英国統治時代

1841年の朝、イギリスの国旗が占領地に掲げられたときに、香港の運命は大きく動きました。パーマストーン氏が「不毛な島」と呼んだこの地は活気を取り戻し、この時代の出来事は優雅で、時に風変りな視覚的・文化的な特徴をそのまま残した世界的都市を築いてきました。