ランユクタウ・ヘリテージ・トレイル

ランユクタウ・ヘリテージ・トレイル

ランユクタウ・ヘリテージ・トレイルランユクタウ(龍躍頭)ヘリテージ・トレイルは、ニューテリトリーに暮らしていた5大一族の1つタン一族の歴史を物語る様々な風景を見ることができます。昔、ここの山で飛び跳ねる龍が見られたという言い伝えから、この名前がつけられました。

13世紀、南宋朝(1127年~1279年)は圧倒的な力を誇ったモンゴル軍に破れ、追われていた王女は、江西省出身であったタン一族の元に避難しました。王女は、タン一族の男と結婚し、その子孫が元朝(1271年~1368年)の終わりごろにランユクタウ(龍躍頭)に移り住みました。子孫たちは、この地域に11の村を作り、そのうちの5村は、かつてこの地域に存在した盗賊や海賊から守るために壁で囲みました。一族の遺物の多くは保存されており、道教寺院群フン・イン・シーン・クーン(蓬瀛仙館)などをトレイル沿いに見ることができます。

この地域に住むタン一族は、今でも、夏と秋の共同礼拝や毎年の天后誕を初めとする村の伝統的な習慣を行っています。

1. スタートポイント - 蓬瀛仙館(フン・イン・シーン・クーン)

ここでは、蓬瀛仙館 (フン・イン・シーン・クーン)の荘厳な道教寺院群を知ることができます。

情報
Address: 66 Pak Wo Road, Fanling, New Territories
Website: www.fysk.org

アクセス

MTR Fanling Station, Exit B. Look for the temple’s distinctive double-tiled orange roof.

2. 崇謙堂(シュンヒントン)

客家人は、迫害を逃れ、1901年にこの村を作りました。特に注目すべきは、客家人が訪れるこの地域唯一の教会である崇謙堂(ツァンカムチャーチ、客家語で「シュンヒム」)です。崇謙堂は一般公開はされていませんのでご注意ください。

情報
Address: Shung Him Tong Village, Lung Yeuk Tau, Fanling
Remark: Not open to public

アクセス

MTR Fanling Station, Exit C, follow the signs to Luen Wo Hui. Turn left and go downstairs to the minibus station and take minibus 54K to Lung Yeuk Tau. Alight at Shung Him Tong.

3. 麻笏圍 (マーワットワイ )

1736年から1795年の間に作られた麻笏圍 (マーワットワイ)村は、数世紀前、いかにこの地域が友好的ではなかったかということを表しています。門の上に設置されている砲床は1740年に作られたものです。この砲床は、厚いめっきが施された錬鉄製の可動部が2ヵ所あり、十分な補助がありながら空気が循環するスペースも確保されています。村には、北西の狭い門からしか入れません。麻笏圍の入場門は、法定古蹟として保護されています。

一般公開はされておりませんのでご注意ください。

アクセス

From Shung Him Tong, head to Ma Wat Wai children’s playground via Shek Lo. It’s about a five-minute walk, and Ma Wat Wai is just beside it.

4. 老圍 (ローワイ)

トレイルのメインスポットである老圍 (ローワイ)は頑丈な壁に囲まれており、東側の狭い門からしか入ることができません。壁と守衛詰所は修復され、現在は保護建造物に指定されています。守衛詰所には、土地の神様を祀る祭壇と砲床が設置されていますが、村の小型の古い大砲はもう存在しません。

一般公開はされておりませんのでご注意ください。

アクセス

Continue along the route in front of Ma Wat Wai until you reach Lo Wai.

5. 天后廟 (ティンハウ廟)

媽祖がまつられた地元の寺院は、伝統的な様式や装飾が施された素晴らしい職人技の光る建物であり、最後に修復されたのは1981年です。漁の守護神であり、香港で最も人気のある神の一人である媽祖の像は本殿にあり、子宝の女神であるカム・ファの像はその横のホールにまつられています。70年にわたり育てられてきた素晴らしい蘭の花々も見逃せません。

アクセス

Continue along the route until you reach Tin Hau Temple.

6. 松嶺鄧公祠 (タン・チョン・リン・アンセストラル・ホール)

1525年に建てられ、1700年に再建された松嶺鄧公祠 (タン・チョン・リン・アンセストラル・ホール)は、香港最古かつ最大の祠堂で、現在法定古蹟に指定されています。建物全体は、細かな木彫細工が施されており、多色塗りの型焼き石膏、中国では縁起がよいとされているモチーフをかたどった陶製の彫像や壁画で飾られています。龍躍頭のタン一族の創設メンバーにささげられたこの霊廟は、一族の祖先である宋の王女とタン一族出身の夫を称える、香港唯一の勅額があります。
祖先崇拝に加え、この霊廟は、一族が定期的に行事を行い、若者を教育し、一族内の違いを解消する場でもあります。

アクセス

Tang Chung Ling Ancestral Hall is right beside Tin Hau Temple.

付近を検索

    表示したい近隣施設を選択:

  • アトラクション
  • イベント
  • ショッピング
  • グルメ
  • ホテル