2019 / 1 / 10 / Thu.トレンド

ハイセンスな香港ローカルが好きな場所。
アンバー・フウ & レイモンド・リー編

観光名所を一通り回ったら、ローカル気分で街歩きがしたい。「あなたが好きな香港を教えて」香港のキーパーソンに聞いてみた。

ローカルフードを食べてパワフルに楽しんで。

Amber(以下、A) 二人で香港のカルチャーやデザイン、アートを紹介する「Readymade Journal」というメディアをやっています。香港と海外の架け橋になりたくて。
Raymond(以下、R) 香港はカルチャーを取り入れることが上手だよね。それにこの〈A Beautiful Store〉もそうだけれど、香港にはまだ古い街並みが残っていて、小さなお店を開ける物件がたくさんあるんだよね。だから、若いオーナーが店を持ちやすいんだ。ここ数年で、そういう店が増えたよ。

アパレルのバイヤー出身のオーナーが、2015年に始めたライフスタイルショップ。手作りのもの、フェアトレードのものやオーガニックなものなど、オーナーの眼鏡に適ったものを世界中からセレクトしている。

  • スポットA Beautiful Store(ア ビューティフル ストア)
  • MAP No.14 (地図ページへリンクします)
  • 住所太子道西194號3樓
  • 営業時間14:00〜20:00、土日12:00〜19:00 月〜水休

A 一生懸命な人が多いの。だから街も活気があるし、若い人たちもクリエイティブなことに積極的。国際都市で多種多様な人種の人々がいるのも面白くって、何かしらチャンスを掴める可能性がある街だと思う。
R 食べ物もおいしいしね。〈科記咖啡餐室〉や〈榮記粉麵〉のようなローカル店でソウルフードを食べれば元気になるよ。

こちらの看板メニュー「Pork Chop Rice Set」(HK$54)は、昼には売り切れてしまうこともあるため朝食で行くのがおすすめ。甘辛い味付けのポークチョップはご飯が進む味で、朝からおなかいっぱい。

  • スポット科記餐室 (フォーケイ ガーフェー チャンサッ)
  • MAP No.15 (地図ページへリンクします)
  • 住所上環荷李活道200號J-K舖
  • TEL2546-8947
  • 営業時間7:00〜16:30(土〜15:30) 日祝休 30席

レイモンドさんとアンバーさんのおすすめは、チキンウィングチップ。人気店でいつも長い列ができているので、さっとテイクアウトしていくのがベター。4種類の具材が選べてHK$46。

  • スポット榮記粉麵 (ウィン キー ヌードル)
  • MAP No.16 (地図ページへリンクします)
  • 住所銅鑼灣糖街27號A地下
  • TEL2808-2877
  • 営業時間11:30〜22:30 無休 30席

A どちらも人気店だから並んだり売り切れたりするのを覚悟して行ってね!(笑)
アートのことを知りたいなら〈合舍 Form Society〉へ。親切に色々教えてくれるはずですよ。

香港のアートイベントなどを仕切っているクリエイティブオフィスは、インフォメーションセンターになっている。海外のNPOアート団体ともコラボレーションしている。

  • スポット合舍 Form Society (フォームソサエティ)
  • MAP No.17 (地図ページへリンクします)
  • TEL9751-7157
  • 住所九龍深水大南街186號地下
  • 営業時間13:00〜19:00

香港口コミマップはこちら

掲載の情報は2019年1月時点の内容です。
※価格は店舗の立地により若干の変動があります。

Written by : Hanako

2018年で創刊30周年を迎えた〝シティライフスタイル・マガジン〟。都市生活を貪欲に楽しむ全国の働く女性が読者で、食・旅・街をメインテーマに、ファッションやビューティ、インテリアなども。ウェブサイト「Hanako.tokyo」や世界4都市展開の読者組織「ハナコラボ」と連携したイベント開催など、紙の雑誌だけに止まらないトータルメディアとして展開中。http://hanako.tokyo