戯曲センター

西九龍文化地区に位置する戯曲センターは、広東オペラや中国伝統劇の最新劇場です。

「戯曲センター」は、広東オペラなどの中国伝統劇「戯曲」の保全と促進、を担う施設として 2019 年 1 月にオープンした舞台芸術劇場です。新たな文化地区として開発が進む西九龍文化地区に誕生したこの施設は、伝統的なものと現代的なものを対比させた見事なデザイン建築として大きな注目を集めています。鉄骨を用いた先進的なフォルムの 8 階建ての建物は中国の伝統的なランタンをイメージしており、正面から見たデザインは緞帳が上がる舞台を思わせます。施設内の「Tea House Theatre」では伝統的なお茶や点心を楽しみながら、広東オペラを気軽に鑑賞することもできます。

Tea House Theatre
20世紀初頭のお茶屋の雰囲気を再現し、伝統的なお茶や点心を楽しみながら、広東オペラを気軽に鑑賞することができます。茶館新星劇團(Tea House Rising Stars Troupe)による、90分のスペシャルステージでは、様々な演目の抜粋や解説付き演目を、中国茶と点心をいただきながら鑑賞する事ができます。

戯曲センターの舞台、スクリーニングやガイド付きツアーのチケット発売中。