話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

香港の伝統行事で記念すべき祭典を祝う

香港の伝統行事で記念すべき祭典を祝う

香港は国際的で現代的な街のイメージがありますが、古くから伝わる伝統も決して忘れられることなく、一年を通じていつでも香港の慣習を体験することができます。楽しむことを忘れない香港の人々は、年間を通じて行われるお祭りを通し、様々な形で自分たちの伝統を後世に伝え続けています。

旧正月

冬の最大のお祝い、旧正月には、香港中でにぎやかなお祭りが行われます。さらに車公誕(Birthday of Che Kung)と鮮やかな元宵節(Spring Lantern Festival)などもあり、香港中がお祭りムードとなります。旧正月には、子供も大人も全身赤い服を着て、近所の人からお店の人までお祝いの言葉が飛び交います。活気ある雰囲気に包まれた通りには、金色の提灯やその年の干支が飾られ、市場にはご馳走が並びます。家庭では比較的昔ながらのお祝いですが、街で行われるお祭りは、カーニバルや競馬、林村許願樹(Lam Tsuen Wishing Tree)での願掛け、ビクトリア・ハーバーの花火など、香港独特の雰囲気で盛大に行われます。

洪聖祭(Hung Shing Festival)

洪聖祭(Hung Shing Festival)

仏陀(Buddha)(仏教の祖ゴータマ・シッダールタ(Siddhartha Gautama)であり、釈迦牟尼とも呼ばれる)の誕生日は、浴仏節(Buddha Bathing Festival)とも呼ばれ、香港でも最も厳粛かつ特別なお祭りの一つです。

 

香港で崇拝される多くの神々と同様、洪聖(Hung Shing)も歴史上の人物であり、後に崇拝されるようになりました。神となる前の姿は、唐の時代(618~907年)に広東省番禺区の守を務めた洪煕(Hung Hei)という人物で、天文学や地理学に精通し、天候を予想することで漁師や商人を助けたと言われています。この洪聖祭(Hung Shing Festival)は主に漁師たちが中心となってお祝いされています。洪聖祭(Hung Shing Festival)は、800年の歴史を持つ新界(New Territories)の河上郷村(Ho Sheung Heung)や、240年以上前からある 鴨脷洲洪聖古廟(Hung Shing Temple at Ap Lei Chau) で行われており、京劇やパレードなどが盛大に催されます。

天后誕(Birthday of Tin Hau)

天后誕(Birthday of Tin Hau)

昔から海とのつながりが深い香港では、海の女神であり、漁師たちの守護聖人である天后(Tin Hau)に対する厚い信仰が今も脈々と続いています。天后(Tin Hau)の生誕祭には、天后(Tin Hau)を祀った、香港にある70以上の寺院に地元の人々が集まり、来る年の安全、安定と好天、豊漁を祈願します。天后(Tin Hau)に対する信仰は時代を超えて受け継がれており、このお祭りには、網漁船よりレストランで魚を見ることの方が多い若者もたくさん参加しています。元朗(Yuen Long)で3時間かけて行われるパレードや、香港で最も古い大廟灣天后廟(Tin Hau Temple in Joss House Bay)でのお祭りは一見の価値があります。

仏祖誕(Birthday of Buddha)

Photo Credit: So Shing Yan

仏祖誕(Birthday of Buddha)

仏陀(Buddha)(仏教の祖ゴータマ・シッダールタ(Siddhartha Gautama)であり、釈迦牟尼とも呼ばれる)の誕生日は、浴仏節(Buddha Bathing Festival)とも呼ばれ、香港でも最も厳粛かつ特別なお祭りの一つです。

 

仏陀が生まれたとき、9頭の龍が水を浴びせたという伝説があることから、仏祖誕では信者が仏教寺院に集まり仏像に水をかけますが、これには心を清めるご利益があると言われています。最も盛大な仏祖誕のお祭りは、大仏(Big Buddha)のあるランタオ島(Lantau Island)の 寶蓮寺(Po Lin Monastery) 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る で行われます。

 

仏祖誕の前後には、「苦あれば楽あり」を象徴する苦くて緑色のクッキーを食べてお祝いする習慣もあります。

 

[ 注意:現在、天壇大仏は改修工事中です。大仏像は覆われており、大仏像の下のお堂や階段の上の部分は閉鎖されています。宗教儀式や行事は通常通り行われますので、公式サイトをご確認の上、ご参拝ください。 ]

譚公誕(Birthday of Tam Kung)

譚公誕(Birthday of Tam Kung)

譚公(Tam Kung)は、漁師や沿岸地域に住む人々の守護神と言われ、香港だけで崇拝されています。元王朝時代(1206-1368年)に広東省恵州で生まれた譚公(Tam Kung)は、幼少の頃から天気を予想したり、病気を治す能力があると言われていました。譚公(Tam Kung)の肖像には、12歳の子供の顔をした80歳の男の姿が描かれますが、これは、譚公(Tam Kung)が若くして悟りを開き、不老の奥義を学んだためだといわれています。

 

1905年に建立され、当時の設計をそのままに2002年に再建された筲箕湾(Shau Kei Wan)にある 譚公廟(Tam Kung Temple) では、獅子舞とパレードでその生誕を盛大に祝うお祭りが開かれます。

長洲饅頭節(Cheung Chau Bun Festival)

長洲饅頭節(Cheung Chau Bun Festival)

春が終わる頃、いつもは穏やかな小さな島に何千人もの観光客がフェリーに乗って集まります。その目的は、香港の数ある祭りの中でも見ごたえのある、長洲饅頭節(Cheung Chau Bun Festival)。神に扮した子どもたちが竹馬に乗って行進するピウシク (piu sik) パレード、獅子舞、道教の式典や興奮を誘う搶包山比賽(Bun Scrambling Competition)など、これらは中国の無形文化遺産に登録されています。また、饅頭から高さ14メートルの竹の塔まで、すべてが地元の人々によって準備され、まさしく香港を代表するお祭りとして受け継がれています。

ドラゴンボート・フェスティバル(Dragon Boat Festival)

ドラゴンボート・フェスティバル(Dragon Boat Festival)

香港の夏は、インスタ向きのドラゴンボート・フェスティバル(Dragon Boat Festival)で始まります。ドラゴンボート・フェスティバル(Dragon Boat Festival)は、腐敗した支配者に抗議して入水自殺した中国の国民的英雄、屈原(Qu Yuan)を追悼し、中国全土で祝われるようになりました。香港ドラゴンボート・カーニバルでは、彩り豊かなドラゴンボートを操る世界各国の選手たちが、美しいビクトリアハーバーの地平線をバックに港を横切るドラゴンボートのレースが行われ、とても盛り上がります。大澳(Tai O)で開催されるドラゴンボートウォーターパレードもお勧めです。大澳(Tai O)の水辺をさまよう亡霊を鎮めるため、神聖なサンパン(平底船)の上に守り神が置かれ、ドラゴンボートに牽引されて水辺を進みます。

盂蘭節(Hungry Ghost Festival)

中国の古来からの信仰では、旧暦の7月は幽霊が地上を徘徊すると考えられており、多くの中国人は幽霊の魂をなだめるため盂蘭節(Hungry Ghost Festival)を祝います。この祭りの起源は、中国に根付く祖先崇拝にも深く関係し、ヨーロッパのハロウィンとは異なるものです。潮州(Chiu Chow)在住者による孟蘭節(Hungry Ghost Festival)は、伝統行事として中国の無形文化財に登録されています。香港を訪れる人にとって、盂蘭節(Hungry Ghost Festival)は香港の生きた文化を生で見る絶好の機会でしょう。この頃には地元の人が路地で幽霊や先祖があの世で使う偽物のお金やお供え物を燃やしているのを目にすることができます。またお腹をすかした幽霊のために食べ物が置かれることもあります。さらに、神々の慈悲と功徳を称え、街中では竹製の仮設舞台で中国オペラの公演が行われます。

中秋節(Mid-Autumn Festival)

中秋節(Mid-Autumn Festival)

丸は中国文化の統一を象徴し、満月は家族が集まる絶好の機会として、唐の初期(618~907年)から中秋節(Mid-Autumn Festival)が祝われてきました。多くの人にとって、中秋節(Mid-Autumn Festival)は一年で最も重要な祭りの一つと考えられています。都市化の進んだ香港では今でもこの祝日を祝い、塩漬けの卵黄からアイスクリームを使ったものまで、流行に沿ってさまざまな種類の月餅が作られています。華やかな中秋節(Mid-Autumn Festival)を見てみたい方は、大抗(Tai Hang)に行くことをお勧めします。見事なファイヤードラゴンダンス(fire dragon dance)と街中に灯されるランタンは必見です。

あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.