Hong Kong Asia's World City

旅のハイライト

旅のハイライト

Time Out Hong Kong 提供

オールド・タウン・セントラルには何十年もの歴史を持つ寺院から、シックなルーフトップバーまであり、見て回る場所に困ることはありません。この活気ある地区で時間を最も有効に使えるように、このエリアでいちばんの歴史的建物、ショップ、レストランを見て回れるお勧めルートを作成しました。この地区の豊かな歴史に興味がある方も、美味しい香港グルメを楽しみたい方も、このお勧めルートを辿ればオールド・タウン・セントラルの最高のスポットを網羅でき、道中の隠れた素敵なスポットも見つけられます。

1水坑口街(Possession Street)
水坑口街(Possession Street)

何の変哲もないように見えるかもしれませんが、水坑口街(Possession Street)は香港の歴史上で非常に重要な位置を占めています。1841年1月25日、英海軍はここにある水坑口(Possession Point)に上陸し、以降150年にわたるイギリスの植民地時代が始まりました。当初から水辺の地域にあった水坑口街は英国の上陸によって新しく生まれ変わりました。ここにはおしゃれなレストランやブティックと並んで歴史ある商店も軒を連ねており、往時の香港の雰囲気を味わうこともできます。

2朱榮記
朱榮記

古き良き家庭用品を埋蔵品のように積み上げた、古風な日用雑貨用品店です。最近は見ることが少なくなりましたが、ここでは今も、昔ながらの陶磁器類、急須、天井から吊るした竹籠、羽根はたき、埋もれた石油ストーブなどが売られています。大量生産された現代の商品ではなく、こうした昔からの安価な香港製品を買えば、素晴らしいお土産になります。

住所: 24 Possession Street, Sheung Wan
電話: +852 2545 8751
3太平山街(Tai Ping Shan Street)
太平山街(Tai Ping Shan Street)

水坑口街(Possession Street)をまっすぐ歩いていくと、太平山街(Tai Ping Shan Street)にたどり着きます。全長300mほどの道で、両側には、特徴的な由緒あるお寺が集まっています。この中で最も目をひくのは、くすんだ赤い色の廣福義祠でしょう。建立は1856年。寺がさまざまな役割を担っていたことを示す典型的な例となっています。移民者の祖先を祀っていただけでなく、病人を看病し、香港で死亡した出稼ぎ者を弔う位牌が納められています。また階段近くにある太歲廟と、觀音堂、控えめな福徳宮も必見です。どこも多くの参拝者が訪れます。

住所: Tai Ping Shan Street, Sheung Wan
4摩羅上街(Upper Lascar Row)
摩羅上街(Upper Lascar Row)

摩羅上街(Upper Lascar Row)には書道、アート、ビンテージ物の家具までアンティークショップがずらりと軒を並べています。この通りには、毛沢東の目覚まし時計やブルース・リーのポスターなどの古物を売る屋台も並んでいます。最近では近辺に現地のデザイナーブティックやビンテージファッション店も登場し、旅行者だけでなく現地の人々の人気も高まっています。

住所: Upper Lascar Row, Sheung Wan
5文武廟
文武廟

太平山街(Tai Ping Shan Street)から徒歩5分の距離にある文武廟は、150年以上前に建てられたとされる素晴らしい建物です。それぞれに異なる目的を持つ3つの部屋に分かれています。文武廟という名の部屋は文神と武神を、列聖宮という部屋はあらゆる天上の神を祀っています。そして公所は地域社会の紛争を解決する集会場でした。

歴史ファンには非常にお勧めの場所で、保存状態が良い歴史的な建物には、1847年製の銅鐘と1862年製の椅子かごがあります。建物自体も素晴らしく、花崗岩の柱とドア枠、彫刻を施した木版、古い壁画が見られます。

住所: 124-126 Hollywood Road, Sheung Wan
電話: +852 2540 0350
6百子里公園
百子里公園

大館から荷李活道(Hollywood Road)を歩いていくとすぐに中山孫文歴史トレイルの16スポットの1つ、百子里公園に到着します。緑美しい公園は、1892年3月13日、革命指導者の楊衢雲と謝纘泰が設立した輔仁文社の功績を記念して作られたものです。輔仁文社は後に孫文の興中会と合流し、1911年の辛亥革命に大きく関わることになりました。記念公園は都会的な建築デザインに一新されており、展示パネル、インタラクティブ施設、社会の歴史と革命活動を紹介する教育的遊び場があります。

住所: Pak Tsz Lane, Central
746 Graham Street / 48 Hollywood Road
46 Graham Street / 48 Hollywood Road

香港で最も写真におさめられたストリートアートは疑いようもなく、地元のグラフィティアーティスト、アレックス・クロフト氏が香港を象徴する唐樓と呼ばれる低層アパートに描いたカラフルな古い集合住宅の壁画でしょう。明るい青を背景にしたこのストリートアートは、活気あふれるカラフルな窓となって過去を垣間見せてくれます。

住所: Intersection of 46 Graham Street and 48 Hollywood Road, Central
8泰昌餅家
泰昌餅家

抗えないほどいい香りがする、シルクのような舌触りの熱々のエッグタルトを食べるなら、「泰昌餅家」に行きましょう。創業は60年以上前。長い歴史がこの店の評判を語っていますが、最後の香港総督、クリス・パッテンもお気に入りでした。現在では香港中に支店がありますが、擺花街(Lyndhurst Terrace)にある第一号店が最も有名です。

住所: 35 Lyndhurst Terrace, Central
電話: +852 8300 8301
ウェブサイト: www.taoheung.com.hk
9蘭芳園
蘭芳園

香港スタイルのミルクティーが飲みたくなったら、「蘭芳園」へ。英国文化の影響を受けていますが、エバミルクと砂糖を使った、人気の飲み物です。きめの細かい布で濾し、「シルクストッキングのよう」と言われている、とても滑らかな舌触りのミルクティーを是非飲んでみてください。蘭芳園の元祖屋台は今でも中環(Central)とミッド・レベル(Mid-Levels)をつなぐエスカレーター下にあります。その隣にある食堂ではネギ油を絡めた鶏のせ麺をどうぞ。

住所: 2 Gage Street, Central
電話: +852 2544 3895
10大館
大館

「大館」は、170年以上の歴史がある旧中環警察署建築群のニックネームです。ここには16棟の歴史的な建物があり、どれも素晴らしい建築物です。例えば旧警察本部の建物は新古典主義建築で、1862~1864年の間に建てられた官舎は特徴的なローマ様式のアーチで有名です。

香港最大の保全プロジェクトであり、保存状態が素晴らしく、現在はアートと文化の中心地に生まれ変わっています。新しく建てられた2棟の建物の他、以前からあった建物に、アートギャラリー、小売店、さまざまなバーやレストランが入っています。

大館では美術展示会、パフォーマンス、ワークショップ、映画上映会、ガイドツアーなども開催されています。お出かけ前にホームページでスケジュールと詳細情報を確認するといいでしょう。

住所: 10 Hollywood Road, Central
電話: +852 3559 2600
ウェブサイト: www.taikwun.hk
11Piqniq
Piqniq

このルーフトップのテラスバーは、香港で飲食をし、楽しむ、最もおしゃれな場所の一つです。素晴らしい眺めを満喫できます。またここは世界的に有名な日本のアーティスト、草間彌生氏による独特な水玉模様のカボチャで装飾されています。おしゃれで奇抜な場所で、快適なビーンバッグチェアでくつろぎ、ワインやカクテル片手に、ハムやソーセージなどのシャルキュトリとチーズ、スパイシーツナ巻き、厚切り和牛サンドなど各国の料理が詰まった「piqniq」バスケットをどうぞ。

住所: R/F, H Queen’s, 80 Queens Road Central
電話: +852 5200 1683
ウェブサイト: www.lecomptoir.hk/piqniq

 

 地図をダウンロード(英語のみ)

  eガイドブックをダウンロード(英語のみ)

オールド・タウン・セントラル街歩きのおすすめは5つあります。他のおすすめ街歩きはこちらから・

香港政府観光局は本誌に記載された店舗、レストラン、商品、サービスなどに関する情報に責任を負わず、記載された店舗、レストラン、商品、サービスなどに関する情報について、商業的な適用性、正確性、妥当性、信頼性などについて表明または保証するものではありません。

予告なく掲載内容が変更になることがあります。お問い合わせは、関連当事者に直接行ってください。

このガイドは最も正確な情報を提供するように慎重に編集されていますが、香港政府観光局とタイムアウト香港は情報の陳腐化、誤謬、脱漏について責任を負うものではありません。