九龍ウォールド・シティ・パーク

九龍ウォールド・シティ・パーク

九龍ウォールド・シティ・パークは旧九龍城砦のあった場所に存在し、かつての犯罪や堕落の温床として今日も名を残しています。

この場所は、九龍半島に沿った戦略的な拠点を占めており、16世紀から中国の親任官が使用してきました。1841年、香港島がイギリスに委譲された際、九龍城砦はすでに駐屯地となっており、中国政府が強化していました。、ニューテリトリーが99年間にわたりイギリスに租借されることとなった1898年、砦の運命は変わりました。城砦は条約により中国領土として残りましたが、その翌年、中国軍や高官は退去させられました。その後、権力の空白状態が生まれ、そこに犯罪者がはびこり、駐屯地は街の中に存在する街となったのです。

20世紀を通し、逃亡者や犯罪者がこの無法地帯に集まってきました。法の手が届かない中、九龍は、違法建築の建物が複雑に入り組む迷路のような街に膨れ上がり、麻薬密売や売春から無免許歯科医などありとあらゆるものが、このジメジメとした薄暗い路地にはびこりました。

1987年、中国の同意を得て、植民地政府はこの無法地帯の管理に乗り出し、住人を再び定住させ、スラム街を公園に変えました。今日、中国式の公園は、城砦の面影を残しており、特に、中国王朝の庁舎であったヤーメンが印象的です。江南庭園様式の公園では、かつては人間の闇の部分が蔓延した場所で、美しい自然を堪能することができます。

情報
住所:
Tung Tsing Road, Kowloon City, Kowloon
電話:
+852 2716 9962
ウェブサイト:
www.lcsd.gov.hk
アクセス
  • MTR Lok Fu Station Exit B, then take a taxi to Tung Tau Tsuen Road; or,
  • bus 1 from the Tsim Sha Tsui Ferry Pier Terminus. Get off at Tung Tau Tsuen Road (opposite to the park).
付近を検索

    表示したい近隣施設を選択:

  • アトラクション
  • イベント
  • ショッピング
  • グルメ
  • ホテル