パク・タイ・テンプル(チュンチャウ)

パク・タイ・テンプル(チュンチャウ)

この寺院は約200年前、海の神であり、「北天または神秘的な天空の最高位皇帝」という肩書きで有名な神を称え、「パク・タイ」と名付けられて長洲に建立されました。

この寺院には、清朝(1644年~1911)時代に作られた金めっきの木工や宋(960年~1279年)時代の鉄剣などがおさめられています。屋根に施されている龍の彫刻は、中国建築の特徴です。

この寺院は、人気の高い饅頭節第4太陰月の8日)の間は様々な祭りの中心地となります。

情報
住所:
End of Pak She Street, Cheung Chau, Outlying Islands
電話:
+852 2981 0663
ウェブサイト:
www.ctc.org.hk
アクセス
Take a left from Cheung Chau Ferry Pier, walk along San Hing Praya Street for about eight minutes, turn right to Kwok Man Road then left to Pak She Street and walk for about three minutes.
付近を検索

    表示したい近隣施設を選択:

  • アトラクション
  • イベント
  • ショッピング
  • グルメ
  • ホテル