話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

創業100年の老舗豆腐店「廖孖記(Liu Ma Kee )」の伝統を受け継ぐ

Localiiz
  • Written by Localiiz
廖孖記(Liu Ma Kee )4代目オーナーJay Liu

Image credit: Julian Leung Photography

佐敦(Jordan/ジョーダン)で生まれ育った廖(Liu)家は、彼らの名前を冠したブランド「廖孖記(Liu Ma Kee )」と同様に、この地域の名物となっています。1905年の創業以来、豆腐製品を販売してきた廖孖記(Liu Ma Kee )一家は、創業時から同じ住所で営業しています。Jay Liu氏は4代目のオーナーで、生まれたときから佐敦(Jordan/ジョーダン)に住み、遊び、働いてきました。彼は、曾祖父から受け継いだ伝統的な製造方法にこだわっています。「自動化できないもの、手で作らなければならないものがあるからです」。

廖孖記(Liu Ma Kee )の手作り豆腐

Image credit: Calvin Sit Photography

店の裏で豆腐の角切りを瓶詰めする日課は、この界隈では数少ない不変なもののひとつです。「昔は、うちの横に野菜の屋台があったり、Chiu Chowというお菓子屋さんがあったり、裏手に映画館があったりしたんだけど、今はもう全部なくなっちゃったんだよね。昔ながらの八百屋さんも閉店してしまった。この通りに残っているのは、私たちだけです」と廖(Liu)氏は言います。

ビジネスを成長させることよりも、廖(Liu)氏は地域の一員として、高品質な製品を管理された量だけ作ることを重視しています。「自分たちの生活を維持できるだけの量を作ることができれば、それでいいと思っています。以前、100箱もの大きな注文を受けたことがありますが、それは対応するのが大変でした。大きなスーパーではなく、昔ながらの食料品店でのみ販売しています」と言います。また、湾仔(Wan Chai)にある福臨門(Fook Lam Moon)のようなレストランにも卸しています。

廖孖記(Liu Ma Kee )店舗前

Image credit: Julian Leung Photography

「80歳を過ぎても、定期的にお店に足を運んで商品を購入してくださるお客様がいます。中には20年以上も買い続けてくださっている方もいます。あるとき、海外から戻ってきたおばあさんが店に直行してきました。彼女は当店のソースや調味料で育ったので、海外にいる間に懐かしくなったのです」と廖(Liu)氏は言います。また、実家で作った保存加工された豆腐の味で育ち、毎日のように食べていたそうです。クリーム状のパスタソースにしたり、チーズケーキに入れて焼いたり、トーストに塗ったりと、驚くほど万能な食材だと廖(Liu)氏は言います。「うちのソースを食べると、保存加工された豆腐に飽きてしまうのではないか 」と多くの人に言われましたが、今でも彼は家庭の味を好んで食べています。

廖孖記(Liu Ma Kee )一族(左から)Liu Chun-kin, Sandy Liu, Jordan, Elly, Jay Liu, Mrs Liu

Image credit: Julian Leung Photography

故郷の味に勝るものはないと言われますが、廖(Liu)氏にとってそれは保存加工された豆腐です。また、幼い頃から通っているレストランやショップ、裕華國貨(Yue Hwa Chinese Products Emporium) 沙記乳豬燒臘(Sa Kee Roasted Meats)、松記糖水店(Chung Kee Dessert) もあります。「ここは自分の家のようです」と彼は言う。フルートの名手である廖(Liu)氏は、大学時代を海外で過ごしましたが、イギリスは同じようには感じられませんでした。「ここでは、階下の文房具店に行って好きなものを買うことができるのがいいですね。イギリスの文房具店では何も買えませんからね」。

手作業で豆乳の瓶にラベルを貼るJay Liu

Image credit: Julian Leung Photography

この地域と一族に欠かせない存在である廖(Liu)氏は、驚くほど簡単にその重責を担っています。「私は、これまでずっとやってきたことを続けているだけです」と彼は説明します。「機械は状況に応じて調整することができませんし、感じることもできません。その楽器が正しく作られているかどうかを判断するためには、素材に触れ、形を感じなければなりません。型があるわけではないので、一本一本が違う。機械でできることには限界があります」。淡い黄色の立方体のおからは、伝統の重みを感じさせます。丁寧に積み上げられ、廖(Liu)氏の安定した手に渡され、再び受け継がれていくのです。

この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。

香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.