話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

ミシュラン獲得シェフでリアリティ番組のスター、そして誇り高き香港人のシェーン・オズボーン/Shane Osborn

LUXE City Guides
  • Written by LUXE City Guides

シェーン・オズボーン/Shane Osbornに見覚えがあるなら、それは決して偶然ではありません。シェーン・オズボーンは香港のレストランアルケーン/ Arcane とコーナーストーン/ Cornerstone の裏の立役者であるだけでなく、Netflix のリアリティ料理番組『ファイナル・テーブル』で仲間のシェフ、マーク・ベストと共に決勝へ進出したことでもご存じかもしれません。

ここの食文化を考えたら、とても活気に満ちていてワクワクする場所だと思って、それでここに来た。

オーストラリアで生まれたシェーンは、イギリスで20年を過ごしたのち、いまでは新しい故郷となった香港へやってきました。この著名なシェフは29歳の時にロンドンの有名レストラン『Pied à Terre(ピアデ・テール)』で初のミシュラン星を獲得し、オーストラリアでは初のミシュラン獲得者となりました。それから2つ目の星を獲得したのち、転地を求めてアジアへ引っ越してきました。

 

彼が香港を選んだのには複数の理由がありました。「香港は実に国際的な都市だ」とシェーンは言います。「ここの食文化を考えたら、とても活気に満ちていてワクワクする場所だと思って、それでここに来た」。

Shane Osborn

イギリスでは人々が集まる場所がパブであるのに対し、「ここでの社交の場はレストラン。ここの人たちは新しいものを試すのが好きで、ことレストランに関してはとても開放的だ。香港ではどんな料理もそろっていて、レストランやシェフにとってとてもワクワクするところ」。

メニューが読めないときは、指をさしてそれが欲しいものであることをただ祈る。大抵の場合、これでうまくいく。

開放的なのはシェーンも同じで、好んで地元のレストランに足を運んでいます。スタッフも同行することが多いです。「スタッフと一緒に行く店の多くは、その名前すら知らない。英語に訳すことができないから。」と彼は言う。「メニューが読めないときは、指をさしてそれが欲しいものであることをただ祈る。大抵の場合、これでうまくいく」。

Mak's Noodle

Photo credit: Mak's Noodle

生粋の香港人同様、シェーンお気に入りの地元料理の1つは 麥奀雲吞麵世家(Mak's Noodle) の牛すじ蒸し煮スープと香港スタイルのフレンチトーストにコンデンスミルクをかけたものです。カジュアルダイニングが好きな彼は、地元の人が食べているものに特に好奇心をそそられます。

「この間、中環(セントラル)からスターフェリーに乗ってTST(尖沙咀(チムサアチョイ))へ行き、観塘(クントン)までずっと歩いて行ったんだ。三時間ずっと、レストランを背景に、工場地帯が広がる香港の裏路地を探索してきた。80年代、90年代の幼少期に私が抱いていた香港のイメージに戻った感じがして、それは汗と蒸気と、ワンタン麺をすする人たちが外でプラスチックの小さな椅子に座っている景色だ。全くロマンチックな景色でそれが好きなんだ。華やかではない、生の香港だ」。

長洲島(チュンチャウ)

Photo credit: CHUNYIP WONG

香港で一番好きな気晴らし

キッチンで過ごす時間や近所を探索する時間以外は、「香港で一番好きな気晴らし」である大浪湾(ビッグウェーブベイ)や長洲島(チュンチャウ)といった香港の様々なビーチでぶらぶら過ごします。

 

「香港仔(アバディーン)でフェリーに乗って長洲島(チュンチャウ)へ行き、友人と泳いで冷たい藍妹啤酒(Blue Girl)ビールを飲む。オーストラリアで育ったから、海辺に住めば毎日泳ぎに行くものだ。海水へのダイブにはどこかリラックス感や癒しのようなものがある。何か心のソウルに訴えかけるものがあるんだ」。

上環(ションワン)

街へ戻ると、シェーンは毎日、上環(ションワン)まで歩いて帰ります。彼がこの2年半、「我が家」と呼んでいる場所です。「小さなバーやカフェやアートギャラリーがあって、本当の村といった感じがするんだ」と彼は言い、この場所を「街の中のクリエイティブな場所」と呼びます。

 

今後の予定は?「今はレストランが2軒あるが、今後2年で、これを香港でさらに成長・発展させる計画がまだある。我々のスタッフ、サプライヤーのネットワークや常連客など、これまで築いてきたコミュニティが、香港を私にとって我が家と呼べる場所にしてくれた。」と彼は言います。

 

過去8年間ここに住んできたシェーンは、「香港が許す限り、ここに残るつもりだ」と意気込みを話します。アルケーンやコーナーストーンに対する街の飽くことのない食欲を考えれば、彼がここに長く残ることは間違いないでしょう。


本記事に含まれる情報は予告なく変更する場合があります。ご質問がある場合は、該当するプロダクトまたはサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティーが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.