チュン・ポー・チャイ洞

チュン・ポー・チャイ洞

近代のロビン・フッドと称されることの多いチュン・ポー・チャイは、多くの物語や映画の主人公として取り上げられています。歴史上は、18世紀後半に南シナ海に出没していた悪名高い海賊として知られており、かつては600隻の船と5万人の部下を指揮していたとも言われています。こうした経験は、彼が1810年に清朝に降伏し、中国海軍の士官を務める際に役立ちました。

ご存知ですか?

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」でチョウ・ユンファが演じたサオ・フェンは、清朝時代に実在した伝説の海賊、チョン・ポーチャイをモデルとしています。

チュンチャウ島にあるチュン・ポー・チャイ洞は、彼の隠れ家の1つでした。今は何もありませんが、曲がりくねった道を進み、偉大な海賊がひそんでいたことを想像するのも1つの楽しみ方です。懐中電灯をお忘れなく。短剣やオウムの持ち込みはご自由に。

情報
住所:
Cheung Po Tsai Road, Cheung Chau, Outlying Islands
アクセス
Take a 35-to-60-minute ferry ride from Central Pier 5 to Cheung Chau. Turn right at Cheung Chau Ferry Pier, walk along the coast for 20 minutes to Sai Wan Tin Hau Temple, then walk uphill for about 10 minutes.
付近を検索

    表示したい近隣施設を選択:

  • アトラクション
  • イベント
  • ショッピング
  • グルメ
  • ホテル