話す

話す


申し訳ありません。認識できませんでした。

申し訳ありません。認識できませんでした。

建築家が紹介する香港の象徴的なスカイライン

  • Written by NewBase Content

デニス・ラウはセントラルプラザや香港コンベンション・アンド・エキシビションセンターなどの象徴的な建造物に関わった建築家で、香港のスカイラインの設計に大きな役割を果たしています。ここでは、今なお現役の70年代の建物から現代的な超高層建築まで、香港の街の主要な超高層ビルの代表例について簡単に彼が紹介してくれます。


インターナショナル・コマース・センター(International Commerce Centre、ICC、環球貿易広場)

インターナショナル・コマース・センター(International Commerce Centre、ICC、環球貿易広場)

ICC 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は現在、香港一の高さを誇るビルです。このセンターは大きな建設プロジェクトの一部で、九龍駅の上の合計17ヘクタールの敷地にあります。この超高層オフィスタワーの最上階には、豪華なホテルと展望台があります。毎晩2回、午後7:45と午後9時にICCライト・アンド・ミュージックショーが開催され、ダイナミックな光と色が街を彩ります。

ジャーディン・ハウス(Jardine House)

ジャーディン・ハウス(Jardine House)

かつてコンノートセンターとして知られた ジャーディン・ハウス 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、1972年の完成時、香港で最も高い建物で、香港の最初の超高層ビルでした。窓の形が円形のユニークなデザインの建物で、従来の長方形の窓よりも構造的に強くなっています。

IFC(国際金融中心)

IFC(国際金融中心)

IFCモール は、タワー1とタワー2の2つの超高層ビルに加え、ショッピングモールとホテルで構成されています。タワー2は香港島で最も高い建物です。港の向かいにある九龍のICCとともに、香港島にあるこの超高層ビルが、香港の玄関になっています。タワー2の最上部には彫刻が施された王冠があり、夜にライトアップすると、何キロも先からそれを見ることができます。これは港への歓迎を表しています。

ホープウェル・センター(Hopewell Centre)

ホープウェル・センター(Hopewell Centre)

66階建ての超高層ビル ホープウェル・センター 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は、1980年の完成当時、コンノートセンターを追い越して街で最も高い建物になりました。最上階には、香港で最も高い回転レストランがあり、眼下に広がる港と建物の景色を見渡すことができます。

香港コンベンション・アンド・エキシビションセンター

香港コンベンション・アンド・エキシビションセンター

香港コンベンション・アンド・エキシビションセンター 行き方 {{title}} 住所 {{address}} ウェブサイト {{website}} 詳細をもっと見る は数多くの国際会議や展示会が開催される世界クラスの施設です。1年間の予定が常に決まっていて、ホテル、オフィス、アパートメントがすべて一か所に入る、世界でも数少ないコンベンションセンターの一つです。1985年に建てられたこの建物の礎石は、女王エリザベス2世によって敷設され、植民地時代に女王が最後に香港を訪れたときの記念です。その礎石を鳥のようだという人もいれば、亀のように見えるという人もいます。何に見えるか、あなたにお任せです。

セントラルプラザ(Central Plaza)

セントラルプラザ(Central Plaza)

1992年の完成当時、 セントラルプラザ は、北米を除き世界で最も高い建物でした。ユニークな三角形のデザインなため、ほとんどの部屋から港の景色を楽しむことができます。時計塔と同じく、最上部にネオンクロックが設置されていますが、時刻盤が15分ごとに様々な色で表示されます。46階にあるスカイロビーから360度のパノラマを望め、市街の最高の景色を無料で眺めることができます。また、75階にはスカイラウンジがあり、教会として使用されることもあります。


この記事に掲載された情報は、事前の予告なく変更されることがあります。ご質問がある場合は、その商品やサービスの提供者までお問い合わせください。 香港政府観光局は、サードパーティが提供するプロダクトおよびサービスの目的に対する品質または適合性について、いかなる責任も負わないものとします。また、同観光局は、本記事に含まれる情報の正確性、妥当性、信頼性についていかなる表明または保証も行いません。


あなたへのおすすめ

{{post.type}}

{{post.title}}

{{post.date}}

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website, to understand your interests and provide personalized content to you as further set out in our Cookie Policy here. If you accept the use of cookies on our website, please indicate your acceptance by clicking the "I accept" button. You may manage your cookies settings at any time.