恵

フリーライター。出版社勤務を経て、約6年香港に居住。『香港路地的裏グルメ』『香港 無問題』『香港トラムでぶらり女子旅』など複数の関連著書を持つ。現在は年3~4回の訪港で生活感のある香港を探求し、雑誌・ウェブを中心に活動中。香港政府観光局公認『超級香港迷』(大の香港ツウ)として講演なども行う。
ブログ:香港*芝麻緑豆
http://edokomomo.exblog.jp/