話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

リンジー・バーティー/Lindsay Varty(『Sunset Survivors』著者):香港のような場所は他にない

Localiiz
  • Written by Localiiz

故郷の町でプロラグビー選手として活躍する『Sunset Survivors』の著者、リンジー・バーティーが、比類なき香港の魅力と彼女の香港に対する情熱を伝えます。彼女が、帰国の理由、故郷に対する情熱を日々与え続けてくれるもの、そして過去を存続させることの大切さについて語ります。

 

マカオ出身の母とイギリス出身の父を持つリンジーは、西洋文化と地元の文化という様々な要素が融合した環境で育ち、バーティー家の普段の言語は英語でした。バーティーの母はいつも、生鮮市場の「野菜や果物の名前」が言えるようになるなど、子供たちが可能な限り広東語を使うよう努めていました。家族が地元の人たちと親しくするよう促すなか、バーティーは、ラグビーを始めた12歳のときに「ラグビー仲間の女子たちが中国語を教えてくれた」と話します。

香港独自の文化を尊敬する

香港独自の文化を尊敬する

大学時代をイギリスで過ごしたバーティーは、故郷が恋しかったことから祝日の度に香港へ帰ってきました。卒業すると、まっすぐと故郷へ戻りましたが、学んで大切にするよう母がかねてから促していた地元の文化的なものが少しずつ消えていく様子を見て、バーティーは喪失感を覚えました。


特に、蘭桂坊(ランカイフォン)で小さな白い花を売っていた物売りがいて、通勤時に毎日その同じ男性の前を歩いて通り過ぎていたことを彼女は思い出します。「上着のポケットに入れる1輪10ドルの花だったんですよ。」と彼女は笑います。「それを毎日、父は買って、上着のポケットに花を入れていました。

香港とそこでの比類なき経験

「このような古い店や伝統産業が完全に消えてしまう前に、それらに敬意を表すことをしなければならない」と、バーティーは思いました。伝統が存続するためには、新たな世代が地元の事業や職人の技を受け継ぐことが大切です。バーティーはその大切さを認識し、これを促進していくつもりです。こうして、優れた職人や工匠、そして香港文化と歴史に対する彼らの貢献をたたえる彼女の取り組み、『Sunset Survivors』が始まりました。

 

香港とそこでの比類なき経験

 

バーティーのような生粋の香港人にとって、「香港人であることは、外見よりもずっと大きな意味を持っています。香港とは、心の中に存在するものです」。街に対する彼女の情緒や愛情は、「MTRの扉が閉まる前には19回ビープ音が鳴ることや、タクシーが近づいてきた時の音を知っていること」といった、風変わりで小さなことに現れます。また、「階段を上っていき、麻雀牌のカチャカチャという音が聞こえてきたとき、それも故郷を感じる一瞬です。そのようなものはすべて香港の音や匂いといった小さなことなのです」。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.